ここから本文です
J1ビザUSAインターンシップ百科
J1visa, DS2019, ビザ面接, 受入ホスト企業とJ1ビザ? !^

書庫全体表示

自分勝手のスタンスで行動する方が目立って増えているようなので、気付いた点をコメント列記してみます。

1) 就労と研修(Internship)
アメリカ労働環境が前に比べ良好になり、一般求人が若干増加気味ですが、混同して闇雲に行動しないように、当然必要なビザも両者では異なる。

2) 経済的に不安
企業から提供されるCompensationをアメリカ滞在中の費用に頼る方もありますが、スポンサー団体も厳しくチェック審査されるので、十分余裕ある経済的な計画も必須です。
(当然、アメリカ大使館面接でもこの点は問われます)

3) 求職、求人の大いなる誤解
応募者だけでなく、一般会社担当者は十二分に理解、把握すべきことで、くれぐれも一般求人広告とJ1プログラムをごちゃ混ぜにしない。

4) 求職、研修の面接について
不用意なアプローチは両者間に混乱を来たすだけで、面接前の理解度は双方に確認すべき、ただ単に求人広告からのアプローチは双方に無駄な事態になる。

等など、古くて新たな摩擦もあるようですから、自身の立場、考え方、企業側の本意等々を第三者的に見つめなおす事も必須でしょう。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事