ここから本文です
Bike&life
もうすぐお別れ

Mirror






はっはっは 





イメージ 1
換えたぜ〜 


 あんまり後ろ見えないぜ〜


だけどもカッコがイチバン ダイジだぜ〜



ミラーハ ノーマルサイキョー



雨の週末ですが...





まあしょうがないですねー

カレンダー見たら月曜は祭日って 知らなかった(汗)

世間は三連休だったんですね...

オリは日曜しか休みのない業界なので

じぇんじぇんカンケ―ないんで無問題なんですけどね


オリは変態なので雨でも走ろうと思えば走るんで

日曜雨でも構わないんですが

仕事が捗らないのでなるべく平日降るのはやめて欲しい(泣)

オマケに来週ずっと雨だし



カスタムでもするかーと

ちょいちょいポチったやつを付けて見たとデス





イメージ 1
ヘルメットマウントがボチボチヘタレてきたので

新しいマウントを密林さんでポチ

これだけ入って1300円 中華様様デス

アルミの奴が欲しいけど代引きできなくて買えなかった






イメージ 2
そしてマイクも本体差し込み部がグラついてキタので

同じく密林さんからポチ

これで1600円...なぜかマイクのが高いけど

でも中華様様な価格デス

これは今使ってるのと同じ奴なのでちゃんと音も拾う実績OK品





そして...










イメージ 3
やっとヤフオクで競り落とせた

コンフォートのシート

もう何回目のチャレンジか忘れてしまったぐらい

新品は高すぎて手が出ない

MTのパーツは頻繁に出モノがあるのでいつか巡ってくると思ってイタ

ようやくです




しかも リヤシートは不使用の新品やった

オリも使うことはないので 開けることもないけどね

でもビックリしたのが




イメージ 4
傷アリノークレームノーリターンって書いてあったのに

ほぼほぼ傷なんてないし(汗)

新品のようです 座面にシワみたいのが2、3本入ってるぐらい

こんなもん送られたら次から新品買うのバカバカしいバイ

ナイトロンのリヤサスの時もそうだったけど

ほぼほぼ新品が半値ちょいで買えるのって凄い

こんな状態でも傷があるってクレームつけるバカがいるというのが

信じられない 日本人ってどうなんやと思う今日この頃

部屋で飾るのかぐらい細かくて神経質な奴は確かに多い


バイクってほぼ全体が外気に晒される消耗品の塊

そんな消耗部品の中古を買うのに

画像見てポチしといて 傷があるって バカなのか?と


中古ですから 文句いうな


オリは大体こういう取引には全く期待していないので

逆に良いモノが巡って来た時の感動が大きい






イメージ 5
ご丁寧に説明書まで入ってた

日本人ってホントに几帳面だと思う

まあ こういう個人売買できる中古市場があればこそなのだろうけど


感心したバイ

良い出品者に感謝デス





というコトで ポチったブツを暇ヒマで付けていきます





イメージ 6
まずはマイク

先日dukeのリヤシートにGOPRO付けて

風音が入らぬようマイクをリヤシートの中に入れてみたら

これが結構ヨカッタ

マフラー音は勿論の事 ブレーキやらクラッチの摩擦音まで

綺麗に音を拾ってたので スゴク動画的に良くて

いつもの風よけスクリーンの影に潜ませて撮る雑音が気になってたんで

MTにもシートの中に仕込んでみました

吸気ダクトの入り口横ですが...どんな音出すんかな

KRみたいなゲロゲロって音だったらゲンナリだけど

4ストツインなので低音の効いた良い音であることを期待します

楽しみデス(笑)




イメージ 7
配線もタンクカバーの中を通して取付もバッチリ

DUKEもタンクのサイドカバーがあるので

配線は隠せると思う 今度DUKEもやろう

かなり楽しみデス





そしてシートを取り替えます






イメージ 8
ノーマルシートは座り心地もソフトで長時間乗っても

痛くなったり痒くなったりするようなことは一度も無かったのですが

とても表皮が柔らかくて 乗っててポジジョンが取りずらかった

不具合なポイントはそこだけなのですが

オリは 終日を通して乗り回す系なので

お尻のポジションがシックリこないと走りづらくてしょうがなかった






イメージ 9
とり換えて跨ってみたら

最初は乗り比べなのでとても固く感じるけど

dukeのコンフォートシートに近 いいい堅さデス

低反発材のお蔭で これでかなりトラクションの腰を感じとれると思う

意外に一番大事なカスタムにやったかもしれん

多分また走りが変わる

シートってそれぐらい大事なパーツです









イメージ 10
また渋くなったね












イメージ 11
良い感じデス







オレンジ郵便







ドュハハハハ〜



イメージ 1
お前をろう人形にしてやろうか〜〜〜


ハイ 今日も掴みはホーケー















イメージ 2
昨日 オレンジ教団より何か送ってきたとデス



なんじゃらホイ











イメージ 3
空けてみるとオレンジ教団 T女史からの指令

ふむふむ...

どうやら シュークリームが食べたいので

買って持って来いとのお達し...(汗)

往復の高速代まで考えたら高っかいシュークリームやし(泣)












イメージ 4
しかしスゴイ数字が並んでいる...(汗)

でも国産と同じなような感じです

1290系はフラッグシップモデルだから他メーカーのSSに比べたら

低価格ではある

BMWのR1250RS同等ぐらいでしょうか

1250GSなんて乗り出しで300近く逝きますし

今度出たS1000RRなんて余裕で300超えますし

あっちに比べたらじぇんじぇん安く感じるこの頃(麻痺)


690SMCRはやはり高いデスが 走るバイクで人気ですしね

でも外車でこの数字は買い得な...ような...気がする(呪いが...)


頭がまた麻痺してキタ

どうやらカタログに毒でもヌッてあるらしい








触るとキケン











イメージ 5
もう遅い(汗)

触ってしまった


どれどれ








イメージ 6
うおおおおおおおお












イメージ 7
ぎゃあああああああ












イメージ 8
保安部品外すのは反則やろ

1290やっぱし カッコが良すぎるバイ...












イメージ 9
そら楽しかろう



うむーう...




堪えろオレ






悪魔の呪いにまたもや揺さぶられそうになるオリ






イカンイカン(汗)



我に還りページをめくる












イメージ 10
おひょー

790duke〜


意外にかっちょええーやーん(笑)

やっぱスクリーン外したがカッコええんかなあ

こんな煙はゼッテーに出ねーけどな









イメージ 11
でもやっぱしバイクが小さいよね












イメージ 12
ってかモデルがデカすぎやし(汗)

ベタ足どころか余り過ぎやろ 2mぐらい身長あるやん

250にしか見えん





やっぱ外人てデカいのー


チ〇コだけじゃないのね デカいのは...(汗)




カナリ グラグラ揺さぶられましたが


もうオリは大丈夫(まだわからんぞ)




そんな日やったとデス


(MT)梅雨の合間に





※このブログにはMT-07しか出てきません

このブログを偏見でしか見ていない方 またYamahaが嫌いな方

色々と独自で経験した浅い主観で綴っているので

前述に当てハマる方々は読んでもらいたくないので

 どうか読まずに ここで御退室ください

m(__)mお願いします


ではでは...

※写真は右下+で全て大きくなります

【先週の土曜日の備忘録





日曜日 用事で走りにイケないのでサボって走りに行ってキタとデス

サボりの多い今日この頃(汗)

前日のブログでいかにもDukeで行くよう昔の写真で嘘ぶいた

ダマしてスンマセン

この日は バッチリ整備したMTで練習です



イメージ 1
AM6時

日の出が早くなくなってきた気がします

でも 美しい日本の原風景でした(田舎の良いところ)

今日も頼みますと手を合わせパワーを貰います

ふと


イメージ 2
綺麗な朝日を見て1年前を想い出した

MTを手に入れちょうど1年...時間が経つのは早いな

この1年 色んな経験を積んだのでホントあっという間だった

感慨深い




意味深な朝のスタートだったけど

この日は土曜日

農業、建設業や林業関係は普通に仕事している平日

その上 梅雨時の連日続いた雨により いつも通る快走悪路は(ダンプ街道)

危険な極悪路と化しているのは容易に想像できるので

集中力はいつも通りで逝きます



山手に入り走りだしから 予想通り 道路がカナリ汚れていて

肩や中央線付近は色んなものが浮いていた

走る上で路面に落ちてるものを視認することは言うまでもないことだけど

何より 山手を走る上で この時期一番危険で厄介なのが

対向車線を走る大型のダンプやトレーラー

この季節 山側より樹木の枝が走るダンプに干渉するほど項垂れてくるので

山側の車線を走る大型車はボディーに当たらぬようこれらを避けるために

対向車線へ ハミ出して走ってくることが多いうえ

引っ掛かかり折れた枝や葉が道路上に散乱していることもまた多い 更に

自分が走る車線においても真ん中は浮き砂が溜まり常に汚れている状況

確実にグリップを得られるのは車のタイヤが通る2本のラインだけが

バイク海苔にとっては生命線


まあ 普通はそんな道路ノロノロとしか走らないのだろうけど...

しかし ここを上手に走れるか走れないかが とても大事で

賢者は考えもしないようなコトも

バカだと必死に考え 答えを捻り出すとデス

突然目前にこういう滑る状況が出てくれば 当然パニックになりやすい

慌てずに対処できる良い練習状況だとオリは思うのです

絶対失敗は許されませんがね


オンロードバイクで気持ちよく走るには ゲンナリな状況だけど

ポジティブに考えれば

プレッシャーのかかる悪路でライントレース練習する良い環境だと

思えば とんでもなく楽しい状況へと変貌する


判りやすく極端に例えれば オフ車で林道走るのと一緒

砂利道では道路全体グリップを得られる状況はとても少ない

 タイヤを載せると簡単に転倒するような砂利や丸石が溜まっていたり

岩肌が露出したり道路に溝ができてたり 予測不能な色んな場面がある

ゆえにオフ車で走る際は色んな判断力や技術が試される

轍の上を上手に跨ぎ 避け

時には轍を利用し向きを変えるキッカケにしたり

使える轍 使えない轍 視認し即判断して バイクを運ぶ

ブレーキもフロントは強く使えないことが多くリアブレーキが

主体で ブレーキをかけるのもロックしない場所でピンポイントで使う

オフ車では最低限必要な絶対技術ですが

オンロードではこんなこと考えもしない人が多いと思うし

やろうと思っても簡単にできる事でもない

やはり色んなバイクに乗るという経験は必要で

半年だけですがオリもオフ車に乗った経験があるからこそ

こういう考えが頭を巡り応用しようと考える

バイク海苔の技術に終わりはありません

ドロヌマデスナ ハッハッハ




話が脱線しましたが

進入時パニックにならないようグリップの得られるラインを選び

確実にトレースして もし滑っても慌てずバイクをコントロールできる

場所に留めておくことのできる技術と集中力

道路や周辺状況の雰囲気を察知し いつでも対応できるよう

そういう気持ちで

オフ車乗り(リーンアウト)にチェンジ


こっからは狙ったラインを走るトレース技術と判断力の練習デス

しかしタイヤの空気を多めに入れたのが完全に裏目で

スゴク乗りにくかった(怖くないけど) 小刻みに跳ね滑りながらも

挙動が楽しく感じてニヤけながら走りました(最近変態)

自分的に確実にコントロールできて安全に走れていればOK

一番大事なのはスピードコントロール

ここさえ破綻しなければ 活路はどうにか見いだせる

ちゃんとルールだけは守れ走れたので

この日は終日を通してヒヤっとする場面さえ全くなかった

タノシーバイ



イメージ 3
そして いつもの麴智城へ

誰もいない 最高のロケーションでした

この日もどうぞ宜しくお願いします

合掌



イメージ 4
いつもの場所に停めて

タイヤをチェック...とても哀しかった(泣)

この日は 予想気温が32℃とのことだったのですが

いつもよりも少し多めに空気入れたらどうなるんか

試してみたかったのでしたが 大失敗に終わりました(汗)

タイヤサイドの摩耗の影響からか 走り始めから進入でグニニッと

小刻みにフロントが滑ったり 小さい凹凸で前後共トントン跳ねたり...

とにかくタイヤがパンパンで(汗)

空気入れた自分にイラっときて

逆切れ気味にバイクを振り回し...結果(汗)



イメージ 5
ヤラカした...ヘター

エアR2.35(いつもは2.2前後)

振り回せばどうなるかは大体判ってはいた

ここの所 色んな方向性を探るため 色々と実験している

技術にバリエーションが無い感覚派なオリは こんなアホな実験

足の決まった信頼のおけるMTでないと出来ないんで



イメージ 6
フロントも溶け気味だし...

F2.25(いつもは2.1前後)


パンパンなタイヤを滑らないようフロントを強めに押し付けて

リアのアクセルを多めに入れて振り回すように乗るとこうなる

ということを改めて認識(無駄な走り...)

ジマンニモナラン

やった自分にマジでムカついた

荒れたタイヤを見るたび汚い顔(表面)だなと

ミニサーキットでも走られたんですか?ここは公道ですよね? 的な

ちゃんと丁寧に走れなかった自分に言い聞かせ マジメに反省

荒れたタイヤは路面とタイヤの摩擦が過大に生じ熱を帯び

タイヤが解け表面が荒れる現象=ムダの極み コレハブタ

誰でも理解できるとデス

なーんもスゴくない タイヤを無駄に痛めただけデス

摩耗したタイヤを見ていて

もっときちんとグリップギリギリで使えたら

とても綺麗な顔のタイヤでいられるのに

そう恨めしくタイヤが語ってキタように思える


実際ヘタだと思う

タイヤ問題はハッキリと目に見えるので

簡単なコトのようだけど タイヤの使い方ってカナリ奥深い

オリの主観ですが

綺麗に使うことが出来たら最高に幸せな気持ちになれると思うんですよ

(究極の自己満です)



この日タイヤの傷ませた状況から 推測して対処法を考えるしかないので

いつもと同じペースでそしてこの日の状況で

もっとタイヤを綺麗に使う為の方法を必死に考えます

方向性は タイヤのエアは弄らず  サスと乗り手で打開する方向で

サスを柔らか目にして 一呼吸置いて動くようにして

シビアな挙動を抑えるような乗り方へ移行できれば...たぶん

そのためにはなるべく上下動の少ない動きで

タイヤに優しい乗り方をイメージして...

(ここからリアブレーキがメインぐらいの使い方でいこう)


難易度は高めですが...

でもデキないとは全然思わなかったし...

思いついたんでしょうがない(汗)

できるかどうかは後判断で

走りだし リズムが崩れるようならすぐ戻せばいい


足回りを考えたぶんだけ イジイジして

そして 改善した体の乗り方もイメージしつつ

この課題をこの日のメインとすることに決めた


そして 乗ってる最中に集中が途切れないよう

しばし休憩



イメージ 7
季節は変わるので 足回りは まあしょうがないねーと

やるコトやったんで ここから楽観的に

後はなるようにしかナランからー楽しんだもん勝ち〜



イメージ 9
独り妄想しながら ひとときを楽しみます

バイクのことしか考えない この時間がもうタマラン




イメージ 8
しばらくしてバイクが少しずつ集まってキて

以前何度かここで見たことのある赤いMT-07の方が声をかけてこられ

長く談義した この方 65歳のリターンライダーで

バイクで長距離はしないそうで 普段は平日ライダー

乗ってもバッテリー保護程度でくまモン市内からここまで

片道15km程度を往復するぐらいしかしないとの事

しかしこういう超優良安全運転な方でも事故には遭うらしく

買って14㎞で枯葉マークのヒットマン(年寄)に追突され

バイクを換える羽目に

ツキのないリターンバイク乗りはここにもいた(苦笑)

話を伺い 同じ痛い目に遭った経験者同士 生きてて良かったねと

しばし傷を舐めあったとデしたシニゾコナイダンギ

後からきたバイクの方も会話に参加され1時間ほど談義しました


そして 長い休憩も終わり


いつも通りのルーティーンで集中して 出発

いつも通りの慣れ親しんだ菊池〜上津江〜AP線を経由しましたが

道中 林業トレーラーに草刈り軽トラックなどの車両そして

道路には色んなモノが落ちてて ま〜道路が汚れていた

(杉の皮、折れた枝、葉、日陰にはケ、砂、泥、刈った草、湧き水 等々)

練習で走るには最高すぎるシュチュエーション

集中しすぎて一瞬でした


最近 ちょっと変態になってきたような...超楽しかった


ここまではお天気最高な予感だったのですが



イメージ 10
残念

というより こっちがいつもの阿蘇の風景なんですよね(苦笑)

これがいつもの阿蘇の景色ということで(汗)




イメージ 11
久々の展望所でしたが この時すでに9時も回っているのに

お天気が見えているかの如く 観光者が誰も来ない(苦笑)

生暖かく景観も良くないので 一気に大観峰を素通りして



イメージ 12
折り返し地点の産山で休憩とバイクのチェック

ここでも周辺工事に伴う建設車両や丸太を載せたトレーラーの

往来が凄く多くて 全く気が抜けない道路状況でしたが

 いつもは これ以上に集中してることが多く

最近はこういう悪路と判って走ってる方が

逆に力が抜けて バイクが良く動く傾向で

そんなに気は張っていないと思う





イメージ 13
その証拠に先程ブレーキング上下挙動少なくを課題にしたら

スグにできた(やればデキる)

それにここまで全く同じペースでやって来れました

フォークの沈みは御覧の通り(意外に乗れてる状況)

いつもより2.5cm程 沈みこみが少ない




イメージ 14
即足回りを弄って色んな事が試せる状況ってホントに素晴らしい

微調整して帰りがまた更に楽しみになります



イメージ 15
しかし

お山のアリはデカい(汗)

噛まれたら大変だ(汗) 不用意に腰かけてはイケないですね(泣)

アブねーとこでした

バイクの調整とチェックも済んだので



イメージ 16
恐いもん見たさで三愛へ

以外にバイク少なくて良かった



イメージ 17
涼しくて久々にゆっくりしようという気になり

ドーンと場所取ってるク〇タニカフェが相変わらずジャマくさいけど

ピザパンが久々に食べたくなり ク〇タニ裏のコンビ二へ

ここの焼きたてパンは美味しい

この状況でク〇タニ店内に客がいなかったことが

更にパンの美味しさを引き立てるコンジョーワルイ オリ




イメージ 18
バイクはコンぐらいが丁度いいデスね

ゆっくりできたイイ土曜の三愛でゴザった

そして昼からは仕事なので万全に帰路ります




イメージ 19
いつものスネークロードから阿蘇を眺め

合掌

そしてパワー充電




イメージ 20
ここでも1年前の想い出を回想

最高の一期一会やった




イメージ 21
最高の夏景色デした

そしてここを出てすぐ まさにこの写った道路で

新たな一期一会



イメージ 22
昨年逢った85歳のレジェンドビーマー爺ちゃんとすれ違った

思いっきり手を上げて 手を振り返して頂きました

多分バイクが違うので判ってないだろうな

な顔していた(笑)

でもお元気そうで何より

変わらず走り続けている人生の先輩の姿を見てつい熱くなった

すれ違っただけだけど これもバイク乗りの楽しみデスね

どうかお元気でデした




イメージ 23
大観峰はとても気持ちが良かった


そして 行きで通ってキタAP線を同じく下ります

行きと同じく道路が汚れている

一番の理由は住宅街から外れすぐの場所で杉の切り出し場ができてて

トレーラーが木材の搬出作業しているから



イメージ 24
見ての通り終日 日影な路肩はコケが生えている場所が多い

下から上がってくる場面 ここを3桁でバンクさせ通過するので

知らない人は恐らく振られてからしか気づかないと思う

峠はサーキットじゃないのでセオリーのラインどりは通用しない

日向と日陰の明暗で視覚的に道路の状況も把握しにくいので

オサーンライダーにはクリアシールドは必須

ゆえにどんな状況でも安全でグリップを得られる確率の高い

車のタイヤが通る2本のラインを常に走れる技術が必要とデス

良い場所に切り出し場が出来て逆に良かったカモしれないな

紫陽花にダマされそうですが危険が危ない場所です

その場その場でクセがあり

一日たりとも同じ場面はないと言っていい

そこが公道の一番楽しくて厳しいトコロ

でもこういう乗り手が試される状況が

オリは大好きです




イメージ 25
しかし紫陽花シーズンでした写真はヘタだけど花は綺麗

昨年もMTを手に入れ走りに来た時

ちょうど咲いていた




イメージ 26
昨年 買った時のMT

走っててとても綺麗だったからバイク停めて思わず撮ったんですよね

この時はAP線の道筋も知らなかった



イメージ 27
そして今年 結構外観は変わりましたが

道もシッカリと覚えました




イメージ 28
手に入れた当初はこのままずっとノーマルで乗っていこうと思ってたけど

スグ壁にぶち当たりイジイジすることに(苦笑)





イメージ 29
壁に当たれば やっぱりイジっちゃいます

魂が入って手放せないマシンになったことは言うまでもありませんが

更にカスタムは続きます

ついに吸排気にも手を入れる決断をしました

クソ煩い爆音機にだけはゼッテーしないことを誓います



しばし切り出し場に入るトレーラーに道を遮られたので

待つ間 紫陽花の写真撮っていたとデした

ここから一気に下って



イメージ 30
毎度の かみつえで休憩

暑かった(汗)バイクもじぇんじぇんいないし

この日はホントにバイクが少なかった

暑い場所でマッタリもできないので

マーキングして すぐ麴智城まで下り 休憩します



イメージ 31
当然ですが ここまでちゃんと無事戻ってこれました

感謝と合掌


そして

途中イメージし施した微調整と変えた乗り方がバッチリとハマり



イメージ 32
タイヤが良い状態に戻り

この日はウマく修正できたので良い日でした

今後もこういう風に異なる状況に合わせ乗ることができるよう

更に引き出しを増やせるように精進しないとイケませんね

ペースも全く落とすことなく走れました

甘リング3㎜でバンク角管理




イメージ 33
フロントもだいぶんマシになりました

甘リング 2㎜でバンク角管理

姿勢制御も無茶苦茶大事なんだなと

思いはしていても中々できないので

この日は良い勉強ができました 手に入った感覚はかなり大きい




イメージ 34
集中を解いたら汗が止まらなくなった

梅雨の合間のお天気らしく蒸し蒸しする




イメージ 36
体内から体温下げるために

アイスを一気食い




イメージ 35
エアコン効いてないよなと上見たら

ファンが付いていない(汗)暑い筈 これじゃエアコン循環しないバイ

暑いっ 外のが風があって涼しい感じデした



イメージ 37
いよいよ本格的に夏日になってきました

暑いけど ちょっとだけ散策





イメージ 39
ここへ来ると

色々と感慨深い風景が沢山あります

紫陽花の花はもう色が褪せていました

道路を挟んだ赤米の田んぼを見に行きます




イメージ 41
空へ向かう階段を登ると







イメージ 38
広がる赤米の田んぼ

ここでの時間はとてもゆっくりと流れていて

季節と共に移り変わってゆく




イメージ 40
稲はずいぶんと伸びていて

赤米の田んぼには小さなカエルやオタマジャクシがたくさんいた




そして明日は七夕

この日も ごく当たり前のことに思いをはせた







イメージ 42
皆さんにも幸せがたくさん届きますよう

平凡に生活できることが一番幸せ

ご健康を純粋に祈るばかりデス





イメージ 43
この日もバイクに乗ってこの風景を見に来れた

そして無事に帰りつき振り返ることができる喜び

最高の一日だったなと締めくくれたことはいうまでもありません

最高に幸せでした


平平凡凡が一番ヨカ

 

走行 297.8km

給油 15.04ℓ

燃費 19.8km/ℓ

マーキング 5回




無事にカエルー達成


行くぞー







雨続きでもう我慢できんやった

走りまーす(笑)



イメージ 1

久しぶりー(笑)

走れるだけで丸儲け

走れることが楽しくて楽しくてしょうがない

シンプルに楽しい

MOTO GPも楽しみだー

ワハハー

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事