全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

岩木山の報告
2006/10/7 岩木山8合目12:05→岩木山山頂12:50→8合目13:40

雨、風、雨、風、雨、雨、強風、豪雨

こんな感じでしょうか。

8合目、駐車場に何台かすでに止まっており、レストハウスにも人の姿が見える。モチロン、リフトは運行休止。観光客らしき人たちは、あわただしく車に乗り込み、下りていく。

登山者が、何組か出発している。ガッツがあるというか、無謀というか、よくこの強風と雨の中を出かけるなという声が聞こえてきそうな中、我々もいつの間にか雨具上下を着ていた。

まあ、無理はせず(出かけること自体が無理じゃないの、とは言わないでね)少しだけ、強風で雨の中の山行体験を味わってみようと、山頂をめざすこととした。(今年は雨の山行が多いぞ、男体山も、八ヶ岳もずっと雨だった。)

食堂・休憩所の脇を登り始める。雨は降っているが、樹林帯のため、風はさほどではない。9合目まで登ると岩場が多くなってくる。風も少し強くなってくる。特に危険な場所はない。

岩木山頂上に着くが、風が強く、写真を撮り、すぐに下山することにする。8合目からの道は、紅葉はほとんど見られなかった。
登山道にも雨水が流れ、登山靴の中は洪水状態で、グチョグチョ。水溜りも気にせず、ジャブジャブと歩く居直り状態だった。

結局写真はほとんど撮れず。欲求不満状態。明日の八甲田に期待することとしよう。
8合目休憩所にて、雨具を脱ぎ、ほっと一息。

宿泊は、急きょ探した黒石温泉郷・板留温泉の丹羽旅館。温泉もよく、夕食も岩魚の塩焼き、岩魚の刺身に、アワビの踊り焼きなど山海の品々が美味しかった。天気予報をチェックするが、耳慣れた「オーアメ・コーズイ・ボーフー・ハロー」が、相変わらず繰り返されており、期待できそうもない。昼過ぎには多少収まるようであるが、太陽には会えそうもない。トホホ。
八甲田に続く。

写真1 岩場に必死に張り付く草葉も色づき始める
写真2 ということであっという間に山頂。
写真3,4,5,6 とにかく霧と雨と風で、絵になるのは、葉っぱくらい。
写真7 これは池塘ではなく歩道です。水浸し状態をジャブジャブと歩きます。 
写真8 結局、たいした写真もなくスミマセン。八甲田にご期待を。(イヤ、そんなに期待しないで)

閉じる コメント(5)

顔アイコン

大変なお天気でしたね。でも岩魚のお料理はおいしそうです。

2006/10/9(月) 午後 3:33 kuruminoki109 返信する

豪雨の中大変でしたね。私も岩木山には何回も登っていますが、こんな大雨の景色は初めてです。貴重な写真ありがとうございます。

2006/10/9(月) 午後 4:01 bei*ing*u*e 返信する

よろしかったら、晴れている岩木山をご覧ください。岩木山シリーズ1〜15。 http://blogs.yahoo.co.jp/beijingtune/11675064.html

2006/10/9(月) 午後 4:03 bei*ing*u*e 返信する

顔アイコン

くるみのきさん、雨の山行で冷え切った体を温泉が温めてくれ、心のこもったお料理が身も心も芯から暖めてくれました。

2006/10/9(月) 午後 9:24 いわし 返信する

顔アイコン

迎春さん、今度岩木山を晴天のときに登ったたら、初めての岩木山の様な感動を得られるのではないかと楽しみに又来ます。

2006/10/9(月) 午後 9:26 いわし 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事