あやめちゃんと、もときよ君(和泉元彌の子供達)

三歳と一歳の元彌ジュニア。泣いて笑って驚いて喧嘩して、我が家のHAPPYなエピソードを記録しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

猿ずきんちゃん

イメージ 1

いやぁー、昨日も子供達の稽古で帰宅したのは夜中1時過ぎ。一昨日は2時近かったです。26日が本番なのでもう、容赦なく稽古、稽古。昼間は宗家が外の仕事でいないので、戻り次第の稽古がこのところ多く、皆そろって夜更かしです。おかげで今も(AM11:00すぎ)まだ采明は寝ています。さすがに一歳の元聖は昨日から発熱。お姉ちゃん達の稽古時間の合間に元聖も稽古です。26日が無事に終わるまではこの時間の生活も仕方ないとはいえ、やはり健康的とはいえないので、ただただ、よく食べ、寝れる時にはいっぱい寝る。今日も明日も夜稽古なのでどうか体力回復できるよう、眠れ、眠れー。と思っています。オチビちゃんは熱が出てごきげん斜めで、お薬飲まされて眠くなるのに、夜更かしで、もう時間なんて訳わからん感じで今朝も早朝4時にガンガン元気に活動を始め、6時過ぎまで寝てくれませんでした。私もなんだか慣れないこの環境でヘロヘロになりながら采明の初舞台が無事に務まるようになんだかんだと考えては壁にぶちあたったりもしています。だけど一番がんばっている采明を毎日見ていると、自分の努力や奮闘など本当に小さなもので、これから本番の緊張やプレッシャー、色んなものを乗り越えて舞台に出て行かなければならない小さな娘の為に何をしてあげられるだろう。まだまだ未知の世界です。宗家と娘の絆はここにきてかなり深く強いものになっていて、舞台に関しての絶対の信頼関係がすでにあります。子供へ伝承してゆく事って本当に大変ですが、ふと最近は稽古中の素直な子供達のがんばっている姿に、宗家って今、最高に幸せな瞬間なんじゃないの?と思うこともしばしば。伝統芸能人の親子ってすごいなーと渦中にいながら客観的に関心させられています。ちょうど三ヶ月ほど前にTVの取材で稽古風景を撮影することがあり、采明が泣いて泣いていやがった出来事がありました。昔、まだ2歳になって間もない頃、きびしい稽古で泣いている姿を撮影されTVで放送されたことがありました。きっとはずかしかったんだろうし、いやだったんでしょう。それがトラウマとなっているのか、「稽古は誰にも見られたくない、皆出て行ってほしい」と泣いて泣いて、お稽古出来ない時がありました。宗家も娘の気持ちは痛い程感じているのですが、「どんな時も稽古しない時は無いんだ」と涙ぐみながらも怖い形相で娘に大声で叱りつけていました。本当はがんばれ!がんばれ!と励まし応援したい時も、宗家として、師匠としては厳しい態度でいないといけない。どんなに泣き叫んでいても、ゆるぎない絶対の存在でいなければいけない。そんな時は宗家も娘も二人とも可愛そうになります。まあそんなことがあった稽古が終わったその後の二人のラブラブ度といったらどうでしょう。どんなに稽古でコテンパンに泣かされても、その後「だーい好きっ」と抱きついてくる采明の事がどんなにどんなにかわいいことか。あれっ?今日はこんな話を書くつもりではなかったのになァ。まあいいか。で、写真のかぶりものはお猿の面をつけるときに下につける「ずきん」です。稽古用に何枚か縫いました。どうも気に入ってくれたみたいで嬉しいんだけどお外でかぶっていると変な子みたいだからやめようね。「赤ずきんちゃん」じゃなくて「猿ずきんちゃん」だよ。と楽しそうに昨日もかぶったまま稽古から帰ってきました。

この記事に

開く コメント(23)

開く トラックバック(12)

宗家の瞳

イメージ 1

2月14日のバレンタインは長女の采明(あやめ・三歳)とチョコを手作り、夜のお稽古の時にご家族の皆さんに配りました。カードも手作り、みんなの顔のイラストを一人ずつ采明が描きました。本人はバレンタインなんてこと全くわかってないで、だだプレゼントを作っている行程が楽しい遊びでしかないのでしょうけれど、楽しかったみたいで「また今日もチョコ作ろうよ」としばらくは、おさそいがあると思います。我が家では子供達もおおいにお台所で色んな事をお手伝いしてもらっていて、返って時間がかかってしまうことも散らかしてしまうこともありますが、子供達のやる気をできるだけ受け入れ、みんなで楽しくお料理しています。娘と宗家が「これは采明が作ったよ」と嬉しそうに会話しているのを見ていると、外から帰って来て、お嫁さん(私ですが・・・)が作ったお料理を食べている時と娘と作った物を食べている時とではあきらかに笑顔が、瞳の輝きが違うので、私は冷静に「ああよかったなァ」と見物していたりもするのですが。前も宗家がテレビのインタビューか何かで「健康管理は奥様の手料理で?」とか聞かれていて「はい、そうですねェ」と普通に答えていたのを見ながら『いや、いや、娘の手料理なんだなー、これが』とつっこみをいれていました。今、今年のバレンタインカードは、宗家のデスク、パソコンの前に置かれています。昨夜、実に幸せそうにカードを眺めていた宗家の瞳がラブラブハートになっていたのをもちろん私は冷静に「ああよかったなァ」と見物していたのでありました。

この記事に

開く コメント(2)

宗家の地雷

イメージ 1

夜11時、雨が雪に変わり始めた頃、板橋の和泉宗家の稽古場に和泉元彌の謡が響き渡っていた。2月26日に長女の采明(あやめ)と姪の慶子(きょうこ)ちゃんが初舞台を踏む為、毎日の稽古も最近は深夜になる事もしばしば・・・。三歳の子供達ならとっくに眠っている時間。稽古がおおずめにきている為もあり元彌宗家が仕事で遅い時は帰宅後どんなに遅くなっても稽古がある。長男の元聖(もときよ一歳6ヶ月)も今年の元旦から稽古を始めていて、昨日は采明の稽古を約1時間、元聖の稽古を10分、その後姪の慶子ちゃんの稽古を付けている最中にその事件が勃発!した。采明も元聖も自分の稽古が終わり、和やかなムードで慶子ちゃんの稽古を見守っていたのだが元聖の手に車のおもちゃが・・・。「ぶーぶー」と言いながらこともあろうか稽古舞台に向かって進んで行ってしまった。後を追うはんなり嫁。楽しそうに元聖と車のおもちゃが稽古舞台に到着。「だめよ。」と嫁が元聖を抱き上げたその時だ「もときよぉおおおおー!!!」すごく大きな怒鳴り声で鬼のような形相になった宗家は元聖の手から車を奪い取り、床に投げつけた!!そして元聖をにらみつけ「舞台の上におもちゃを置くなぁーっつ!わかっつたかぁーっつ!」怖っつ!そりゃ怒られるのも当然のことだが・・・。床に粉々に大破した車のおもちゃを拾い集めながら「うえーん!うえーん!」泣いている息子をよしよししながら嫁は思っていた。[なにも投げつけて壊さなくったって・・・。]采明は素直に宗家に言った「おもちゃが壊れてかわいそうよ。痛いようって言ってるよ」稽古中の慶子ちゃんも半泣きである。そんなピリピリした稽古がようやく終わったのは夜中の1時をまわっていた。采明が言う「とと(宗家)、元聖のおもちゃ壊しちゃダメよ」稽古が終わったのでようやく笑顔でみんなと話ができる宗家は「壊れるとは思わなかったんだよ」と言っている。そこへ宗家の姉、三宅藤九郎がひとこと、「まっ、地雷みたいなもんだね」宗家の地雷、それはそれは恐ろしいのでどうかかわいい子供達がまた地雷を踏んずけないように祈るばかりのはんなり嫁であった。

この記事に

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事