ここから本文です
京都の刀剣研師です.

書庫全体表示

入札鑑定会

イメージ 1
 昨日は京都支部会でした。

一号 太刀
 細身、小切っ先詰まり京反りで優しい姿。(切っ先に重ねが良く残り、大変整った切っ先です。) ぱっと見は「来」です。
元先の刃を除いてかなり沈んだ刃です。物打ち下付近は確認し辛いほど沈んでいます。 かなり小模様に乱れています。 考え過ぎて(と言っても数十秒でしょうが)備前に行ってしまいました。

 吉房と入札


二号 刀
 重ね厚く重く、中切っ先延び、少し反りが有る。横手上までの二筋樋。
広直刃調で下半逆丁子混じり。帽子は表丸く裏は崩れて島刃。 地刃ともに抜群の冴え。
慶長より少し下がった頃の新刀に見たくなる素晴らしい刀です。

 無銘”左”と入札。四号刀が見えました。よく本で見る異様な平身です。あの南紀だ。


三号 刀
 重ね大変厚くズッシリと重い。 互の目を元から先まで連ねる。それをそのまま地に写したような映り。

 吉井清則と入札。


四号 脇差
 平造り。フクラが枯れ先反りの強い姿。身幅の半分以上有る広い樋の中に下り龍と真の倶利伽羅を大変力強く彫る。
よく本で見る南紀だと思って手にしたのですが、地刃の状態から康継が出てきてしまい、「あれって康継やったっけ?!」と分からなくなってしまいました。 

 初代康継と入札。


五号 刀
 地刃ともに抜群の冴え。 
これだと法城寺や兼重や安定などと迷う事は有りません。

 長曽祢興里と入札。


 イヤ
 イヤ
 同然
 イヤ 
 当り


一号 ダメですかぁ・・。来国行と入札
二号 もしかして新刀?と思ってしまい、「時代違いイヤ」とは違う   のですね、と判者に確認。 
   来国次に入札。 そうかやっぱり来国次かぁっと満足する。
三号 清則で同然かぁ。やっぱり吉則にするんやったなと思う。
四号 そやね。第一印象が大体正しい。南紀重国に入札。

 
 同然
 イヤ
 同然
 当り
 当り

一号 二字国俊って事かぁと思う。
二号 国次に入れて大満足やったのに外してるやん!(^-^;もう長義しか無くなってしまいました。長義に入札

 同然
 通り
 同然
 当り
 当り


一号 来国俊 元亨元年十二月日(上杉家伝来 重要美術品)
二号 大磨り上げ無銘 青江  (特別重要刀剣)
三号 正則          (重要刀剣)
   応永三十以下切れ
四号 大和州住人九郎三郎重国居 駿河州後於紀伊州明光山作之
   元和八年戌八月吉日 羽掃 為都筑久太夫氏勝作之
  (棟銘)鑿物天下一池田権助義照(重要刀剣)
五号 住東叡山忍岡辺長曽祢興里作
   延宝二年六月吉祥日   (無冠 藤澤乙安コレクション)


 二字国俊と思いきや来国俊でした。茎は細く小さく、また銘も細く小さな銘で書き下し銘。美しい茎です。
 青江ですが、こんな凄い青江が有るのですねぇ。マイリマシタ。
三号の正則は雲州の道永(どうえい)です。道永が鑑定刀に出るんですねぇ。やはり吉井そのものです。
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事