愛媛の海 小旅行

愛媛の海で楽しんでいます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

・(10)豊後水道 - (4)明浜ー俵津

●俵津
  
  明浜町は法花津(ほけつ)山系の山脈を背に、宇和海の法花津湾に面した東西の細長い地域です。
 野福峠を下り切る辺りに柑橘とハマチと真珠で知られた俵津があります。
  俵津は交番と郵便局があるまあまあ大きい集落です。
 名前の由来は江戸時代宇和米の積出港で米俵から俵津(津=港)になったそうです。


「潮風とみかんと心ときめく町」明浜町のキャッチフレーズです

 ◎◎◎愛媛の釣り情報はこちらからどうぞ!リアルに釣果情報もわかります。
        愛媛の遊漁船   
        http://dayzi.com

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

・(10)豊後水道 - 明浜→・渡江・狩浜・大早津

  ●渡江地区
    この地区は漁業に従事する人が多く、魚類の養殖や真珠の養殖が盛んに行われています。
    漁港の中を覗いてみると2艘曳きの小型まき網船が多数留っていますが、これは明浜名物の
   チリメン漁の漁船かと思います。
    俵津からこのあたりまでは多くのチリメン屋さんがあり現在も活況を呈しているようです。

  ●狩浜地区
    この地区も渡江同様に漁業に従事する人が多いようですが、柑橘類の畑も山一面にあり
   県下でも優秀な柑橘栽培地として知られています。
    昔は狩浜は高山のように石灰業のような雇用産業がなかったことから「狩浜縞」といわれる
   織物の商品を自ら製造して九州・四国を行商して歩いていました。

  ◇お伊勢山
    狩浜の岬にはお伊勢山公園があります。
    佐田岬半島宇和海県立自然公園の一角でお伊勢山の名は明治四十二年まで神明社を祀っていた
   関係で呼ばれています。
    当時は恵比寿神社・綿津見神社もあり、県道の近くには住吉神社もあります。
     

  ●大早津地区
    高山の大早津地区では石灰石採掘場跡地を活用した「あけはまシーサイド・サンパーク」が
   あり、はま湯(塩湯)、明浜歴史民族資料館、大早海水浴等が整備されています。

  ●大早津海岸 碆ノ手鯨塚
    大早津の海岸にある碆ノ手鯨塚は、天保の飢饉の時、食料として村人の命を救った鯨に
   大名格の戒名「麟王院殿法界全果大居士」を与え建立したもので地元では「鯨様」とよび親
   しまれています。
    高山の金剛寺には、鯨様の過去帳、位牌、クリダシがあり戒名ともどもに全国でも珍しい
   と言われています。 写真参考
 

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

・(10)豊後水道 - 明浜ー田之浜・宮野浦・高山

●田之浜
  ここからは浜に沿った道になり、美しい海岸線が続きます。
  沖合いには佐田岬や戸島、嘉島、三浦半島などが見え風向明媚にはことかきませんが、1車線
 の狭い道と今にも崩れ落ちそうな断崖が覆いかぶさっている所などもあるのでご用心下さい。

●宮野浦・宮野串
  ここは田之浜と高山の真ん中あたりに位置し、江戸時代宇和島藩主のご通船の折、蒔きをもや
 し昼は煙で夜は炎をあげた場所です。
  この言い伝えで大正年間、宇和島へ皇太子がお旅行の時、青年団がここで歓迎の火を上げた
 そうです。

●高山地区
  「潮風とみかんと心ときめく町」、「素足の自然感じてみませんか」とするおだやかな明浜町の
  中心になるのがこの高山地区です。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

・(10)豊後水道 - 明浜-大崎灯台

●大崎鼻灯台
  ここは宇和海北部明浜町西岸に突き出た大崎鼻の先端です。
  この灯台は宇和海通行の船舶や宇和島港・八幡浜港に出入りする船舶の道しるべとして
 昭和25年4月3日初点灯しました。
  そして航行の障害となっている南西方向800メートル付近の岩礁「三双碆」を照らし出す
 照射灯を昭和41年3月1日設置しました。
  灯台と照射灯で安全航行の役割をはたしています。
  装置は自動化されて動作状況は管理事務所に常時通報されています。  
  江戸期において宇和海側に設けた5箇所の狼煙場の一つで参勤交代制度がはじまった江戸
 時代後期において領主が江戸に向かうとき狼煙を上げたと言い伝えられています。

                              社団法人 灯光会

●「三双碆」岩礁
   大崎鼻より600m沖合が三双碆で地元の方は三ツ石とも「栗八斗播きの顔」とも言う
  そうです。
  岩が三つ頭を出すこと、また広範囲な瀬になっていることからこのような名になっているよです。
  又、「三双碆」大岩礁は、アジ、イサキ、イカなどの好漁場になっているそうです。。


●大崎鼻公園
   大崎鼻灯台の周辺は公園として整備されていて、展望台や花壇などがあります。
  その北側に、史跡となっている狼煙台跡があります。
   公園内にはいくつかの歌碑も立てられています。
   ここも足摺宇和海国立公園の一角で、とりわけ夕日の沈む時刻の眺望は有名です。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事