全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全452ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

5月4日(土)

4月29日、昭和の日に大阪で「昭和天皇の御生涯」と題して、講演しました。
普段、本校の道徳訓育の授業で昭和天皇について話している内容も含め、御製を紹介しながら話しました。

 世の中も かくあらまほし おだやかに 朝日にほへる 大海の原(大正11年 皇太子時代)
ふる雪に こころきよめて 安らけき 世をこそいのれ 神のひろまへ(昭和6年 満州事変勃発)
あめつちの 神にぞいのる 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を(昭和8年)
静かなる 神のみそのの 朝ぼらけ 世のありさまも かかれとぞおもふ(昭和13年 前年 支那事変勃発)
西ひがし むつみかわして 栄ゆかむ 世をこそ祈れ としのはじめに(昭和15年 日独伊三国同盟締結)
峰つづき おほふむら雲 ふく風の はやくはらえと ただいのるなり(昭和17年 大東亜戦争勃発直後)

昭和天皇は常に戦争に反対されていましたが、天皇の御心に反し、時の陸軍が独断で満州事変を始め、支那事変も天皇の御心に反して始められ、昭和天皇は戦争の終結に努力されましたが、政府が日・独・伊三国同盟を結び、日米戦争へと突っ走って行きました。
当時、大日本帝国憲法下で立憲君主国の君主として、昭和天皇は内閣の閣議で民主的に決まった事に対しては、個人的に反対であっても裁可するしかありませんでした。(独裁政治や専制政治ではありません)
日米戦争を避けるため、近衛内閣は昭和15年12月から昭和16年4月にかけて親米派の民間人を使い、日米外交交渉を行い、昭和16年4月「日米諒解案」が米国より示され、近衛総理はもとより、東条陸相、及川海相もこれで日米戦争は避けられると喜んだそうです。しかし、それを「日・独・伊三国同盟」を締結した松岡外務大臣は強硬に反対し、日米交渉は暗礁に乗り上げ、近衛内閣は解散し東条内閣が誕生するに至り、米国の態度は豹変し、11月にハルノートを突き付けられ、日米戦争に突入します。
 昭和16年9月の御前会議では、陸軍から帝国国策遂行要領が示され、①に戦争準備、②に外交努力が示されていたので、昭和天皇はご意見を述べられ、外交努力を①にし、戦争準備は②にするように示され、明治天皇の平和を願われる御製「四方の海 みなはらからと 思う世に など波かぜの たちさわぐらむ」を二回朗誦されました。
しかし、政府は米国から最後通牒ともいえるハルノートを突き付けられ、天皇陛下の反対を押し切り、開戦に踏み切りました。

イメージ 1

開く コメント(0)

4月18日(木)

 日本航空大学校 航空ビジネス科2年生の11名が、スカイマークエアラインのCA(客室乗務員)に内定しました。今年の2年生は、航空ビジネス科の8期生になりますが、これで1期生から数えてCA合格者は99名になりました。
 合格した学生の中には、喜びの涙で報告に来た学生もいました。
昨年は、スカイマークエアラインのCAは、専門学校生枠で全国から30名の採用枠に対し本校から10名内定していましたので、今年はそれを上回りました。
JAL.ANAをはじめ他のエアラインの採用試験はこれからはじまります。楽しみです。

開く コメント(0)

4月14日(日)

新入生歓迎会を11日(木)放課後、体育館で行いました。この催しは、学友会、寮役員が実行委員として企画し、新入生の交友を深め、仲良く学校生活に馴染めるように企画しました。

 クイズ大会や、じゃんけんゲームで盛り上がりました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

開く コメント(0)

4月10日(水)

4月7日(日)に、平成31年度日本航空学園入学式を挙行しました。能登空港キャンパスは、例年どおり、大学校と高等学校合同の入学式です。千歳キャンパスから中継で理事長告示、来賓紹介の後、各キャンパスごとに入学式を行いました。式典終了後、高等学校の応援団によるアトラクションが行われました。

 大学校は228名、高等学校は217名の新入生が入学しました。これで、大学校は607名、高等学校は700名となり、能登空港キャンパスは全部で1307名の学生・生徒数になり、平成15年開校以来の最大数になりました。御入学おめでとうございます。

石川県の調査によると、平成29年度の日本航空学園による消費効果は13億円と発表されています。
少子高齢化が進む奥能登地域にとっても、1300人の若者がいるという事は、大きいことです。
お祭りやイベントのボランティア活動で、地域に根づいた学校になりました。

 大学校では、来年卒業予定238名のうち、現時点で95名の就職が内定、40.3%の内定率です。
就職はこれからですが、今年も早くから内定者が出てきています。

大学校では、今年は新入生の半数以上が一般高校からの学生で、併設校を上回りました。
全国各地から集まった縁を大切にして、勉学に励んでほしいと思います。

イメージ 1
 
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

開く コメント(0)

3月19日(火)

 日本航空大学校、航空整備科ヘリコプター過程が、国土交通省から回転翼の二等航空運航整備士の指定養成施設として正式に認可されました。

 ヘリコプター過程は4年前にスタートし、昨年1期生が卒業し、今年は2期生の卒業となりましたが、テストコースとして二年連続国家試験の合格率が基準を上回り、今年で晴れて指定養成施設の認可がおりました。

 全国的にヘリコプターの整備士が不足する中で、整備士を養成する学校は全国に三つしかありません。

 本校と中日本航空専門学校と国際航空専門学校の三つです。どこの学校も、企業の需要に対し、整備士の養成が追い付かない状況です。会社によっては、学生の学費の一部を会社が奨学金として負担し、整備士資格を取得し就職するまで会社が面倒をみるというところも出てきている状況です。

ドクターヘリや防災ヘリ、警察航空隊など、整備士の需要が高まっています。
ヘリコプターの整備士を目指しませんか。
 

開く コメント(0)

全452ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事