ここから本文です
Jack_YZFR1のブログ
さてっ、何処に行こうか!?
2018年3月11日

久々の投稿です...ちゃんと生きてました!?
...生きてますが...腰痛でマイってます!!!
十数年ぶりに椎間板ヘルニアが再発し、通院中です
イメージ 1
これは最近使われ始めた治療薬らしいのですが
ブロック注射の代わり...ってことは、ただの痛み止めですよね?

今回のヘルニアも、保存療法で回復を図って行くしかないのか?
十数年前には、何とか直ったし...


さて、バイクは暫く乗れないので
なんとも...ストレスが溜まる

webを彷徨い見て、グダグダと気晴らし!?

モンベルのHPをチラ見...んっ?
なんだろう、新しいテントが追加されてる
数日前かな?前室が拡張されたクロノスドームか?
タープレスでも快適かなぁ...イイなあ!

今は「ワンポールテント」のアレを使っているけれど
ドームの広いのも欲しいなぁ...

...思わず「ポチっ」とやってしまい...!?

「モンベル クロノスキャビン2型」
イメージ 18


久々の「モンベル」です!

モンベル製テントの購入は
約30年前に初めて所有した「ムーンライト3型」以来です
(今でも所有してます。フライは伸びて弛んでしまっていますが^^)

その後、他社のテント数品を使用しましたが
ムーンライトは一番設営が簡単で、雨にも強かった!(強風時を除く)

期待も大きく、早速!!!自宅に届いたNEWテントをチェックです

んんっ?アレッ???...天頂部のソケットにポールが入らない(1箇所)

ショックコードを外し、ポールを全て分離して確認すると
どうやら不具合の有るポールは、ソケット挿入部分の径が太くなってる?
スリーブを圧入して補強されている部分が膨らんでいる(製造不良?)

仕方がないので、チョッと研磨して径を調整して処置完了!?
イメージ 2



この部分の強度は若干低下したでしょうが
平地のキャンプで使いますから、コレは許容範囲か?
(登山など、命に係る条件では幕営しませんので!)

ですが、他の不具合箇所の有無も確認しておく必要が有りそう
...試し張りするしかないな!

何処かよい場所は?
腰痛ですから遠出は無理、近場でテントを張れる所?
当然、無料で!!

あぁっ...○○親水公園ならば良さそう。近いし!


早速、某公園に入ります...既にチョッと腰通が



今回は比較対象として、
テンマクデザインの「パンダ_クラシック」も隣接して設営してみました!

なお、サイズの比較用に「チェアワン」を前室にセット!
イメージ 3




パンダの前室
イメージ 4


イメージ 5

「パンダ_クラシック」も十分な空間が確保されてます
フライを閉め切っても、チェアワンでくつろげる頭上空間があります

前後に出入り口があり、メッシュパネルも大きいので
通気性も良く、暑くなる季節も対応できそうです

さて、クロノスキャビンを立ててみますか ^^)
イメージ 20


 天頂部で連結されるポールは、自立させやすくて易しい!
インナーは吊り下げ式なので、コレも簡単で立ち上げも早いです!

ですが、前室のポールはスリーブ式!?
ポールも細く、初期から曲げが入っているので
チョッとやり難いかも?
外ポールの吊り下げ式なら楽だったのに...(慣れの問題?)

立ててしまえば...大きいな!?本当に2型??
素晴らしい居住性です
イメージ 7



前室に置いたチェアを目安にして、前室の広さが判ると思いますが
上記の「パンダ_クラシック」とは余裕が違います...当たり前か?

ここにコットを使用すれば、もう一名就寝可能かも?
イメージ 6
チェアワンに座っても、頭上に20センチは空間が残ります

フライを閉めても余裕たっぷりですが
イメージ 21


フライ前部をポールで立ち上げると!
イメージ 9

イメージ 8



タープ不要な活動空間が確保されます

吊り下げ式インナーなので通気性も良さそう
イメージ 10

いいデスネ...(しかし、デッカイデスネ^^;)

チョッと気になるポイントがひとつ見つかりました。

フライ全閉の状態では、内部からファスナーのスライダーに手が届き難い!
イメージ 12

頭や肩などをフライ内面に擦りながら手を伸ばすような姿勢になります!
結露していたら体が濡れるかも?
(横側の出入口ファスナーを空けて外に出て、外からココを空け直すようですね)

まあ、コレも優秀な居住性からすれば、些細なことでしょう
イメージ 13





イメージ 19






立ち姿は...ワンポールの方が今風かな!?

通りかかった散策中のご夫婦も
「パンダ」のほうにご興味を持たれてました!?
やはり、ティピーのテントはスマートですしね!?

気になるパッキングサイズは
(参考として「パンダ_クラシック」と並べました)
※クノスキャビン本体はコンプレッションバックを使用
イメージ 11

クロノスキャビンはポールが多めでペグの本数も15本!?
本体は、圧縮してしまえば大きすぎずか?

パンダはポールが1本だけですし
本体とフライも、もう少し圧縮が可能ですから
やはり収納性はワンポール優位です!
パンダにタープを追加すれば互角か?

総評
クロノスキャビンはパッキングサイズが少し大きいですが
前室の広さは、ソロ用テントとしては十二分で
タープが無くても快適に過ごせそう!良いデスねぇ

一方、「パンダ」も良いテントですね
タープを追加してもまだまだコンパクトな部類のパッキングサイズだし
移動中心のキャンプツーリングなら、こちらも使い易いです!
立ち姿が「かっこいい」し...

さて、今年はどちらを使おうか....その前に、腰を直さなきゃ...

もう一品!!チェアワン_ロッキングフットですが
入手したので試してみました
イメージ 14

ココは地面が柔らかいのですが沈まない!
砂地などでも脚の沈み込みが防げるでしょう
イメージ 15

ロッキングしてみると...ねじれ易い???かも
イメージ 16

前後に揺すったときに、ねじれる動きが出易いですね
快適性を若干?損ないますね〜
構造上仕方ないのかも!

収納時の寸法ですが、本体と並べて比較してみました
イメージ 17

フットは折りたためないので長いです。

う〜ん、常用は...どうしましょ^^;)











本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事