全体表示

[ リスト ]

先日、ある会合での話。
過剰な医療費の補助により、高齢者は家族と引き離され、病院で療養生活を余儀なくされている。
高齢者医療費を100パーセント負担にすれば、お年寄りはみんな自宅で介護してもらえる。
と言う話がありました。
極端な話ですが、一面心理を突いている部分もあると思います。
 
お年寄りはただでさえ手間がかかる事もあり、医療費負担がない事をいいことに入院させられているケースも多いのではないかと推察します。
お年寄りに優しい社会実現は、医療費の補助により年寄りに安心して入院してもらう事ではなく、自宅で家族に囲まれて過ごす事の方な気がします。
 
私もそう遠くなく後期高齢者になりますが、若い人に負担ばかり掛ける現在の医療制度は持たない事は分かっていますし、年寄りも相応の負担をすべしということには賛成です。
医療費の窓口負担は公平に30パーセントでいいと思います、但し、乳幼児や本当に困っている人に対する社会的な手当は必要だと思いますが。
 
ほおっておけば財政赤字がどんどん拡大していく現状を打破するためにも、発想の転換が絶対に必要です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事