ここから本文です
京都の刀剣研師です.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

入札鑑定

 
 久々に入札鑑定会に行って来ました。

一号 
 2尺3寸ほどで重ね尋常、元から先まで反り深く、大切っ先。
杢目板目が肌立ち気味で刃中も肌がよく見える。
広直刃で刃中は大変良く働くも匂い口非常に細くかなり沈む。
帽子先固く、深く返りまた硬く止まる。
表腰に素剣、裏護摩箸に梵字。

 ぱっと見てすぐに清光だと思い眠いのが気になりつつもほとんど見ずにそのように入れる。

二号
 2尺4寸ほど。 重ね尋常。反り浅く、元先の幅はかなり差があり小さめの切っ先。
よく詰んでチケイしきりに入る。
非常に冴えて明るく深い匂い口の湾れ刃。 帽子深く丸い。
地はめくれて黒い物が出た箇所がチラホラ。

姿から上総介兼重を思うもあまりに良い刃なので真改に入れる。

三号
 判者の「永正勝光」だとのひそひそ話しが聞こえてしまいその通り入札。
 2尺1.2寸で末の反り。棒樋に添え日をハバキ上で丸留め。
色々混じった互の目。
帽子も乱れ込む。

四号
 2尺1.2寸で少し腰が深く先にも反り。 細身で軽く小切っ先。
棒樋をハバキ上で丸留め。添え樋の跡が極僅かに伺える。
かなり柔らかそうな地鉄で鎬から刃に向かい柔らかい映りが降りてきた感じ。
刃も柔らかく、直刃で刃中足よく入る。
帽子かなり深く表裏大丸ぎみで裏は島刃になる。

 白けた鉄に直刃で刃より流れているので延寿か筑紫了戒、筑紫信国などを思いましたが帽子が深過ぎるので室町と見て延寿は完全に外し、筑紫能真と入れる。

五号
 1尺ほどの反りの有る短刀。
重ね尋常で庵棟。 重ねあまり薄くならずに先まで行き、化粧より上で急に細り切っ先へ。
差し裏の地肌がチリチリと黒い感じ。
三つ揃った互の目を細い直刃でつなぐ。表裏の刃がほぼ揃う。
帽子は深く先一文字で大雑把。

差し表の一番下の互の目が典型的千子だと思いました。
切れ目を入れた烏賊を開いた感じ(意味の分からない表現ですが)。
帽子が粗いので千子正重に。

 イヤイヤ当イヤ然

二札目
 一号を同田貫兵部、二号を興正、四号を忠光に。

 イヤ当当然然

一号の同田貫の札は大変良い見方で、ほぼ同じ時代で同田貫と同じ様に実戦向け数打ちを多数作った一派だとのヒントを頂きました。
ん〜・・・。いつもヒントを頂いたり、他の方のお話が耳に入ってしまうと余計見えなくなってしまいます(T-T)。修行が足りません。

 一号下原周重と入札。 
 
 イヤでした。


 一号 南都住藤原正真
 二号 長曽祢興正
 三号 永正勝光
 四号 明応法光
 五号 二代村正

普段の金房ならば最初の札か清光の次ぎにはしっかり入れられると思いますが、本日の金房はすこぶる良出来で全く思い浮かびませんでした。 数冊の刀剣書に所載の品だそうです。
良い刀でした。

 

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事