ここから本文です
京都の刀剣研師です.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
 この日は本部より講師に御出で頂いての勉強会でしたので、各時代、各国の典型作をもって基本を改めて学ぶ出題でした。


一号
 短刀 9寸ほどだったか。
置かれてある姿を見ただけでもかなり違和感の有る短刀。
刃線が直線的で刃方に踏ん張りが無いのが原因のようだ。
手に取って見るとやはり違和感が有るもかっこ悪く無い。イヤむしろ格好良く感じる。
焼幅も不自然さは無し。
表に二箇所ほど美しく無い鉄が出ている。

 来国光に入札。 

二号
 刀、定寸ほどか。反り強め。 尖り互の目がこづみ、三本杉がかる。 

 孫六兼元と入札。

三号
 短刀 直刃。 肥前と見える。

 整った焼で強めの地鉄、短刀で有る事から武蔵大掾忠廣と入札。

四号
 刀だったか・・平脇差だったか・・ちょっと記憶が混同してしまいました。

 長船盛光と入札。

五号
 短刀 柾目。焼出しに大きく尖り互の目を一つだけ焼き、後は完全な直刃。

 保昌貞興と入札。


  当り
  当り
  同然
  当り
  当り

一号 来国光
二号 兼元(二代)
三号 近江大掾忠廣
四号 長船盛光
五号 保昌貞興


 茎を開けて見て分かったのですが、一号の短刀は茎の刃方を磨って居ました。
それが原因で姿が変わっていたのですが、研いだ人は上手な人だと感じました。

近江大掾の短刀は時代から見ても非常に数少ない物なので、武蔵大掾の入札の方が素直だと言う解説でした。


この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事