全体表示

[ リスト ]

ハイパーストラーダ納車時にETCとフレームスライダーを装着してもらいました。

イメージ 3
CB1300SB→青タイガーに付けていた、
JRC日本無線のアンテナ分離型JRM-11移植するつもりでしたが、
サービスでミツバサンコーワを付けてくれるということでこちらを装着。

イメージ 1
ハイパーストラーダは車体がコンパクトな分、カウル内はもちろん、シート下も全く空間無し。
仕方なく車載工具を外した場所にETCを設置。

イメージ 2
側面の蓋を開いてカードを挿入するようになってます。
日本無線の分離型より作りがイマイチ安っぽいです。


続いて納車前に購入しておいた、AELLA(アエラ)のフレームスライダーです。
結構高価なのですが、倒しちゃって高価な修理代に泣くより付けておくことに。

イメージ 4

良く見かけるスライダーです。
ただし・・・装着には意外と時間がかかりました。。

イメージ 5

説明書を見る限り簡単そうなのでDIYしようかと思いましたが、
フレームとエンジンをマウントしているシャフトを抜くのでバイク屋に依頼。

スライダーのシャフトボルトを挿入までは良かったんですが、
エンジンマウントナットが16mmと普通は使わない?サイズなだけでなく、
フレームの奥深くなのでディープソケットが必要。
しかも隙間が殆ど無いので肉厚のうす〜いソケットが必要とのこと。
そんなディープソケットは無く、あれこれ試行錯誤したのですが規定トルクが掛けられず、
苦肉の策としてツテを頼って工具を借りてきてなんとか装着できました。


この記事に

閉じる コメント(6)

これでコケても安心?
いやいや、こけないようにしましょ。
でも、エンジンマウントを外すなんて...DIYぢゃ怖いね。
(^^)/""

2014/3/28(金) 午後 8:53 [ てんぷらー ] 返信する

顔アイコン

これがねー。
自転車乗ってると15は使いますが、16はねぇ。さすがに。
でも、そう言う作業もある意味バイクメンテの「スパイス」適で、楽しい物ですよ。

# 明日は気をつけて!!
# バイクも体も慣らす気で。

2014/3/28(金) 午後 11:22 [ 超山岳案内人 ] 返信する

顔アイコン

◆てんぷらーさんへ
「コケても・・」なんて考えるより「コケない」ようにスキルを上げるべきでしょうね。。

2014/3/29(土) 午前 0:00 Jack 返信する

顔アイコン

◆超山岳案内人さんへ
もともとのエンジンマウントのナットは15mmでした。
ある程度のスパイスは楽しいのですが、重要部品は怖くて。。

2014/3/29(土) 午前 0:06 Jack 返信する

ドカは、弄るのも大変ですね。
以前、ストファイのスクリーン交換を手伝った時、苦労しました。
作業性より、デザイン重視なんでしょうね。

2014/3/29(土) 午前 10:54 やまひで 返信する

顔アイコン

◆やまひでさんへ
それぞれのお国の事情があるのでしょうね。
トライアンフは英国なのでブリティッシュインチなんて規格もありましたし。

あ、でも今回はAELLAのパーツが変わってるだけでした。。

確かに、日本車は「デザイン<作業性」、外車は「作業性<<デザイン」って感じがします。

2014/3/29(土) 午後 8:33 Jack 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事