野菜ソムリエコミュニティいわて

日本野菜ソムリエ協会公認、岩手の野菜ソムリエ有志の会です。
319日(日)札幌市に東急エクセルホテルにて野菜ソムリエアワード東北・北海道予選が行われました。岩手からは私が発表をさせていただきました。
イメージ 2









 
発表内容をご報告させて頂きます。
活動テーマは「楽しい野菜ソムリエ活動」です。楽しくなければ続かないし参加者も集まらない、無理しないけど、ほどほどがんばる活動です。
  1. 「野菜の日」県南の野菜の日のイベント「JAさん」と「行政」とのイベント「ビールフェスティバル」への参加
  2. 久慈地区の野菜ソムリエ料理教室、産直とのコラボイベントで約6年の歴史があります。年3回〜4回テーマを決めて地元の野菜を使って、地元の方々を対象に実施
    3)県央地区は岩手の冬の代表的な野菜「ほうれん草」を味わう「寒締めほうれん草フェスティバル」
    寒締め栽培は、岩手にある東北農研で開発された栽培技術であり冬国で品質の良い野菜を育てるために今から30年弱前開発に取り組み確立されました。そんな岩手発祥の栽培技術を生活者に知って頂くイベント
  1. 3地区合同でのイベントがあります。「野菜ソムリエ」に学ぶと題して勉強会を実施しております。山形の代表「鐙谷貴子さん」の料理教室takako`sキッチンin盛岡と福島副代表「荻野智代さん」のお野菜縁日手拭作り講座
  2. 熊本復興支援ですが、がんばっている熊本農家の「トマト」のPRをお願いされ「野菜の日イベント」に使わせていただきました。
  3. 台風10号への対応:「炊き出し」を行いました。県内の会員から米、野菜が送られ、それを調理して350食分を9月7日と9月10日の2日にわけて被災されている方々にお配りし喜んでいただきました。
    7)岩手の野菜ソムリエで新聞にコラムを連載しております。「菜食健美」というタイトルで、今年で3年となりました。
    一週間に1回で今年で約130回となりました、取りまとめ役の会員は、穴が開かないか、写真は旨く取れているか等、題材はかぶっていないか等それはそれは大変だったこと、そして特筆出来るのは会員の写真撮影のレベルが格段に上がっていること
    そしてこの春、纏め本を作成いたします。
     
    日々勉強しながら楽しく、地域に貢献できる野菜ソムリエコミュニティとして奮闘しております。
     
    以上の内容で報告させていただきました。
    審査員には
    太田 明子氏 (太田明子ビジネス工房 代表)
    立石 和弘氏 (ホクレン農業協同組合連合会 総務部 広報総合課 課長)
    久田 徳二氏 (北海道新聞社 編集委員 / 北海道大学 客員教授)
    です。
イメージ 1












予選結果は、1位:青森 2位:宮城で残念ながら予選通過は出来ませんでしたが、また来期楽しい野菜ソムリエ活動でがんばっていきます。応援くださった皆様、ありがとうございました。
イメージ 3















(文:野菜ソムリエ上級プロ 高橋義明 写真:日本野菜ソムリエ協会仙台支社)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

128日にイオンモール盛岡南店にて「寒締めほうれん草festival2017」が行われました。このイベントは岩手県の冬の代表的農産物『寒締めほうれん草』の県内NO1を決めるイベントです。

県内7農家、久慈 普代 田野畑 八幡平(2先) 遠野一関の寒締めほうれん草の食べ比べをイオンにお買い物に来られた消費者を対象に行いました。
10
時から15時までの間に132名程の方々が参加してくださいました。

イメージ 1











寒締めほうれん草を1分間茹でしたものを食べ比べて頂きました。


ほうれん草のおひたしには、お醤油や鰹節などをかけて食べる方が多いと思いますが、今回はほうれん草の味を感じていただきたく、なにもつけずに試食していただきました。


「ほうれん草の味なんてそう変わらないでしょう?」と言っておられた方々もその味の違いに驚かれていました。


7品を何度も食べ比べて頂いた方もいて、皆様真剣に寒締めほうれん草のNO.1を選んで頂きました。
イメージ 3










イメージ 4











寒締めほ うれん草は普通のほうれん草と形と違い、岩手の厳しい寒さに耐え育っているので、クッションのようにふんわりと横に広がり、葉は厚みがあります。地を這うように育っていくので、試食した方の中に「土のにおいがする」という方もいました。生で食べると甘さがもっと感じられます。

試食の横で寒締めほうれん草の販売も行いました。自分の舌で確かめた寒締めほうれん草。多くの方にお気に入りを購入していただき、ほぼ完売することが出来ました。ありがとうございました。
イメージ 5










イメージ 6










 
昼ころから、寒締めほうれん草て作ったナムルの試食をしました。寒締めほうれん草で作ったナムルはとても好評で、寒締めほうれん草購入の方にレシピを配布いたしました。



それでは、128日この日、一番美味しかったほうれん草を発表いたします。どれもとてもおいしく、僅差でした。
 
 


一番美味しかったのは、普代村 中村駿人さんの寒締めほうれん草で品種は冬霧でした。


ぜひ、みなさんもお気に入りの寒締めほうれん草見つけてみてはいかがですか?
岩手で生まれた『寒締め栽培』のほうれん草はまだまだ誤解も多く、また知らない方もいると思います。

これからもコミュニティいわてでは広く全国に岩手の寒締めほうれん草の事を発信して行けたらと思っております。
イメージ 2




 







野菜ソムリエ   木村 悠美  川村 裕美

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

定期総会のお知らせ

会員のみなさまには、本日郵便で発送いたしました。
お手元に届きましたら、同封の返信はがきの返送をお願いします。
まだ、入会されていない方はこの機会にぜひ入会をお願いいたします。
お問い合わせ・お申込等は、iwate831@yahoo.co.jp まで。


早春の候、野菜ソムリエコミュニティいわて会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のことと
お喜び申し上げます。
さて、本年も通常総会を開催させて頂く運びとなりましたので下記のとおりご案内いたします。
当日は総会終了後、岩手大学の岡田益己先生をお迎えし、講演を頂く予定しております。
皆様お誘い合わせのうえ、ふるってご参加いただきますようお願いいたします。
                      野菜ソムリエコミュニティいわて 役員一同
 
■日 時  平成29年4月23日(日)1120分〜15時00分(終了予定)
 
■場 所  鶯宿温泉 長栄館

場所:〒020-0574 岩手県岩手郡雫石町鴬宿6−7

電話: 019-695-2121
 
Ⅰ.【平成29年度野菜ソムリエコミュニティいわて通常総会 1120〜1220 (110受付開始)
 
Ⅱ.【講演会 1340〜145
◇タイトル 〜「岩手の気候と風土を活かす野菜作り」
-岩手で開発された寒締め栽培や野菜で三陸復興に向けた取組等について-
 
◇講演者: 岡田 益己 氏
                岩手大学三陸復興推進機構・農学部 客員教授
                東京出身、農林水産省 農業技術研究所気象科を経て、農業技術研究機構東北農業研究センター
            そして2008年から岩手大学農学部、現在は、三陸復興・地域創生推進機構に所属
             地域の資源を活かした高品質・高付加価値の農作物栽培システムの実現を目指し、そのために、温
            度やCO2濃度が植物に及ぼす作用の解明や、植物の環境応答を計測・制御する技術を研究
 
 
◇進   行:野菜ソムリエ上級プロ 高橋義明(野菜ソムリエコミュニティいわて代表)
 
 
参加費:お一人様 3,000円 (昼食・温泉入浴つき)    ※つり銭のないようご準備ください。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久慈地区2月の学習会

今年度最後となる久慈地区の活動を219日(日)に開催しました。
会員の活動慰労も兼ね野菜からちょっと離れた勉強会を、いつもイベントでお世話になっている土風館のご厚意により場所を提供して頂き、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
イメージ 1
 









まず、地区会長の新毛さんより、今年度の活動の振り返りをし、来年度に向けて新三役と活動計画を承認・決定をしました。
イメージ 2 
 









紅茶の勉強会では、紅茶コーディネーターの木村さんが講師となり、紅茶の正しい入れ方、紅茶の種類、カップの使い方など、順を追って丁寧に教えて頂きました。
そして、ティーパックでも美味しく頂ける紅茶の入れ方も伝授してもらいました。
 
 イメージ 3
 









日本の紅茶の歴史は外国に比べるとまだ浅いとのこと。
紅茶にも旬があり、季節により味が違うと言うことに驚きました。デリケートで香りが飛びやすいそうです。
イメージ 4












 
茶葉を踊らせるジャンピング
 
会員の作った季節の果物を使ったスイーツと一緒に、紅茶を美味しく味わいました。
イメージ 5 






 





アロマの勉強会では、オリーブオイルソムリエでもあるアロマテラピーの布施さんが講師となり、香りを楽しみながら会員同士で行うマッサージを指導してもらいました。
イメージ 6 
 
 
 
 
 





肌と肌が触れあうことにより、脳が刺激され愛情ホルモン“オキシトシン”が分泌されるそうです。
“オキシトシン”には、幸せな気分になる脳・心が癒され、ストレスが緩和する他者への信頼の気持ちが増すなどの作用があるそうです。
会員も癒され、会話も弾んでいたようでした。
 
 
最後に、盛岡で開催されたイベントで1位をとった、普代村で生産している中村さんの“寒締めほうれん草”が登場。応援するため、会員で購入することを行いました。会員の中では、大人買いする人も・・・!!
中村さんの“寒締めほうれん草”はえぐみが無いため食べやすく、ほんのり甘みを感じる野菜ですした。1位をとるのも、なるほどと思いました。
 
参加された会員のみなさんは、五感で堪能して帰られました。
きっと、来年度の活動に繋がる一日となったことでしょう。
 
参加メンバー        9名

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事