ここから本文です
京都の刀剣研師です.

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

 
一号
 刀、二尺四寸ほどか。寛文体配。しかしやや反り深め。
鎬高く棟重ねは薄くなる。そのため小鎬先が上がる。
刃文は大変長い足の互の目で頭に多少出入り有り。匂い口深く明るい。
地詰む。 
おそらく重刀だろうと感じる。

 なんだか迷ってしまい分からなくなりました・・・。
違うのは分かっていながらも他が見つからず陸奥守忠吉に入札。

二号
 太刀、元から先まで均等に反る。身幅細め。あまり踏ん張りを感じないのでおそらく大磨り上げか茎尻に銘であろう。
直刃調で足や葉など盛んに入り、地斑映り立つ。

ぱっとみ備前で長光かと思うも雲次に。

三号
 細く小さく軽い脇差。棒樋。 全面に映り。
互の目を連ねる。先の方に肩落ち風有り。

刃もこづみ、全体の風情から小反りに見える。
秀光とかは入れたくない・・。政光にしては小さすぎる。
こんな真っ白い地の康光の小さい脇差をちょくちょく見るので康光と入札。

四号
 平脇差。一尺1〜2寸か。幅広重ね尋常三つ棟。反り有り。
慶長と見える。 互の目を湾れや直刃でつなぐ。

初代兼若の高平銘に確か平身が多かったので賀州高平と入札。

五号
 平身。反り有り。三つ棟。匂い口締まった直刃(僅か湾れる)。先二重刃。 返り一寸ほど。 ズボッとした姿。

新刀と見て刀工を思い浮かべるも行き着かず、刀を再見中に「新刀で時代違いになった」とヒントを頂いたので古刀で考え直す・・・。
ピッタリの刀工がどうしても出ず、長船忠光に入札。


 イヤ
 通り
 然
 イヤ
 イヤ

わぁ散々です・・。

一号
 やはり大阪でしょうと思い再見。
鎬地の肌が言之進に見えるが、どうしてもこの互の目の調子が頭の中で合致してくれません・・・。
鎬も高い事なのでやはりそれ系にと思い、陸奥守包保に入札。

二号
 何故簡単に備前に入れてしまったのでしょう・・と後悔。足の大半は逆足です。
古青江包次に入札。

四号
 普段よく見るそれよりもあまり立てた研ぎではなかったようです。刃文は全くいつもの通りなので、播磨守輝廣に入札。

五号
 考え疲れ、関兼道に入札。


 然
 然
 然
 当り
 イヤ


五号
 地沸がよく付いて良い地鉄なので合致するとは思えませんが、金房正真に入札。


 然
 然
 然
 当り
 然


一号 坂倉言之進源照包 越後守包貞同作之(重要刀剣)
二号 助次(重要刀剣)
三号 長船成家 永和年紀(小反り)
四号 播磨守輝廣(重要刀剣)
五号 包清(手掻)


一号は、初二代合作という意味ではなく、越後包貞から言之進への改名直後の銘であり、照包一人の作品です。 例のエピソードその時の刀です。
しかしこんな刃が有るのですねぇ。大変勉強になりました。(私が知らなかっただけだと思います)

五号は末手掻だったのですねぇ。全く思い浮かびませんでした。
番外として、手掻包俊の短刀を出して頂きました。
三つ棟内反り。姿の良い短刀です。
包清と同じく先が二重刃だと言う解説でした。
包俊はかなり格調高く見える物でした。(昨年の重刀で包俊短刀が合格していましたがおそらくはこれでしょう)

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事