岩手県青年国際交流機構のブログ

岩手IYEOの活動や情報をアップします!

全体表示

[ リスト ]

平成27年2月3日(火)
 岩手県立盛岡第二高等学校で
 自転車で世界を1周した坂本達さんの講演会
 「夢をつかめ!自分の夢を実現しよう」が開催されました。

イメージ 1実は坂本さん、
お父様の仕事の都合で転校した先の学校になじめず、学校へ行きたくないと思っていた時代があったんだそう。
そんな時に「学校はつまらないかもしれないけど、それが一生続くわけではない。世界には色々な人たちがいて、色々な考えがあるから」というお父さんからのコトバが
世界1周の夢の始まり】となったんだとか。
 
大学卒業後、会社員となり数年後、世界一周に旅立つ決意を固めた坂本さん。
それに対して会社は、「辞めなくていいから行って来い」とGoサインを。

イメージ 2

 いよいよここから、
 坂本さんの旅がスタートします。

 盛岡二高1年生200名の表情は
 真剣そのもの。  
 


旅を通して経験、出会い、自分との時間を重ねていく中で
坂本さんが気づかされた「モノの見方」

アフリカを訪れた際、一日二食の村で人々は、
「一日 二回も 食事ができる」と笑顔を見せていたそうです。
 
豊かな日本に暮らしているとなかなか感じることはできないかもしれない
この「ない」を「ある」と捉える見方

あって当たり前、出来て当たり前、そう思っていると、
ちょっとうまくいかなかったときに、
文句を言ったり、他責的になってしまうかもしれない。

一日三回 食事ができることが当たり前ではない、
ということを理解できていれば、
違った角度から見えるものがあるはず。

「ないところを見るのではなく、あるところを見よう」
「出来ないことから目をつけるのではなく、出来ることから入ろう」
「いやなこともGIFT」
 

また、旅をしていて、こんなこともあったようです。
 
地図には載っていない二つの道 AorB のいずれかが
今晩泊まる村に繋がっている。
しかし、選択できないまま、通行人を待つこと30分。
誰も来ないので諦めて、道Aを選択したところ、もう一方の道Bと繋がっていた(涙)
「悩んだ時間を返せーーーーー!!」
その経験から、人は考えすぎると動けなくなる生き物だと。「夢」も然り。
 

旅を通して、ずっと行きたかった場所をたどり着いたということもありました。
その時、得たものは、嬉しさや感動を超えて、、、、、
自分が叶えたい夢を達成したとき、親、会社の人、友人、これまで出会った人など、色々な人に対する感謝の気持ちが生まれた」んだとか。

二高生さんたちも、叶えたい「夢」を持ち、自分を変える経験をどんどんしていきたい!
そう思ったのではないでしょうか。
 
★質問コーナーでは、いかにも女子高らしい質問が…笑
 
 旅をしていて可愛いなと思った女性はいましたか? (一同きゃははは♡)

A 著書「やった」のP127に登場しているブータンの女性です()
  
  あっ、でも、見た目がズバ抜けて美しいとか、身なりが綺麗だったとか、そういうの
  じゃなくて、彼女がイキイキと教師を目指しているという夢を語ってくれて、ブレない
  夢を持った女性って魅力的だなと思いました。ハイ、メモメモ。


イメージ 3


講演会終了後は、ESSクラブにもお邪魔しました。(顧問は、岩手IYEO会員の中澤優子先生) 
「うんうん」とうなずきながら、坂本ワールドへ引き込まれていく。

イメージ 4イメージ 5


今回、念願の坂本達さんのお話を聞く機会をいただき、
これからたくさんのことに挑戦して、自分を変えてやるぞーーー!と
モチベーションがアップしました。
あっ、それと、私事ですが盛岡二高は私の母校!
後輩の皆さんとお話をさせていただき、
「こんな生き方をしたい!」という具体的な目標(夢)を語ってくれた学生さんも。
その素敵な夢がいつの日か叶いますように。

文責:岩手iyeo 阿部明子


 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事