全体表示

[ リスト ]

 2011年10月14日(金)   タイラバ&中深海
 
 興津沖
 
 
 今日は勝負! いつものテンヤタックルは自宅に封印し、「メタルジグとタイラバだけの釣り」です。 の、つもりでしたが、冷凍庫に4〜5ヶ月放置されているイカ(ムギイカサイズ)を処分してしまいたく、短冊に捌いて持ち込みました・・。
 
 午前6時半過ぎに出船。今日は気分で山下沖へ。根周りでイナダやカンパチでもとジギングに徹しますがノーバイト。持参したイカを処分するために沖へ移動。
 
 まずは水深300メートル付近で釣り開始。しかしアタリがまったく無くて回収した仕掛けのエサは残ったまま。「ポイント選択を誤ったか?」と、今度は興津川河口沖の水深250メートル付近に移動。何度かのエサ取りの後、”グググッー”と明確な手応え! 上がって来たのは、高級魚で名高いアカムツ!! しかしその後はアタリが遠く、ドンコが釣れただけ。このままボ〜っと時間を過ごしてしまうのももったいないと思い、タイラバに転向。
 
 興津沖から清水港沖にかけての水深40メートルから30メートル前後を潮任せ、風任せの流し釣り。のはずが、風は無風に近い状態で海面は油を流したかのようなベタベタの凪。しかも潮もまったくと言っていいほど動いてなく、最悪の条件。
 
 案の定、アタリはあるものの、コツコツと2〜3回ラバーを突っつくだけで、なかなかフッキングに至るようなアタリが出てくれない。ようやくフッキングに持ち込んだ!と喜んでみたものの釣れるのは外道のド定番、エソばっかり。でも何とかオオモンハタと大型のホウボウのお土産をゲット!
 
 雨が降る前に修理上がりのオーニングをフレームに張りたかったため早めに帰港、オーニングの取り付けをしました。今日は潮の動きが非常に悪く低活性のためマダイの顔は見れませんでしたが、裏本命のアカムツが出たので、ま〜良しとしましょうか?
 
 食通をも、うならせる高級魚のアカムツ。我家では嫁があぶりの刺身、息子が塩焼きで食べたいと意見が真っ二つ。実は私は少しこってりと味付けした煮付けで食べたいと思っている次第なのであります。・・・もう一晩ゆっくり考えてから、この希少なアカムツを美味しくいただくことにします!
 
 
 ◎釣果   アカムツ(0.6キロ)   1匹
         ホウボウ、オオモンハタ、エソ、ドンコ
 
 ◎ヒットルアー    タイラバ:ベイラバー60g(ネクタイ&フック改)
              アカムツはオモリ150号のエサ釣り
 
 
イメージ 1
潮動かず苦戦してしまいました! 
 
 
イメージ 2
オーニング復活!!
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

アカムツノ料理方法決まりましたか (笑

2011/10/15(土) 午前 11:36 tur*rey*s*3

顔アイコン

つられよさヨ様・・・地元神社のお祭りで親戚が集まりましたので、アカムツとホウボウは刺身の盛り合わせとなりました・・。

2011/10/15(土) 午後 10:16 [ toru jobetto ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事