ここから本文です
癒しの環境研究会
自己治癒力を高める療養環境を学祭的に研究しています

書庫第14回全国大会

記事検索
検索

全1ページ

[1]

11月19日・20日、栃木県壬生町獨協医科大学において、癒しの環境研究会栃木全国大会が開催され、盛況のうちに終了いたしました。
大会長、獨協学園理事長 寺野彰先生をはじめ、実際の運営を統括された研究会理事齋藤ゆみ先生をはじめとしたスタッフの皆さんのご尽力により、素晴らしい大会となり、大変感謝いたします。
        ■1日目の19日朝は、あいにくの雨でしたが、
         会場へ向かう、獨協医科大学の前の通りの
          イチョウ並木がとってもきれいでした。
イメージ 1
■獨協学園理事長寺野彰先生の開会宣言で始まりました。
イメージ 2
大会長の基調講演に続き、
獨協大学学長 犬井正先生が
「環境共生と癒しー里山の自然と癒し」をテーマに
特別講演をされました。
イメージ 23
癒しの環境研究会の理事
前島根大学学長 小林祥泰先生が座長をされました。イメージ 22
シンポジウムⅠでは、
21世紀後半から22世紀にかけての病院の姿について
シンポジストの方々が語られていました。
イメージ 3

イメージ 25
ランチオンセミナーも盛況でした。
イメージ 4
「医療現場にロボットの力を」では
実際のサポートスーツが披露されていました。
イメージ 5
午後は、癒しの環境研究会 理事長 睫先生の
理事長講演でスタートしました。
イメージ 6

イメージ 7
一般演題では、笑い療法士の方も発表をしていました。
イメージ 8
夜は、食堂で懇親会がありました。
高柳先生の乾杯でスタート。
イメージ 9
獨協学園の連「獨医連」が阿波踊りを披露してくださいました。
イメージ 10

イメージ 11
そして、参加者にも踊りを伝授。
イメージ 12
2日目の朝は霧がかかっていました。
外では、今日行うホースセラピーの馬がゆっくり歩いていました。
イメージ 13
2日目の講演は、国立国際医療研究センター名誉院長の
小堀鷗一郎先生の特別講演でスタートしました。
イメージ 14
外では、よりたかつひこ先生が準備してくれた
ホースセラピーが始まっています。
イメージ 15

イメージ 16
Carolyn S Melby先生の講演もありました。
イメージ 17
ホースセラピーのよりたかつひこ先生は、
東京大学の安富歩先生と掛け合いでのご講演をいただきました。
イメージ 18
次回全国大会を開催していただく、藤田保健衛生大学
医学部外科・緩和ケア学教授東口高志先生のご講演。
イメージ 19

イメージ 26
来年8月、東口先生が大会長で
愛知県豊明市の藤田保健衛生大学で開催を頂きます。
八神純子さんのコンサートもあるらしいです。
楽しみですね。
イメージ 27
そうして、
盛況のうちに、寺野先生の閉会宣言で閉会しました。
イメージ 20
寺野大会長と高柳理事長
イメージ 24
獨協医科大学病院の庭にはドクターヘリがいました。
イメージ 21
ご参加の皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

第14回癒しの環境研究会全国大会は、2016年11月19・20日、栃木県壬生町の獨協医科大学で開催されます。大会長は獨協学園理事長寺野彰先生です。
プログラムは現在検討中です。
皆様の興味を引く講演が目白押しですどうぞ、ご期待下さい。

そこで、いち早く会場周辺の観光地を取材してきました。
会場の獨協医科大学は、栃木県下都賀郡壬生町にあります。

下車駅は東武宇都宮線「おもちゃのまち」です。
「おもちゃのまち」というファンタスティックな駅名の由来は、おもちゃ工場が昔からたくさんあるからです。
ですから、まずの見所は、「壬生町おもちゃ博物館」と「おもちゃのまちバンダイミュージアム」です。

少し足を伸ばすと
栃木市:蔵の街をぶらぶら:約20km(約25分)
宇都宮:餃子の街で食べ比べ:約14km(約30分)・近くに二荒山神社
大谷観音・地下採石場:約17km(約30分)
足利:日本最古の学校 史跡 足利学校、鑁阿寺:45km(40分)   
   足利フラワーパーク:42km(45分)・時期は違いますが世界一の藤が有名
佐野:佐野アウトレット:約35km(約30分)
日光:ご存知世界遺産「日光東照宮」:約50km(約50分)
   足をのばせば、華厳の滝、中禅寺湖
足尾銅山:70km(約1時間10分)

などがあります。       
       それでは、おもちゃのまち周辺からスタート
  
壬生町おもちゃ博物館は、壬生町総合公園の中にあります。大人の入場料は600円、ファンタスティックな3階建ての建物の中に小さい子供が遊ぶところから、大人が楽しめる昔懐かしい”ブリキのおもちゃ”や”鉄道模型”などがいっぱい展示されています。仲間と一緒にワイワイと行くのが良さそうです。

         ■壬生町総合運動公園内にある   
    「壬生町おもちゃ博物館」
イメージ 1

イメージ 2
1階は子供の遊び場。
イメージ 3
2階に上がると、こんな展示の部屋が6部屋くらいあります。
昔懐かしい、ブリキのおもちゃ等がいっぱい。
イメージ 4

イメージ 5
女の子のものもありますよ。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
別館の鉄道ミュージアム
イメージ 10

イメージ 11

■おもちゃのまちバンダイミュージアムへ
バンダイミュージアムは、もう少し街中に入った工業団地の中にあり、入場料は
1000円です。ガラス張りの建物の1階がミュージアムになっています。
日本のおもちゃ、世界のおもちゃの展示室の他、エジソンミュージアムというのがあり、エジソンにまつわる発明品などが展示されています。
ここは子供が遊ぶというより、大人が楽しむところですね。。
イメージ 12

イメージ 13
大きなガンダムがお出迎え。
イメージ 14
JAPAN TOY
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18
               世界のおもちゃの部屋
イメージ 19

イメージ 20
エジソンミュージアム
イメージ 21

イメージ 22

■栃木市:会場から約20km・約25分
栃木市は蔵の街と呼ばれ、
蔵造りの商家がならぶ蔵の街大通り、日光例幣使街道、
うずま川沿いなどに古い町並みが残り、ぶらぶら散歩するには格好の街です。

■蔵の街大通りは栃木駅から続いています。
イメージ 23
蔵造りの商家は大通りの所々に残っています。
イメージ 24
第3駐車場に車を停めて、散策を開始します。
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27
路地裏にも味があります。
イメージ 28
なぜかショーウインドウの中にいる猫。
イメージ 29
蔵の街大通りの先にある「例幣使街道」は重要伝統建築物群保存地区。
イメージ 30
この味噌屋さんは廃業してしまったらしい。
イメージ 32

イメージ 33
見所の旧家「油伝味噌」。この辺で折り返します。
イメージ 31

イメージ 34
うずま川沿いに出て、駅方向に戻ります。
イメージ 35
途中、旧栃木市役所があります。
イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40
昔の廻船問屋さん。ここから観光船も出るみたいです。
イメージ 41
レトロな商店街。
イメージ 42

■宇都宮:会場から約15km・約30分
餃子の街、人気店がならぶ宮島町
一番人気の「まさし」は並んでいる。
イメージ 43
まさしはこの次にして、元祖「みんみん」で
焼き、揚げ、水餃子にライスを注文。
これだけ食べると、さすがに飽きて来ますね。
イメージ 44
すぐ近くの、下野の国一ノ宮「二荒山神社」に行ってみました。
イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47
                今回の紹介は、以上です。
     

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事