ここから本文です
京都の刀剣研師です.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

一号 太刀
 二尺三寸ほど。身幅重ね尋常。棒樋。
反り深く先も強く反り小切っ先。
板目流れ弱く映り在り。 焼刃小づみ、研ぎ減りから潤む。

小づむ刃から小反りを思うも今一歩踏み切れず、思い切って志賀関兼延に入札。

二号 刀
 二尺二〜三寸か。 
反り浅でスリアゲ無銘と見る。 鎬高め。
しっとりと潤い、杢目の目立つ鉄。
チケイ、地沸が細かく一面に付く。
中直刃調で、刃中大変よく沸え、刃肌がかなり目立ち丁子足が来国光の倍ほど入る。
棟にも沸付いた焼が在り。
帽子もよく沸え先火炎風。

迷ったが、則重のよく詰んだ手かと則重に入札。

三号 短刀
 重ね三分ほどか 厚い。内反り。
よく詰み精美な鉄に映り。
中直刃、帽子丸。二寸ほど深く返り固く止まる。

与三左衛門尉祐定に入札。

四号 刀
 二尺二〜三寸ほどか。
重ね厚めで先にも反り。
ハバキ上で角留めの棒樋に連れ樋
詰んで精美な鉄に映り有り。
裏刃寄り流れる。
中直刃締まる。下半逆足。横手下五分より幅広くなり帽子に入る。

彦兵衛尉祐定に入札。

五号 脇差
 重ね厚。濤乱風。庵急。
表梵字八文字、裏不動明王。

尾崎助隆に入札。


 イヤ
 イヤ
 当り
 同然
 当り

一号 やはりダメでした。
 師光に入札。

二号 こちらもダメ。
 やはり山城しかなく、なんだか不本意ながら来国光に入札・・・しようと書いていたら、「国入りやな(^^)」っとお隣りから思わぬヒントをくれた方がいました。 「えぇぇ!そうなんですか!(^^)」って事で、消去法で粟田口国清に入札。

 同然
 当り
 当り
 同然
 当り


 一号 太刀  長船吉次 永徳三年十一月日
 二号 刀無銘 粟田口(重刀)
 三号 短刀  備前国住長船与三左衛門尉祐定
        享禄四年二月吉日慶抃(けいべん)(重刀)
 四号 刀   備州長船勝光 永正七年八月
 五号 脇差  尾崎助隆 所持銘


二号の粟田口はほんとに凄い刀でした。 あんなに刃中が働くものなのですねぇ幾振りか見ましたが全然違います。 色々な作風がありますねぇ。 やはり良い物を沢山見ることが一番大切です。
 

 

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事