ここから本文です

書庫全体表示

国際ひかり年 日本国内天文企画
「いっせーの星(せい)! 星の光を集めよう」
      〜すばるチャレンジ〜
第二弾は 2015年5月16日(土)の夜です。
  金星木星の光を集めよう!』

 今年は国際ひかり年です。1915年の一般相対性理論、1815年のフレネルの波動説など数々の光に関する発見、発明などを記念しユネスコが制定しました。
 国際光年のテーマは、物理、工業、生命科学、芸術など多岐にわたりますが、「宇宙からの光」もテーマに含まれており国際天文連合も世界的なキャンペーンを展開しています。

 日本では、天文アマチュアや公開天文台が協力して、全国一斉観望会「いっせーの星(せい)! 星の光を集めよう」を2015年中に数回(月食、伝統的七夕、晴れの特異日など)に実施する予定です。
 テーマは「日本の集光力」。「日本中の望遠鏡や双眼鏡や肉眼で一斉に星を見上げたら、その集光力の合計はどれくらい?」というわけで、実施日に使用した機材の口径等をネットで報告していただき、日本中の「集光力」を合計します。もちろん、肉眼も両目で集光力2倍としてカウントします!

 第二弾は5月16日土曜日の夜です。当日は金星木星を観測していただき、ぜひ「肉眼で見た」「口径〇〇cmの望遠鏡で見た」「〇センチの双眼鏡で見た」「カメラレンズの場合は焦点距離と絞り値」等をネットで報告してください。

 第二弾こそ、五月晴れになることを期待して、
 めざせ!すばる望遠鏡(の集光力1,372,245倍)超え?!


参加方法金星と木星の観測に使った機材の口径等(肉眼の場合はその旨)を、メールで報告してください。(HP入力フォーム、、ツイッター等は準備中)
↓メールアドレスはこちら↓


主催:日本天文協議会「星の光を集めよう実行委員会」ワーキンググループ
   
問い合わせ先:iyl_japan@yahoo.co.jp(星の光を集めよう実行委員会)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事