レックの色々日記

国の利益の為なら、右も左も関係ない

全体表示

[ リスト ]


「はだしのゲン」作者 中沢啓治さん死去 6歳時、広島で被爆

 原爆投下後の広島を生きる少年を描いた「はだしのゲン」で知られる漫画家の中沢啓治(なかざわ・けいじ)さんが、肺がんのため19日午後2時10分に広島市内の病院で亡くなっていたことが25日、分かった。73歳だった。葬儀は近親者のみで行った。
 中沢さんは1945年8月6日、6歳の時に爆心地から約1・2キロ離れた国民学校に登校する途中で被爆。父、姉、弟を亡くし、母や兄と廃虚の広島を生き抜いた。その体験が、原爆の恐ろしさを伝える漫画の原点になった。
 手塚治虫さんの漫画に刺激を受け、63年に「少年画報」で漫画家としてデビュー。当初は娯楽漫画が中心だったが、66年の母の死をきっかけに、原爆の被害を漫画で訴えることを決意。68年に「漫画パンチ」に掲載された「黒い雨にうたれて」を皮切りに、原爆や戦争の悲惨さを告発する漫画を発表し続けた。







「はだしのゲン」と言えば、1972年から週刊少年ジャンプに連載され、私が利用する図書館に全巻ある。
私も全て読み、「戦争や原爆の悲惨さを伝える作品」としては、超一級であり、また外国語に翻訳され、多くの国の人々に読まれており、核兵器廃絶の力となっている点は大いに評価できる。



しかしながら、嘘を書いてある所や被爆者としては、天皇陛下を恨みたい点も理解できるが、やはり私的には許せないので、この点に絞って紹介します。









英語が苦手なえいと@ののんびりお気楽アメリカ日記 さんが私と同じような意見を書かれているので、ご訪問していただければ幸いです。




 


閉じる コメント(10)

顔アイコン

わたしも小学生のころによく読んでいて、3年ほど前に再読する機会があり、読みました。子供のころとは全く違う感情で読み進め、わたしも同じく、かなりの違和感と「それは違うだろ」という怒りを覚えました。怒りは、たぶん、子供のころに正しい知識を持つ機会を奪われたことに対してだろうなと思います。

2012/12/26(水) 午前 9:47 [ 泥子 ] 返信する

顔アイコン

私も初めて読んだ頃(ジャンプで多分最初の頃から読んでいると思います)は、何の疑問も抱きませんでしたが、今思えば、左翼プロバガンダマンガだったんですね。

2012/12/26(水) 午前 10:47 [ j1bkk ] 返信する

顔アイコン

今晩は…

主旨に賛同します…

私も昭和の小学生の頃に読んで衝撃的な印象を受けました…

けど、後半部になると…
どこか違和感を感じたのです…

それは何か?

上手く説明が未だに出来る確信は持てません…

その後、多数の被爆体験記を読み、実際に8月6日と9日に広島・長崎に訪問してみました…

何故、こうも見解が食い違い、世界は軍拡の道を進んでしまったのか?と…

字数超過…続く 削除

2012/12/26(水) 午後 11:30 [ 某現代日本人 ] 返信する

顔アイコン

続き

私は05年公開映画[男たちの大和]のIT感想差に刺激を受け自己近現代史観の再考察をヒマヒマに進めています…

故人を悪く云うつもりは有りませんが、戦後の占領統治の実態を知ると…
[情報統制され印象操作の影響]を受けている様に思います…
それは小学生だった故人は、仕方なかったのかも知れません…

この作品の根底に在るのは、物心の定まらない純真な少年の体験的観点での時代への批判と不満が、出口を求め彷徨し漂流している点でしょう…

故人は続完結編を望んでいましたが、世界情勢の変貌と矛盾に満ちた現状の中で、さい悩まれ完結断念…
下書きは平和資料館に贈与…
TVドキュメンタリー番組より

問題はご自身が後年、どれだけ左翼共産史観に潜む危険性と矛盾を自覚出来ていたか?と思います…

24日夜、以下の本に気に留める…

★世界が語る大東亜戦争と東京裁判

アジア・西欧諸国の指導者・識者たちの名言集

吉本貞昭 著ハート出版 削除

2012/12/26(水) 午後 11:40 [ 某現代日本人 ] 返信する

顔アイコン

当時子供のころは、はまったく思いませんが、はだしのゲンは左翼史観的ですね。
なにしろ、原爆を落としたアメリカへの批判より、日本はこれだけ悪い国で朝鮮人を奴隷扱いしたり中国やアジア諸国でもひどいことをした。と書き、一番酷いのは天皇陛下に対する記述ですね。

なぜあの本が漫画なのに、学校に置いてあるのでしょうか?
これも、日教組のたくらみでしょうか?

ただし、二度と戦争など起こしてはならないという気持ちになる本には違いありませんが。

2012/12/27(木) 午前 6:57 [ j1bkk ] 返信する

顔アイコン

おはようございます…
えぇ、そうですね…

むしろ、小学校の図書館には、故人も感銘を受けた?
手塚 治虫氏の作品群の中で
[火の鳥][ブッダ]が善いのかもしれません…
[火の鳥]は歴史の必然性と生命への憧憬と現実の厳しさなど…
[ブッダ]は人生の在り方と苦悩そして宗教観とは?などでしょう…

で、[はだしの〜]は余りにも個人史観の傾向が濃く、今後の時代変貌に対応出来ないと思います…
出来れば[黒い雨 井伏鱒二 著]の様な体験記へ…
それと、以前に読んだ方々が現実世界で作品の主張に矛盾を感じ入るか?が問題でしょう…

以下の本が長年の疑念に十分に応えてくれました…
★「日本人としてこれだけは知っておきたいこと」
PHP新書:中西輝政 著:現BOOK OF\350? 削除

2012/12/27(木) 午前 9:18 [ 某現代日本人 ] 返信する

顔アイコン

はだしのゲン とてもわかりやすく紹介されていて 紹介してくれてありがとうと言いたいですね。

2012/12/27(木) 午後 8:11 [ ファンタスティックearth援チアリ ] 返信する

恨むのは天皇ではなくアメリカです。
完全左翼思想の持ち主です。
これは、絶対に破棄すべき漫画だと思います。
許せません。

2012/12/28(金) 午前 3:35 サラ 返信する

顔アイコン

ファンタスティックearthさん
意味がわかりません。

2012/12/28(金) 午前 6:22 [ j1bkk ] 返信する

顔アイコン

SARAさん
「はだしのゲン」は平和教育の入門書として教材活用されているそうですね。
漫画とは言え、日本の悪口三昧はいかがなこかと。憎むべきは、原爆を投下したアメリカなのですが。。。

2012/12/28(金) 午前 6:27 [ j1bkk ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事