ひたすら喰い意地放浪

真実を言うに勇気が必要な社会に、何の疑問も持たない愚民が居る。
困るって何が…って、
実はこの季節、警戒心のない巣立ったばかりの雛が
わが豪邸の庭に着地する。
すると、狩猟本能だけのわが愛猫が
咥えて帰るのだ。
昨日外から帰ったら、物置の前に鳥が息絶えていた。
名前は知らないがハトじゃないらしい。
イメージ 1
無残な結果になって、飼い主としては心が痛む。本能だけで悪気はないんだけどねェ
やったなホワイトめっ!
今日も、つい先ほど、巣立ったばかりの雀の雛を咥えてきた。
獲物を捕らえると、必ず成果を魅せに部屋に持ち込む
こればっかりは親バカも褒める気にならない。
奴は喰いたいわけじゃなくて本能に従ってるだけだ。
ピーピー叫んでる雛を咥えて帰ると
家じゅう大パニックになる。
生きてるうちに奪って、裏の畑に逃がしてやらねばと
ホワイトと豪邸中を追って這い回る。
なんと今午後3時近くまでに2羽も咥えてきた。
幸い、2羽とも奴から奪い取ったとき
まだ息があったので裏の畑に離してやった。
なんとか飛翔して畑の草の中に消えた。
イメージ 2
泣いてる心を鬼にして、高齢者のためのパソコン教室の指導をしている。
どこか豪邸の屋根の隙間に雀の巣が在ったらしい。
巣だったのは二羽か?
巣離れの時、無警戒に豪邸の庭に飛び降りてしまうらしい。
毎年の課題だが、ホワイトの奴、
巣から飛び降りて、着地するのを待ってるのだ、きっと。
他の雛は、無事遠くまで飛び去った…と祈りたい。
勘弁してよ〜!
雛がかわいそうで、落ち込んでるお坊ちゃんを
冷たく見放してる鬼がいる。
あんなに冷たい人間になれたら、さぞ気楽だろうに…。
俺は蚊も叩けない弱気のお坊ちゃんなのだ。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

このところ、ヤンキー狂犬ボスに喉を撫でてもらって尻尾を振ったり
海外視察という名目で世界を飛び回って、しっかり取材させ
籠池忖度問題から国民の眼を逸らせようと躍起になってますねェ。
また、愚民もそのパフォーマンスにすぐに嵌るんだから…。
大した悪代官の手管です。
イメージ 1
ひと投げした後の腹ごしらえだ、台湾料理専門店、量が多くてお坊ちゃんは閉口する
こちら地元今治市でも、
悪代官の親友が企む獣医科大学開校に向けて
地元今治陣笠国会議員を動かして籠池以上の
莫大な土地の無料払い下なんて言うマジックをやっていた。
一部市民が疑問視して騒ぎ始めると
市議会や市担当者が火消しに躍起
イメージ 2
ライスだけは半分にしてもらう、坊ちゃんは育ちがいいからこれだけでも多すぎる
保守王国伊予では、御上のすること指さすなんて御法度
愚民は簡単に言い成りになる。
どうやら莫大な利権ポッポ内々騒動は、静かに幕引き
悪代官は、愚民ども適当に躍らせていれば
最後は、飽きて諦めて自分を納得させて権力への従順を装う。
イメージ 3
台湾流は、面白い組み合せが多い、でっかい貝柱かと想ったら練り物だった
愚民はお変わりございませんで…が挨拶だから
こた無い…が合言葉、
変化が在っては不安なのだ。
時には進歩すらも拒否する。
保守王国原住民は今のまま…が安堵なのだ。
これを悪用すれば愚民は想いのまま。
イメージ 4
ボウリングの帰りに寄ることが多い、ちょっと濃いめの味付けが貧民の好みだ。

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

イメージ 1
左防風林の先が太平洋、しかし無風状態、鏡のような太平洋なんて…
テレビで放送された高知太平洋岸の鯉のぼり
取材時に風が無かったらしく、放送画面も見事な目刺しだった。
しかし海岸に30本以上立ち並んだポールは
これで泳いだら壮観だろう…と…
イメージ 2
180mmも20mmワイドも準備万端で見事な肩透かしだった。自然にはかなわん
衝動的なお坊ちゃんは翌日すぐに180kmの室戸岬まで奔った。
やっと探し当てて10時現地到着、見事だった。
見事な太平洋!鏡のように静かな太平洋で
こんな風一つない太平洋は初めてだった。
これじゃ、鯉のぼりも泳げる訳がない。
だら〜り…、見事な数十本の目刺しだった。
イメージ 3
海が凪ぎ、防風林で微風だけ、冷や飯と目刺しで大人になったお坊ちゃんには美味そうだった
坊っちゃん天気予報士の予想では、午後から陸地が温まったら
より強い海風が吹くだろう。
しかし、今さらここに3時間座り込むわけにはいかない。
午後1時に間に合うように
春野町のかね春鰻重に行くつもりだから。
何とか1時半にかね春に到着したが
順番待ちが長蛇!諦めた、
店主のおばあちゃんに見つかり挨拶
鰻弁当なら先に作ってあげますよ…!
諦めかけていた食欲が疼いた。
喰えるッ!早速内緒でお願いしてくるまで待つ
イメージ 4
また言うが、この店の蒲焼技法は四国一、黒ベタじゃない素焼きに近いパリパリ風味、
来たッ、匂い立つ二つの弁当、
車内に入れると、かば焼きの轟臭である。
帰って喰おう…と言うと、えッエ〜!? っと悲鳴
じゃ喰えよ、僕は帰ってからチンして喰うから
それからの仁淀川沿い1時間の静かだったこと。
こんな助手席が静かだったことはない。
幸い先日の、大手術不要、静養で腰痛は治る…との診察から
なぜか急に腰痛が納まって、370kmの強行も無事に熟せた。
帰ってから、独りで奴に見せびらかしながら
美味い美味いと舌鼓を打ってやった。
イメージ 5
5月いっぱい展示されているということで、太平洋を背景に勇壮に泳ぐこいつらを撮り直しに来る、きっと
室戸まで片道150分だけど、きっとまた来るぞォ〜
広大な太平洋を背景にするためには、
ちょうどいい見晴らしの丘が右側にあることを確認して帰る。
今度は四国の天気図で風量を調べてからじゃ。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1
なんとか美味い肉が喰いたい…と大型商業施設のレストラン街を徘徊
だいたいアベレージを170まで落とした奴が
この大会に出るほうが間違っている。
それに2時間前に計算尽くの鎮痛剤で挑むなんて…。
好きじゃねェ
イメージ 2
オムライス好きのあいつに合わせて、ハッシュドビーフという言葉に負けて…
結果、アベレージは182、まあまあだったが
上手いのが沢山(42名)居て、ご老体は8位
幸い、全3ゲームが終わるまで腰痛は来なかった。
それが一番の成果か。
イメージ 3
あれ?肉らしいのが無い!安心したァ、ハッシュドビーフは別のポッドに…
やれレントゲンだMRIだと
担当医とひと騒ぎして、最後は愛大の専門医の画像チェック
20年前の術後の予告のように
結局脊椎間狭窄症の再発…じゃなかった
その痛みは、単なるパーツの疲労
一時的に投薬で抑えることはできるが
特効薬は静養が一番とご託宣
イメージ 4
お、オォ〜、肉じゃ肉じゃ、それもしっかり煮込んである美味そうなやつ
ボウリングなんてとんでもない、鎮痛剤で投げるなんて
医師としては許可できない
医者の指示に従わないで、痛い痛いと言って来るなッ!
最低半年間はボウリング禁止…
そりゃないよ、今の俺からボウリングを獲ったら何が残る
運動不足で座り込んで、ボケ老人に一直線じゃがね。
イメージ 5
いやァ〜結構なお手前で…、あっという間に完食、ポットの残り肉もすすってやった
従順な(?)お坊ちゃんは逆らった、
月二回じゃがね、なんとかご機嫌とりながらやり過ごせば
一年でなんとか回復するさ…。
素人の、都合のいい結論じゃった。
確かに、恐怖の大手術程ではなかったというご託宣以降
不思議と坐骨の痛みは薄らいだ。
数年前の40肩も、1か月で自然解消だったし
数か月前の右ひじ腱鞘炎も薬だけで1か月完治
自然治癒力がこの老体には残っているらしい。
イメージ 7
意外と美味かったから、肩入れして宣伝しておこう、新居浜イオンレストラン街にある
この心臓も、投薬中の心房細動の持病は別として
28,105日以上打つのを忘れず
律儀に稼働し続けてくれている。
傲慢なお坊ちゃんが最近、妙に体に感謝し始めている。
欲は言わない、あと30年でいい、
もう少し若い娘を眺めていたい。
    素直さは変わっていないらしい…。
イメージ 6
半額ディ…に釣られて、二つも買っちゃった。今から漬け込んでおこう
帰路、近くの定番肉特売専門店で
毎度特売のステーキを買った
肉を喰った帰りにステーキを買うなんて
この肉フェチめッ!元気ゲンキぃ〜!

この記事に

開く コメント(4)

さじ加減で、政権へ批判的な一市民を自由に拘束できる。
非情憲兵が闊歩した昭和15年時代に戻ったテロ防止法案。
イメージ 1
うっかりしてた、もうハナミヅキが咲いていたのだ、ハナミヅキは満開したら美しくない
非国民…!
そのレッテルで一億総兵士でまた侵略戦争に一直線
ゲームに現を抜かす若者に真っ先に徴兵赤紙が届く
そんなことは夢にも想えないロボットに仕上げられた愚民ども
戦後の偉大なる義務教育によって
批判精神を抹殺されたロボット大量生産が完了
政権側の思う壺の愚民が
ゲーム機だ、ディズニーランドだと目先の快楽に興じている。
イメージ 2
白と赤がバイパス沿いに300mに亘って群生していた
眼に見えている、
政権に都合の悪いSNS意見も総チェックして一切を封じる。
俺なんか真っ先にブラックリストだろう。
名誉なこった。
政権が転覆した後進国の事例は殆どSNSによる市民運動だった。
これをやられたら、ポッポ内々の利権政権はたまらん、
だからレッテルをテロ防止法案とごまかして
自由意見を封殺しようという体制側の魂胆丸見え
それが診えないように上手くカモフラージュして法案を通す。
イメージ 3
180mmで街路樹に沿って徘徊した。時々顔見知りが「好きじゃねェ」と笑いかける
法案が成立したら体制側は一安心
あと一年したら、消費者運動や原発反対の
市民運動は全て抹殺される。
体制側に都合の悪い波は初期に絶つ…。
それに気づかない愚民が、気付いた時には
子どもや孫を徴兵されるのだ。
イメージ 4
満開の中では、このような花輪は少なくなって、探し回って見上げる腰が痛い
戦争反対を唱えなかった愚民が原爆で死んだ。
そして、罪もない市民を虐殺した…と詭弁。
戦争に反対しなかった罪があったのだ、
悪いけど戦った相手が強かったのだから焼け死んで当然!
いま、その新しい第一歩がスタートした。
私には、神宮外苑の学徒出陣の軍靴の音が聞こえる。
聞こえないふりしてゲームに興じるお宅馬鹿ども。
上手いやり方がじわじわと進行している。
イメージ 5
非国民でぶち込まれても、俺は間違いを指摘し続けてやる、殺されるまで
俺は先が短いし
子孫も居ないから知ったことじゃないが
子や孫を抱える愚民は、この軍靴の音に気付くべきだ。
バカベは着々と先手を打ってくる。
停めるべき良識の政党は空中分解を初めているし
嘆かわしい2017年なのだ。
強力にSNSのチェック締め付けが始まる。
おれのこのSNSが、ブラックリストに載るのも時間の問題。
気付かない愚民は、政権にとっては素晴らしい国民
いい侵略兵力なのだ。
今に、ギャ〜言ったときは手遅れになっている。
あなたの孫に赤紙が来て徴兵されているときだ。

この記事に

開く コメント(7)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事