ここから本文です
伊豆熱川(天目地区)風力発電連絡協議会
CEF風車事業による住民被害

書庫風車ブログ

すべて表示

イメージ 1

現在、風車による健康被害の訴えは減少したが、風車による被害がなくなったわけではない。
今も、被害を訴える住民が居て、彼らは精神安定剤や睡眠薬を服用して我慢しているとの報告があった。
当協議会の調査員が調査したり、メールで被害の報告が有ったものは、
騒音や異音、それにシャドーフリッカー、電磁波で気分が悪い等等で有った。
騒音については夜間、係の者が数カ所で測定したが、45㏈で有った。
シャドーフリッカーについては事業者に申し入れし、改善を要求した。
電磁波による被害については当会に情報が乏しく、それが風車由来のものか判断できない。従って情報の収集につとめる。


個体差があり、被害も様々であるが、風車による被害を受けたときは、メール等で報告してください。
mail:sir0557224555@yahoo.co.jp




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事