ここから本文です

書庫全体表示

今回はおもちゃ箱パック(pakToybox)計画についてもう一歩踏み込んだお話をします


イメージ 2

おもちゃ箱パック(pakToybox)とは
pak64上でデフォルメ車両が走る
まるでおもちゃ箱の中ような世界を
イメージした独自規格のパックセットです

今までも少しずつ気まぐれで専用アドオンを作り続けていましたが
今月から計画を本格始動させる事にしました(※制作ペースが上がるとは限らない)
それに伴い、今現在の情報整理するため一度このブログにまとめて書きました
今後さらなる詳細や追加・変更等があった場合このブログで書いていく予定です


質問はこのブログのコメント欄で受け付けます。
何かおもちゃ箱パック(pakToybox)に関する質問等ありましたら気軽にどうぞ
ただし いたずらや勧誘、宣伝等迷惑行為はお断りします


大まかな規格・設定(※ここに書いてある項目以外は未定)

設定 :各種設定は64をそのまま流用(※一部変更・nipponからの流用あり)
画法 :人工物は基本ベタ塗り
    曲面や自然関係等は必要に応じてノイズやグラデを使用
イメージ 1

←このパックのすべてのアドオンの基準となる人
 だいたい成人男性をイメージ
(ただしPCの負荷を減らすため歩行者アドオンは無し)

建物 :pak128規格になります。目安として建物1階=16ドット
貨物 :基本64をそのまま流用
    (※追加・カテゴリグループの変更あり。未定部分多し)

・車両は以下のイメージで製作
 (※一応大きさと中身はおもちゃ基準ではなく現実基準)
鉄道 :カププラ(※モノレール、市電もこの規格)
自動車:チョロQ
航空機:たまごひこーき
船舶 :(※一部チョロQで見かけるのでそこらへんをベースにする)
マグレブ:当パックではここを箱積みカテゴリとしてまとめる予定
 ※船舶・航空機はスケール統一のため種類によっては128サイズ以上もあり
 ※動力は現実と同じただしengine_type=electricの車両はすべてbatteryにします

【追記】
 鉄道の編成については
 基本プラレール・カププラと同じ
 3両(路面電車・モノレールは2両)編成ですが
 現実で運用されている編成数も設定してもかまいません

なお車両の規格はすべて外部に任せています
これから車両アドオンを作ってみたい人は
以下のリンクから専用アドオンをDLして付属のソースから作成してください

鉄道・自動車→ひとりさん 
船舶・航空機→未定

「デフォルメなうえスケール統一」と一見すると矛盾しているように見えますが
一応それぞれのアドオンに対する人のサイズを統一するという意味で…


説明は以上です。当パックは最終目標をパックセット完成とし、
まず最初は未定個所の制定とアドオンの充実に専念しようと思います
これからもアドオン工房とおもちゃ箱パック(pakToybox)をよろしくお願いします



略歴
2015年 1月   気まぐれで作ったカププラレールを公開 これがすべての始まり
    12月   ひとりさんが専用車両を公開されたことをきっかけに計画を始動
2016年10月 長い間仮称だったpakToyboxを正式名称に
        和名をおもちゃ箱パックに決定
        レール一式、市道完成
          11月 計画本格始動(ただし進行具合は気分による)
        仕様・規格等を整理する←今ここ



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事