児童文学と音楽の散歩道

♥ 子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれたネコパパ庵からお送りします

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

盟友bassclef君がひさびさにブログ「夢見るレコード」を更新した。
最近はクラシックも満更じゃないような彼らしい内容。
いささかにんまりしたネコパパである。
取り上げているのはギル・エヴァンス編曲指揮、マイルス・デイヴィス演奏の『スケッチ・オブ・スペイン』、あの「アランフェス協奏曲」で有名な盤だ。

イメージ 1

同じコンビの前作『マイルス・アヘッド』がお気に入りのbassclef君だが、さらにクラシック寄りのアルバム『スケッチ・オブ・スペイン』はいまひとつのようで…
 
>「アランフェス協奏曲」はクラシック原典の曲で、哀愁感たっぷりのメロディーが素晴らしいものだが…全編、ゆっくりなテンポのルバート風なので、ビート感がないというか、いわゆるノリノリの4ビート場面はちっとも出てこないわけで…4ビートジャズを好きな方が普通のジャズを期待して聴けば…やはり退屈なものになるかもしれない。
 
そんなbassclef君が、マイルスの『アランフェス』1961年、スタジオセッションの翌年にカーネギー・ホールで演奏されたライヴ録音を聴いて
「今、ステージで演奏している」ような生々しさを魅力的に感じた。
そして、その耳でアルバム『スケッチ・オブ・スペイン』を改めて聴いてみて、
「これがまたいいのである(笑)」という印象を持ったという。
あるある。
ライヴ盤は観客を前にした一回性の緊張感、臨場感があって、それは録音からもある程度、伝わってくる。
ライヴ盤には「音以外の何か」も確かに収録されていて、オーディオで聞いているものさえも、誘引してくる気がする。
でも、セッションで丁寧に作られたものにも、それにしかない価値がある。これも確か。演奏家の音楽はライヴでなけりゃわからない、と簡単に言えるものでは決してない。
 
>そして、「アランフェス」の終わった後に、WillO the Wisp という曲が続くのも悪くない。このWill O the Wisp なる曲・・・原典は、スペインの作曲家;ファリャのバレエ曲〜El Amor Brujo から、ギルとマイルスが選んだ1曲とのこと。ジャケット裏の解説にそう書いてある。
 
それは聞き捨てならないねえ。
『マイルス・アヘッド』に含まれた「THE MAIDS OF CADIZ」と「BLUES FOR PABRO」が、ドリーブの『カディスの娘』と、ファリャの『三角帽子』を基にした曲で、ネコパパが原曲探しをしてみた話は、以前このブログでも報告したけれど、
ううむ…こっちにもあったのか。
その「Will O the Wisp」、これはファリャのもうひとつの舞踏組曲
El Amor Brujo恋は魔術師(1915)
に含まれた旋律だ。手持ちのフリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団1963年録音のSACDで確かめてみた。

イメージ 2

 
1925年版組曲の
5曲「Dance of terror恐怖の踊り
10曲「Song of the will-o'-the-wisp狐火の歌
と、二曲に使われているメロディで、後者にはソプラノ独唱が伴う。ここで歌っているのはレオンティン・プライス
前者は中間部に速いテンポで、後者は遅くねっとりと奏でられている、スペイン色濃厚の妖艶で魅力的な主題である。
マイルスは、その第10曲よりもさらに遅めに、乾いた血のような音色で歌い上げているが、原曲の味はまったく変えていない。
それと、今回気付いたことだが、メロディの前の序奏部分で出てくる「タタタターラ」という五和音、これは聞き覚えがある。
ビゼーの『アルルの女』第一組曲のメヌエット(有名な第二組曲のメヌエットではない、速いほう)の中間部と同じ音形ではないか。ぐっと遅いけれど…
この点のクレジットはなさそうだが、やはり引用かもしれない。
ギルもマイルスも、既存の楽曲を自分の色に染める名人だからねえ…
 
このライナー盤は63年録音で、マイルス達は聞いていない。
すると参考盤はアンセルメ盤(1955年録音)か。一方、「アランフェス協奏曲」の方は参考レコード番号が記載されているみたい。
ML5345というのは米コロムビアの番号。
レナータ・タラーゴのギター、オドン・アロンソ指揮マドリード・フィルハーモニーの演奏。1954年録音のモノラル盤である。

イメージ 3

これは、その頃米コロムビアと提携していたオランダ・フィリップスの録音。
当事みんなが聞いていたこの曲の名盤、ナルシソ・イエペスアタウルフォ・アルヘンタ指揮のスペイン・コロムビア盤(1957年録音)ではないところが、渋い。

残念ながらこのタラーゴ盤は聴いたことがないけれど、この人、あのドリーブの『カディスの娘』の名唱を残したロス・アンヘレスの伴奏を長年勤めていて、日本にも何度も来ていたはずだ。
彼女の「アランフェス」を探し出してマイルスのを比較するのも一興かも。
相方のアロンソは、スペインを代表する指揮者の一人で、イエペスの二回目のグラモフォン盤(1967年録音)では、急逝したアルヘンタに代わって彼が伴奏指揮をしている。
 
マイルスの「アランフェス」を聴いたのは、ネコパパの大学時代、
sige君の(どっ散らかしの)下宿に転がり込んだ、ある日だったと思う。
音源はソニーのデッキが再生するオープンリール・テープ。
本棚に無造作に立てかけられたsige手作りの平面バッフル・スピーカーから再生される、茫洋とした荒野に響くフリューゲルホーン…
私はまだろくにジャズを聴いていないころだったけれど、
「ジャズって孤独な音楽なんだな」と感じた。そのときの感想が、聞き返す度によみがえってくる。
人間はこうやって、生きる孤独を生きる充実に変換させていくのだ…

bassclef君の記事には
「ノンビートで10数分間を耐えるのはけっこうシンドイ」
とのコメントも…音楽を聴くのは愉しいけれど「耐える」部分もあるんだなあ
ネコパパのようなクラシック聴きは、はた迷惑なことだが、80分、90分の長尺ものも平気で聴いてしまう。仲間うちの聴き会でもときどき話題になるが、クラシック好きはノンビートとは思っていないのだ。ヒドゥン・ビート?
ジャズや他のジャンルの音楽と、クラシック音楽愛好の分水嶺は、どうやらその辺にありそうだ。

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事