ブリスマーク®ストア

安比高原ペンションサンテミリオンの通販。ママの付加価値のある、おすすめ商品です。

特選品

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ブリスマークストア®のおすすめ商品
ブリスマークストア®は、岩手県指定伝統工芸品認定の「南部箪笥」の製作技術を駆使して作りあげた「伝統の技」と「新時代の居住空間をお洒落に演出する」ダイニングセットをおすすめします!

イメージ 1
ブリスマークストア®は、職人技のきわだつ逸品ダイニングセットをおすすめいたします!
 
ダイニング火鉢セット1,300,000円(+税)タモ材 ウレタン塗装 幅1050 奥行1050 高さ690
(ダイニング火鉢テーブルのみ:860,000円(+税)/スピンチェア1脚:110,000円(+税)幅560 奥行560高さ870(SH400)
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
 
家族団らんとお仲間、ご友人との、体も心も暖まります「和みの時間」をダイニング火鉢セットでお過ごしください。
テーブル中央部に「炉」がございます。「火鉢として」「電熱器をセットして」「ガラスケースとして」アレンジできます。テーブルのセンター部分を、お洒落にディスプレーして、お好みにレイアウトされ、お楽しみください。テーブルには「引き出し」がついておりますので、お食事やティータイムなどの必要な備品や小物などの収納にご利用でき便利です。
 
イメージ 5
チェアーの背もたれの不思議・・最高です! こんなにも背中に優しいチェアーの職人技を感じられますのは不思議の極みです。座るたびに本来の木のぬくもりが、人のぬくもりであるかのように「自然の中に身をゆだねているようなそんなリラックスさ」があります。(「なっとく」の 商品管理部 大場)

伝統工芸品の伝統の技+一級技能士 の〈商品製作のこだわり〉をご紹介いたします
厳選した木材選び、木取り 
イメージ 6
使用する木材は、欅・桐・タモ・栓・楢・栃・栗など、岩手県産の優良原木材です。これらを職人の確かな目で厳選し、製作した後の狂いなどを少なくさせるために、数十年寝かせ、自然乾燥をさせます。その厳選された材料から、各部材を無駄のないよう、さらに木目の美しい仕上がりをイメージして「木取り」をしていきます。

伝統指物技術による加工、組立て 調整
イメージ 7
木を知り尽くした職人が、木取りした部材を木地加工・組立てを手作りで行っていきます。組立てには日本古来の伝統指物技術である「蟻組み継ぎ」「臍組み」「チギリ連結」「楔連結」等を随所に使い、一切の鉄釘を使わず作りあげていきます。
イメージ 8
職人の確かな目と技術により抽斗(ひきだし)を狂いなく本体に収めるよう鉋(カンナ)で何度も仕上げ、差込みます。この工程が職人による腕の見せ所です。
 
 指物(さしもの)という言葉があります。釘などの接合道具を使わずに、木と木を組み合わせて作られた家具・建具・調度品などの総称、また、その技法をいいます。「指す」とは、ホゾや継ぎ手によって「材を組む」ことをいい、また物指しを用いて細工することをも「指す」いうのだそうです。
 日本語による厳密な意味合いとしては、「日本の伝統工芸品の指物およびその技法のみ」を指物(さしもの)というのだそうです。おすすめします伝統工芸品の「南部箪笥」はすごいです!(「なっとく」の 商品管理部 大場)

自社生産の漆による塗装
イメージ 9
 
「漆を塗る」のは、美しい外観と耐久性を高めるためです。年月を重ねますとますます透明感が増し、木目の美しさが一層際立ってきます。塗りの種類には「摺り漆塗」、「石目漆塗」、「木地呂漆塗」、「津軽塗」などがあります。
岩手県九戸村は、北緯406分に位置し、山林原野71.1%、農地13.6%です。71.1%を占める山林は、生漆の生産地として日本一の品質と生産量を誇っています。
世界の中の「JAPAN」が「ウルシ」を意味するという、グローバルな観点の「浄法寺漆」は、ブリスマークストア® お勧めします商品を製作されております会社様の社有林で自ら生産し、採取し、塗装にご使用されております。そのことの素晴らしさに驚きです。
ですから、ブリスマークストア® は、お勧めするのです。国産漆の上質な仕上がりをご堪能いただき、「家族の一員として迎え入れてくださる居場所」をお考えいただけますことをおすすめいたします。 (「なっとく」の 商品管理部 大場)
 
金具は「鋳物と彫金」で造形する美術工芸です!
 
イメージ 10
 金具には、南部鉄器と同様の素材の「鋳物金具」、一枚の鉄板・銅板に仕上げられた「手打ち彫金金具(鉄板、銅板)」があります。モダン和風にアレンジを加えたシンプルな金具デザインがありますのは、南部箪笥の金具の特徴の一つといえます。
 
 彫金は「下絵」を描くことから始まり「彫り」と「打ち出し」が繰り返され職人の手打ち作業が丹念になされて仕上がります。


 金具は、特殊な工程による色合いの調整がなされ、コーティングを施すことによる品のある輝きを放ちます。摺り漆塗をした本体の色合いとの調和と高級感を醸し出す最も上質な仕上がりとなりますのはご覧いただいた通りといえます。

金具の仕上がりが「大胆かつ繊細で、見るものを惹きつけ」ますことは、造形する美術工芸の世界ともいえます。(「なっとく」の 商品管理部 大場)

■検品と焼印
イメージ 11
検査に合格し職人の魂が抽入された箪笥には、その証として南部箪笥のロゴの入った「焼印」を刻み込みます。(「なっとく」の 商品管理部 大場)

■吟味した素材を使った熟練の職人の作り込みは、素晴らしく、長い年月を経ても色あせるどころかますます本物ならではの味わい深い輝きを増します。「世界に誇れる日本の文化の一つ」といえるのです。
イメージ 12
 
「箪笥」がごく一般的に庶民の生活用品として使用されるようになったのは、江戸時代の中期くらいだと言われています。「嫁入り道具」として制作されたのが始まり。その箪笥を「時代箪笥」と呼び、日本各地で特色ある箪笥が作られるようになりました。
 幕末まで、岩手県九戸村はその南部藩のほぼ中心的な地域でありましたから、その歴史的背景から九戸村で作られた「時代箪笥」を「南部箪笥」と称し、主に木材、金具、漆の三つの部材のそれぞれの職人たちのこだわりで制作されました。
 
【階段箪笥 740,000円(+税)】欅材 摺り漆 塗南部鉄金具 幅1200 奥行450 高さ1200
イメージ 13
 階段の下の空間を有効利用する目的で、抽斗(ひきだし)や引き違い戸、開戸などを組み合われた形になった箪笥。江戸時代の初期に、狭い町屋や土蔵などで「箱階段」と呼ばれ箪笥に先駆けて使われていたようです。「先人達の知恵がしのばれる」デザイン性に無駄のない、頑丈な木組みでありながら、天然素材のぬくもりを感じさせてくれる日本人らしい家具です。(「なっとく」の 商品管理部 大場)
 
【水屋箪笥770,000円(+税) 】タモ材 摺り漆塗 南部鉄金具 幅1220 奥行460 高さ1200
イメージ 14
 「水屋」は本来茶室の隅にある茶器などを洗ったり、置いたりする場所のことでしたが、いつしか「台所」を指す言葉になり、食器などを入れる戸棚のことを「水屋」または「水屋箪笥」と呼ぶようになりました。ですから、「現代の食器棚」ということになるようです。冷蔵庫が普及していなかった当時、もちろん食べ物も入れていましたから、風通しのよい、ハエなどが入らないようにするために、金網を張ったり、簀子(すのこ)にしたものが多く制作されました。形は抽斗(ひきだし)や引き違い戸を組み合わせ、上下を重ね合わせたものが主流のようです。
 ブリスマークストア®は、おすすめします【水屋箪笥】は、タモ総無垢(抽斗内部は総桐)で作られています。リビングにサイドボードとしてお使いになられますならお洒落かとおすすめいたします。(「なっとく」の 商品管理部 大場)
 
津軽塗箪笥 750,000円(+税)欅材摺り漆塗、津軽塗手打彫金金具(鉄)幅620 奥行40 高さ800
イメージ 15
 
 岩手県指定伝統工芸品の「南部箪笥」と経済産業大臣指定伝統的工芸品の「津軽塗」のコラボレーションにより開発されましたおすすめオリジナル商品です(津軽塗伝統工芸士 黒瀧茂美氏)。

 展示されました数々の素晴らしい伝統工芸品の中にあって、ひときわ目を奪われます商品です。日本の伝統を重んじていながら英国文化に相通じるような気品と雰囲気いっぱいにお部屋を演出してくれる素晴らしい商品です。
手許箪笥としてご自分だけの独り占めできる箪笥としまして、また人目につく玄関先やリビングなど目立つ場所に置かれましたり、飾り箪笥としてお使いなられますようおすすめいたします。

 
ブリスマークストア®は、おすすめします。
木取り職人・伝統工芸の匠の技&一級技能士の洗練された職人技・漆掻き職人&漆塗りのスペシャリスト・彫金師が一体となって制作完成されました芸術品といえます素晴らしい商品は、「伝統を受け継ぐ職人の気風と格調高い気品」あふれております。

お問い合わせ・お申込み 0195-73-5244 ブリスマークストア® 商品管理部 大場まで

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事