お遊び&more

スポーツ観戦(ラグビーが多いです。)やその他お遊びのブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今シーズン3度目の国立競技場。過去2回(早明戦、大学選手権準決勝)は、いずれも雨であったが、今日1月8日は快晴。
12時半ころ 神宮外苑の駐車場に車を入れ、国立競技場に向かう。
最初 前半の前半、早稲田は攻め込みながらも点が入らず、さすが関東学院であると心配をしたが、前半15分。ペナルティキックを得て、最近の早稲田には珍しく、ゴールを選択。五郎丸選手がペナルティゴール成功。24分に首藤選手の自陣からの独走。そして曽我部選手のドロップゴール(ウィルキンソンを彷彿。)。そして曽我部選手の、相手を飛び越え、数人がかりでのタックルを受けながらのトライ。後半も首藤選手の2本目のトライ。スクラムを何度も押した末、最後は、五郎丸選手にボールが回ってのトライ。フランカー松本選手のトライ(この日唯一のフォワードのトライ。)。また、五郎丸選手は全コンバージョンキックを成功。後半に関東学院にこぼれだまから出たボールを持っていかれて一つのトライをされたものの、終わってみれば、早稲田の圧勝。
41対5( http://www.wasedarugby.com/?page_sysnm=gamerugby_detail&id=1601 )。
5年前に 関東学院に負けたとき、「関東学院は強い」との感想を残したが、今日ははっきり言える。「早稲田は強い」と。
佐々木隆道主将。本当にいい男。

ノーサイド間際、リザーブから交代で出た高橋銀太郎選手のゴールキック。外れてしまったものの、キックを選らんで、おそらくはこれが現役最後の試合となる高橋選手にキックを任せた佐々木主将の優しさのようなものをも感じた。

試合終了後 東京ドームホテルで開かれた祝勝会に出席。写真は祝勝会で「荒ぶる」を歌うラグビー部員達。
早稲田ファンにとっては 最高の1日であった。

注目選手である池上選手。トライこそなかったが、ガンガンと突き刺さり、関東学院の有賀選手を倒す。また、首藤選手のトライは、自陣での畠山選手のターンオーバー、池上選手→今村選手→池上選手→首藤選手と繋げての結果。切れまくりの活躍であった。リコーに就職と聞いているが、社会人となってからも活躍して欲しい。

次は、日本選手権。清宮監督が主将のときには果たせなかった社会人チーム打倒。清宮主将の時代にはまだトップリーグはなかったが、私は妻と学生日本一となった早稲田と神戸製鋼の試合を見ている。学生と社会人の力の違いを見せ付けられた試合であった。当時からするとトップリーグもでき、更に力は開いているのかもしれないが、今年度の目標でもあるトップリーグ上位チームへの勝利。是非成し遂げて欲しい。素人の自分勝手な願いとしては、できるものなら永田主将以来の日本選手権優勝をして欲しい。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

東芝府中に勝った日本選手権。スタンドでみていました。 今年は対等に渡り合って欲しいですね。昨年のトヨタ戦。 飛び道具が早過ぎでしたから。今年は図太く。 削除

2006/1/9(月) 午後 11:20 [ 87年卒 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事