Hyperstrada

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

配光や明るさに不満がありました。


スフィアライトさんに相談して・・・

RIZINGに交換となりました。(もちろん無償じゃないよ。)

イメージ 1

今日は暑かったので交換は後日。。

改善されると良いなぁ。

イメージ 2

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

2016年3月30日
平日まっただ中の水曜日でしたが休暇をいただいてタイヤ交換してきました。

タイヤ選びの段階ではモトフリークさんというバイクタイヤ専門店のブログを発見。

イメージ 1

グリップとライフの性能マップやら紹介記事を読みまくり、

イメージ 2

あとは工賃込みの価格次第で決めようかと。
タイヤ価格ではレーシングワールドが近くて安かったのですが、
外車は+\4,000が気になっちゃって、
結局本命のしゃぼん玉で決めちゃった。

ただし、流されやすい私は店員さんと話してたら、
タイヤ銘柄がコロッと変わっちゃいました。

用途はツーリングメインで・・
最近の年間走行距離は5000km程度で・・
サーキットや峠を攻めるなんてしない(できない)・・

「それならミシュランのパイロットパワー3が良いですよ!」
へっ?それってSSが履くハイグリップじゃないの?
「いやいや、ミシュランのカテゴリー分け上パワーってネーミングで、
 名前こそハイグリップ系ですが、消しゴムタイヤじゃないです。 
 ロングライフでも距離乗らないならタイヤ劣化して結局使わないまま交換、
 ってケースもありますしね」

うーん、パワー系良いよってコメントもいただいたし、
ヘタクソを少しでもカバーしてくれるかも・・
とか考えましたが、結局は価格でパワー3に決めちゃった。。

しゃぼん玉のピットは基本的に予約不可なので受付順。
土日は混むだろうし、平日なら空いてるだろうってことで。

イメージ 3

交換前はこんな感じ。
こんなもんだよなぁ、ぐらいにしか思ってませんでしたが・・・

イメージ 4

交換直後を見ると、やっぱ新品はい〜な〜。(^_^)
溝いっぱい、ヒゲいっぱい。

イメージ 6


MADE IN SPAIN。

イメージ 7

製造週、フロントが2015年50週。

イメージ 8

製造週、リアは2015年45週。
結構新し目。
実は前回在庫が有ったんですが、製造週がちょっと古くて、
取り寄せてもらった甲斐がありました。(セコい・・)

イメージ 5

帰宅後、25km走行後。
全然倒してないので使えてませんし、カンタンにヒゲは落ちません。
この日は暖かかったからだけじゃないと思うけど、
触ってみるとタイヤが暖かい。
うーん、やっぱりこれハイグリップ系?
ライフがちょっと心配かなぁ。

あんまりイマイチだったらこんなのも有るし。。。
ミシュラン「満足保証」プログラム
#ってどうせ使わないけど。。。

イメージ 9

途中で見た桜。
まだ満開にはイマイチですが、駐車場は満車。
ここでBBAの運転する車にブツケられそうに。
駐車場の空きを見つけるのに必死で周囲を一切見ていない。
こういう老害はホントに免許剥奪して欲しいわ!

イメージ 10

そうそう、作業中のピットを隠し撮りしてました。
そしたらな〜んか気になる行動してたんですよね。。。

イメージ 11

やたらフロントブレーキのマスターシリンダーをウエスで拭いてる。。
キャップを外したりしてましたがなんで?
フルードこぼしたりしてたりしないだろうか?
なーんかモヤモヤするんですが。。。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

我が家に名実ともに春がやってきました。
子供たちがW受験(高校&大学)でずっとピリピリしてましたが、
第一志望に合格してホントに嬉しいです。
しかもふたりとも国公立ってことで、
学費が抑えられ、バイクを乗り続けられることになりましたし。。

で、ハイパーストラーダ821に乗り換えてからちょうど2年経過しました。
走行距離は8400kmと全く走ってません。
過去のバイクは・・・
ホンダCB1300SBが3年6ヶ月で18000km
トライアンフタイガー1050:3年6ヶ月で11657km
#乗り換えサイクルが一緒なのは偶然ですよ。

うーん、どんどんペースが落ちてますねぇ。
バイクが大きくて重い→バイクを出すのが億劫→乗る回数が減る。
かと思ってましたがやっぱ関係無いな。σ(^^)

バイク乗る回数は減少傾向だし、
相変わらずヘタクソ(乗って、練習してナンボですし)だけど、
バイクは好きなので可能な限り乗り続けていきたいです。

バイク用品店巡りに行ってきました。
今はネット上のチラシやSNSでセール情報は得られますが、
DUCATI、いや、ハイパーストラーダは作業してもらえるのか不安。
その辺の情報収集も兼ねてハシゴしてきました。


イメージ 1

10時の開店と同時に入店。
#ここでCB1300SBでパイロットロード2を交換したことがあります。
基本工賃\6,000(セール中なので無料)ですが、
外車は+\4,000でした。


2軒目は豊山2りんかん。
イメージ 2

特にセールやってなかったし、お目当てのタイヤが無かったので即退散。
駐輪場に屋根が付いてるのは嬉しいんだけど低い。。
おかげでヘルメットブツケて傷付いちゃったじゃん・・(+_+)


3軒目はホンダドリーム小牧店。
イメージ 3

だれかさんがアフリカツインの記事上げてたのでちょっと寄り道。

イメージ 4

跨ってみるとリアサスの沈み込みもあって、
ハイパーストラーダより足着きが良い。
でもDCT搭載タイプだったので242kg、そら重いわ。。
しかし・・・左レバーが無いのはホント違和感があるわ。。


イメージ 5

ココも特にセールやってなかったし、お目当てのタイヤが無かったので即退散。


最後5軒目はしゃぼん玉一宮店
イメージ 6

実はココが本命。
なんたって、メンバーズカード持ってれば工賃無料だし、
外車も追加費用無し(ハーレーは対象外になったそうな)なので。
ほぼタイヤ銘柄は決めてたはずなのに、
お店の人とアレコレ話してる内に別のメーカー、別のタイヤに決定。

うーん、猫に小判にならなきゃ良いけど。。。

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

久しぶりに書く気になったのでバイクネタを。

乗っていると言えば乗っているし(距離は大したことない)
カスタムもしているといえばしている(乗ってないくせに)ので、
ネタ的にはありますが面倒で。。。

2013年にデビューした水冷ハイパーストラーダ821(ハイパーモタードもね)、
#2016年にはハイパーストラーダ939となり短命に終わりました。

そんなハイパーストラーダに乗り換えて、もうすぐ2年が経過しようとしてます。
距離はと言うと・・たったの8400km。。
バイク乗れない休日にはバッテリー補充電やらチェーンメンテなどしているくせに、気が付いたらタイヤ摩耗が進んでいることに気がついていませんでした。

ハイパーストラーダの純正タイヤはピレリのスコーピオントレイル。
オフロードも走れるオンロードタイヤ?の割にドライでもウェットでもさほど不安なく走れるタイヤだと思いました。

リアタイヤから見てみます。

イメージ 1
納車直後のリアタイヤ。

イメージ 2
8400km時のリアタイヤ。
スリップサインまでは出ていないのですが、表面には細かいヒビ割れ。
まぁもうちょっとは良いかなぁと思いましたが。。

続いてフロントタイヤ。

イメージ 3
納車直後のフロントタイヤ

イメージ 4
8400km時のフロントタイヤ。
スリップサイン出てる。。
#端っこは全然使えてないけど。。

「溝が有ればまだまだ使える」なんて意見もありますが、
タイヤ代をケチって痛い目を見たくはないので交換を検討。
しかも今月はちょうどいいタイミングでバイク用品店でタイヤキャンペーンがある。

候補としては・・・

イメージ 5
ミシュラン パイロットロード4

イメージ 6
ピレリ エンジェルGT

イメージ 7
メッツラー ロードテックM8

ネットでインプレなどを読み漁るとどれを選んでも間違いないらしい。。
となればもうあとは好みしか無いですね。
というわけで、気持ちはほぼエンジェルGTに。

前車の青タイガーではミシュラン パイロットロード2が大変好印象だったのですが、ミシュランは以下の記事を見てしまったので遠慮したいところです。。
幸い近場に何軒かあるので見積もりに行かなきゃ。
DUCATIはタイヤ交換してくれなかったり、工賃割高だったりするらしいのでその辺も実際に聞いてみないとなんとも。。

しゃぼん玉・・メンバーズカードがあれば工賃無料、トータルでお得。
RacingWorld・・CB1300SBでの実績はあるがDUCATIは・・?
2りんかん・・ピットスキルはどうなんでしょうね・・?
ライコランド・・ピットスキルはどうなんでしょうね・・?

皆さんはどんなお店でタイヤ交換してるのかしら・・・?

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

ハイパーストラーダに乗り換えて1年半経過しました。
ちょうど1年のタイミングはすっかり逃してしまいました。


2013年に空冷から水冷にフルモデルチェンジした、
ハイパーモタード821シリーズ。
ハイパーモタードよりフレンドリーなハイパーストラーダに一目惚れして青タイガーから乗り換えました。

そして、2016年にはなんと・・・またフルモデルチェンジするそうです。。
Ducati 2016: Panigale 959 e Hypermotard 937 - News - Moto.it

どうやら、937ccに排気量がアップして、
ハイパーモタード939/ハイパーストラーダ939となるようです。
他に乗っている人は少ないし、パーツも少ないってことは販売が芳しくない?
そこで排気量アップしてテコ入れ?
などと邪推していまいます。。

ちょっとショックです。。。


さて、そんなハイパーストラーダですが、色々と初期不良がありました。

まずは本体から。

1.フォークガードの塗装不良
 イメージ 1 
 ネジ止めする凹みの塗装が甘くて交換してもらいました。
 奥のほうが白いのわかりますかねぇ・・

2.サイドバッグの防水カバー穴開いてる
イメージ 2
 ハイパーストラーダには標準でサイドバッグが付いてます。
 と言ってもGiviとかのハードケースではないソフトな非防水。

イメージ 3
 そのため、防水インナーバッグも付属しています。
 テント生地を蒸着して袋状になってるんですが、
 生地の接着部分が甘くて穴空き状態。
 これも新品交換してもらいました。
 #結構かさばるし、サイドバッグ自体使ってませんけど。。

3.パニアのカギが不良品
イメージ 4

 パニアケースはSW-MOTECHのOEMのようです。
 ファスナー部分にSW-MOTECHのダイアル錠が付属していますが、
 番号を合わせてロックすると内部で番号がずれてしまい、
 解錠出来ないという不具合。
 これも新品交換してもらいました。

4.タンクのDUCATIロゴの浮き
イメージ 5

 ハイパーストラーダには至る所に「DUCATI」ロゴがあります。
 その内の1つにタンクのロゴがありますが、樹脂製の文字が貼り付けられてます。
 塗装とかステッカーではないのがDUCATIには珍しいとか?
 これが何箇所か浮いていて、押さえ付けても浮いてくるので
 これも新品交換してもらいました。

5.リアブレーキの鳴き
イメージ 6

 リアブレーキがねぇ・・鳴くんですよ。
 キィィ〜〜〜って結構な音量で。
 古くて整備不良なバイクじゃあるまいし恥ずかしい。。
 DUCATIはクレームとして受け付けてくれなかったのですが、
 販売店の判断でパッドを新品交換してもらいました。
 しかし症状が収まらないので、今度はブレーキディスク本体を交換してもらうことに。
 部品は届いたらしいので近いうちに交換してもらいます。


このように色々とありましたが「イタ車」の割には重要なトラブルも無く、
しかも販売店の対応も良かったので満足かなっ?

ドゥカティブログランキング参加用リンク一覧 バイクブログブログランキング参加用リンク一覧 ツーリングブログランキング参加用リンク一覧

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事