野菜ソムリエコミュニティいわて

日本野菜ソムリエ協会公認、岩手の野菜ソムリエ有志の会です。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 県央地区産地見学が7/7(土)「リンゴ&イチゴの魅力発見ツアー」が雨の中行われました。
初めは滝沢市のうわのリンゴ園です。あいにくの雨でリンゴ畑を散策することは出来ませんでしたが上野カナエさんからたくさんのお話を聞かせて頂きました。この地区では昔からリンゴが盛んだったが農協出荷がメインでその他規格外はそのまま捨てていた。まだ産直というものが無く自ら販売しようという意識がそもそも無かった。そんなおり岩手国体(昭和45年)を迎え滝沢市でも県道国道の工事が行われた。そんなおり道端にザルを置いてリンゴを並べて販売してみたそうです。大変好評で工事にきていた人たちがこぞって購入、まさしく直売の始まりです。そして味噌加工所の開設、観光農園等チャレンジ精神満載のお話でした。リンゴ栽培は代替わりしてますが、先日も地元の中学生がジャム作りの体験学習に来られたとのことで講師として活動されているようです。
イメージ 1













 
そして次は雫石町の田原農園です。今話題の夏イチゴを栽培しております。こちらはハウス栽培なので雨でもゆっくり見学出来ました。ハウスでの高設ベット栽培でノウハウは岩手大学方式を採用しているようです。どうしても熱い時期になりますと国産イチゴが不足してきます。そこで岩手の気候を利用した夏どりイチゴの挑戦しているようです。現在では、盛岡市を中心に様々な洋菓子店から引き合いが来ているようです。夏秋どりイチゴはまだ生産量、流通量が少なく料理店や販売店舗が限られているようです。「都会に出荷するのではなく、美味しいイチゴを是非岩手に食べに来て欲しい」と語ってました。雨の一日でしたが大変貴重な見学ツアーでした。
イメージ 2イメージ 3イメージ 4









































 
昼食は滝沢旧ワカレの豆腐茶屋さんです。これも美味しかった(豆腐餃子定食頂きました)
イメージ 5イメージ 6



























 
(文・写真 野菜ソムリエ上級プロ:高橋義明)
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事