9条で国が守れるか

9条で国が守れるのか?などとネトウヨたちが喚いている。こういう奴らというのは、9条の意味もその制定過程も何も知らないで、訳の解らないことを言っているだけで、言っていることは支離滅裂である。別に共産党は9条だけで国が守れるなどと言っていない。ただ、9条のおかげで自衛隊員たちが命を失わずに戦後70年以上やってこれたということだけは真実だ。今自衛隊員たちを危険に晒しているのは、9条に反して自衛隊を海外の紛争地域に派兵しているからだ。9条によってまさに守られてきたのだ。北朝鮮が攻めてきたらどうするんだと言って喚いている。北朝鮮のような国も困ったものだが、それを改憲の口実にする奴らも困ったものだ。北朝鮮のような国をどうこうするためには、対話以外に解決の道はない。何故なら戦争で解決しようとすれば、破滅的事態が待っているからだ。ミサイルが撃ち込まれれば、迎撃するすべはない。近すぎて迎撃できないからだ。アメリカへ宇宙空間を飛んで行くミサイルを迎撃すれば、それは即日本が攻撃されることを意味する。そんな単純なことも理解できないのが、このネトウヨという奴らだ。本当に馬鹿なのだろう。
戦後の歴史を振り返れば、まさに9条によって国が守られてきたことは明白である。ベトナム戦争の時も日本がベトナムから攻撃されることはなかった。日本の基地から北爆の米軍機が飛び立って行ったのだから、ベトナムから見れば日本はまさに敵国だった。だが、日本が攻撃されることはなかった。日本人はベトナム人に感謝すべきだろう。9条とともに、日本共産党とベトナム共産党の強い絆があってのことだろう。それがなければ、日本は攻撃されていただろう。日本人は、日本共産党にも感謝しなければならないだろう。戦争反対、アメリカはベトナムから手を引けと私も子供の頃デモ行進に動員された。そういう国の内外の声に押されてアメリカはベトナム侵略から撤退したのである。こういう歴史を知らない日本人が増えている。馬鹿の一つ覚えのように9条で国が守れるかと、喚いている。
9条は国際的にも先進的な条文である。9条を世界に広めようという運動もある。9条の精神で世界の国が手をつなげば、まさに平和の共同体が出来上がる。それは、まさに人類の理想であり、夢だ。キューバ革命のゲバラのように見果てぬ夢を見て何が悪いと、理想を実現させようとして何が悪いと、日本人ももっと理想を高々と掲げるべきだろう。我々が、夢のような理想を実現させようとしていると人々が言うなら、何度でも言おう、その通りだと。

ブログリンク

更新

国民が主人公の平和な社会を!遠野葵

TPP怒りの反応

小さな会合を開きTPPの学習会をしました。 みなさんも記事にしたように、自民党は選挙公約を投げ捨てて国民を裏切る行為をしました。 学習会の中では、...

軍事費削って!5秒に一人、飢餓で命を落とす子ら

新人議員は石川香織さんただ一人参加の「加藤浩次vs政治家」

★ と題して FNN が5日19時〜22時にわたって放映した、各党の若手政治家17人の政治討論番組を視聴した感想をお知らせします...


.


みんなの更新記事