ここから本文です
ラジコン話し
日本酒備忘録(楽天ブログ)は閉鎖しました。

書庫全体表示

記事検索
検索

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6月20日 (火曜日)

やっと本格的な梅雨入りみたいですね。それならばと、入院してきたキャメルの整備です。16日に修復後テスト飛行したのですが、設計重量を200グラムほどオーバーしているせいか、パワーが足りなくて危うく離陸で墜落させるところでした。


      離陸してしまえば中スローでも問題なく飛んでました。

イメージ 1


イメージ 2



          モーターをマウントごと交換です。

イメージ 3

これで安定して離陸が出来るようになりました。


何時もの事なんですが、先ずは飛びを確かめて飛ぶ事が分かればさらに改造をしていこうと思っています。


主翼を取り外してアンプの交換、リンケージの見直し、バッテリーの搭載方法の変更などです。

イメージ 4


今週は雨で飛ばせそうにないので、腰を落ち着けて取りかかれそうです。

久し振りのブログ更新で、書き方を忘れるところでした。






この記事に

4月1日(土曜日)

2日の日曜日は大風でフライト出来ず、昼寝して帰ってきました。


             こちらは1日の様子です。

イメージ 1


手前の機体が大きく写っていますが、どちらも同じサイズ(3メートル)です。
右はレーザーカットでキット化されたKa−8ヘリテージで、左はレーザーカット化する前の機体だそうです。違いは重量で、一キロ強ヘリテージよりも重く3キロ程有ります。
この日は重心位置を見直してのフライトです。


         重心位置(6㎝)に2ミリベニアを当てて、

イメージ 2


水玉水準器をスポイラーサーボの横に置いてフックでぶら下げての調整です。

イメージ 3


ヘリテージの方は重心位置に胴枠が有りこちらは簡単に重心調整が出来るようになっています。





この記事に

3月19日(日曜日)

チョット用事で市内まで出かけ、引き返している時の事です。



              赤丸の所に当たっています。

イメージ 1



           フロントガラスでなくてよかったです。



こんなに良い天気の日に何という災難なんでしょう。
幸い、車販売店の近くだったのでそこまで走り、割れたガラスをかたづけてもらいました。積んである物を載せ替えるのが面倒だったので、窓ガラスを開けた状態で飛行場まで飛ばしに行って来た次第です。

              この根性は褒めて下さいね。





この記事に

開くトラックバック(0)

嫁いできました。


3月6日(月曜日)

先日、仙人様のところから私の所有するKa-8と同型の機体が嫁入りしてきました。
出身は同じ高知県(サーマル工房)なのですが、未だレーザーカッとされていない時代の生まれだそうで、姉さん女房と言う事になります。


         プロペラが付いているのがお判りでしょうか

イメージ 1



          こちらの写真だとよく分かると思います。

イメージ 2


モーターを止めた時、プロペラがどの位置に止まっても必ず写真の位置まで移動して、止まるという物です。
これはラジコン技術2010年6月号にも紹介されていたカラクリ師、仙人様の制作による物です。
これでノーズ部分のフォルムを壊す事無く電動スケール機を楽しめるという次第です。こうして見ると鼻筋の通った、なかなかの美人ですねェ・・・・

しかし、美人が故に取り扱いに注意が必要でして、機嫌良く動いてくれるのかどうか、
先ずは動作確認です。
私はグライダーの時、エンコンスティックにスポイラーとモーターコントロールを割り当てて、それを2ポイントスイッチで切り替えているのですが、このスイッチを使い、プロペラの収納と解除が出来るようにしました。


             ただ今テスト中です。

イメージ 3


仙人様に確認をしていただいたところ、何と動作が逆だった事が分かり、このままモーターを回すと壊してしまうところでした。くわばらくわばら・・・・・・・

私の機体(レーザーカットのキット)と比べ、体格は同じなのですが、嫁の方が一キロ程体重が重く立ち居振る舞いに不安が残るのですが、その分丈夫で長く働いてくれる事でしょう。









この記事に

1月17日(火曜日)

毎日寒い中、今日は久し振りに穏やかな天気になりました。

昨年の秋にノーズコーンを切り開きハッチ蓋を作成した際、バッテリーの搭載位置がズレて、重心位置が狂い少し前重になっているようだったので見直してみました。


イメージ 1


エレベータートリムが2ミリ位アップ側になっていたのがほぼ水平になりましたので、
しばらくこれで飛ばしてみようと思っています。


         下の写真は折れペラ自動収納装置の様子です。

イメージ 2


原理は簡単でして輪ゴムを二重にして、ペラの付け根に引っかけているだけです。
この方法は mode2ss さんから教わりました。
これで上空でモーターが止まった時、ダラリとプロペラが垂れ下がる事も無く見栄えが良くなります。
勿論、持ち運びの時も畳んだ状態だからペラを引っかける事もありません。

トリム調整が主な目的だったので、2フライト、モーターラン6回で終了です。
小一時間程居ただけでお昼前に撤収しました。
明日は曇りの予報ですが、風は弱そうなので特別寒くなければ出かけてみようと思っています。






この記事に

開くトラックバック(0)

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事