ここから本文です
J1ビザUSAインターンシップ百科
J1visa, DS2019, ビザ面接, 受入ホスト企業とJ1ビザ? !^

書庫全体表示

根本的な日米の認識差

来月4月から日本では新卒が一斉に就職先に入社するが、これは世界(アメリカ)には絶対に見られない現象ではある。(世界では9月が新学期が多いです)

当然、就職に対する認識も極端な違いが相互にある訳で、アメリカでは先ず経験者が最優先される。(最初の面接時に問われるのが『どんな経験?』と職歴が大切になる)

自ずと学生時代(高校・大学)では勉学と同時にさまざまな社会経験をすることが奨励され、学校・企業間でも盛んに相互間の交流がある。

日米のその賛否両論はあるが、これからアメリカでインターンシップ(J1ビザ)を心がけるものにとってはその認識は必須である。

特にインターンシップ中のそれらインターンは無給の場合が殆どでJ1のように有給で研修を受け付けている企業は稀である点も注意する事が大切ですね。

下記のリンク先がアメリカで最も人気のサイトです。必見の価値はあります。

http://www.careerrookie.com/#panel-1

これからインターンシップ受入先を確保されたい方は是非上記の点もカバーし、対処することをお勧めします。

J1visa vs employment ?

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事