whcのワンダフルライフ

今日も元気だが、メタボには気をつけるぞ。

全体表示

[ リスト ]

心肺蘇生法とAED

イメージ 1

今日は心肺蘇生法とAEDについての講習を受けてきました。
皆さん、AEDってご存知ですか?
AEDはAutomated External Defibrillatorの略で自動体外式除細動器のことです。
といっても、何のことか分かりませんよね。
よく、心臓停止の人に電気ショックを与えて、心臓の鼓動を回復させる、あれの自動式のものです。
見るのと、やるのとでは全く違って、あわててしまいました。
心臓停止後、回復が1分遅れる毎に生存退院率が7〜10%ずつ低下するそうです。
また、心臓が停止すると4分以内に脳に障害が発生するそうです。
一刻も早い処置が大切ですね。
チャンスがあったら一度講習を受けてみられたらいかがでしょうか。

日本赤十字社の「知っていれば安心です」というパンフレットから一部を紹介します。

心蘇生法とは、傷病者が意識障害、呼吸停止、心停止もしくはこれに近い状態に陥ったとき、直ちに気道を確保し、必要に応じて人工呼吸と心臓マッサージを行い、呼吸及び循環を補助し、傷病者を救命するための手当てをいいます。心臓が停止すると、4分以内に脳に障害が発生します。心肺蘇生法は、この障害の発生を遅らせる効果があります。
しかし、心室細動*を正常な状態に戻すためには、早く除細動を行うことが必要です。心室細動は、除細動の実施が1分遅れるごとに、生存退院率は7〜10%ずつ低下します。
AEDは救急現場で一般市民が除細動をおこなえるように設計された機器です。コンピュータで心臓のリズムを解析し、除細動が必要か否かを音声メッセージで指示します。AEDを用いた手当ては、心肺蘇生法とともに、一般市民が行う救命手当てに含まれています。
*心室細動
心室細動とは、心臓にある心室の複数の場所から無秩序に電気的な興奮が起こり、調和のとれた心筋の収縮がなくなった状態であり、心臓からの血液の拍出が全くなくなることである。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

普通救命講習は受けたのですが、AEDの講習は知りませんでした。 受ける機会があれば調べて受けてみたいです。

2007/5/6(日) 午後 11:00 [ 管理され人 ] 返信する

顔アイコン

世間にも大分普及してきました。いざという時のために受けられることをお勧めします。

2007/5/6(日) 午後 11:41 whc 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事