ひたすら喰い意地放浪

真実を言うに勇気が必要な社会に、何の疑問も持たない愚民が居る。

毎朝4時起き…

もう3年になる。
朝3:45に目覚ましが鳴る
結構辛いが、よく続いている。
近所の空き地に猫がうろついている。
イメージ 1
産業道路沿いに和食レストランがある、味付けは和食の基本でなかなかしっかりしていた
3年の間に3匹が2匹になったが
寒い早朝の暗闇で体を丸めて私を待っている。
私の姿が見えると二匹が転がるように走ってくる。
ちくわとカリカリ餌を分けて与える。
イメージ 2
あいつの喰ったこの生姜焼きもなかなかうまい味付けで、今後は通い詰める可能性がある
早朝4時前後と決めているのには訳が在る。
餌を与えているところを見られたくないのだ。
野良猫に餌を与えるなんて迷惑だ…が普通
その価値観に逆らう気は無い(見事逆らってるけど)
イメージ 3
このエビも、料亭の天ぷらじゃ、このエビだけ10匹満腹で来たら幸せだろうな
これまでの経験で、早朝4時前後は人通りが絶える。
その10分間に、駆け寄る猫に餌をやっているのだ。
小雨の中でも待っているから止められない。
寒くなってからは、玄関前のノラ猫マンションにも
居着いているボス野良が居る。
イメージ 4
握りも、瀬戸のコリコリ魚が実に美味かった
ペットヒーターは
室内の3匹分も含めて5枚が24時間点いている。
振るえないで厳寒を過ごせるなら電気代なんて問わない。
同じ命だもの、
自分に可能な部分は手を差し伸べたい。
老いるとともに、弱くなったなァ…が実感
イメージ 5
やはり純和食レストランだ、格が違う、これじゃ回転寿司が喰えなくなるゥ〜!
孤独に耐えて震えている犬や猫を知ったら落ち着かない。
ドライブ趣味で野山を駆け回るが
道端で衰えた野良犬を診たらもう通過できない。
車には野良ネコ用野良犬用の缶詰を常備している。
大体1ダースが一年で無くなるから役にたっているんだ。
360億年の宇宙時間軸の中で
たった100年しか活きれない人生で
たまたますれ違ってしまう命同志
人間の命のほうが大切という価値観は納得できない。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

なんとか手探り

新年になって、ボウリング場で逢う仲間は
新年おめでとうございます…ばかり
長生きして何が目出度いんじゃという疑問から
どうも無責任におめでとうと吐けない。
あ、今年もよろしくお願いします…が精いっぱい
いいなァ、何の理念もなく常識の枠の中で
素直に喜べる人たち…。
 
喜べないのは初投げのスコア
今年も、新しいコンディション
(レーンは二か月ごとに油パターンが変えられる)
に、いきなり戸惑った。
なんと、18m×1mのレーンががらり変わって
左右の油膜無し幅が30cmに拡げられていた。
常にレーンの端を走らせる我がパターンでは
フックが効きすぎてポケットに入らない。
一投目で愕然とした、全部左に曲がり過ぎるのだ。
手探りに苦闘した1ゲーム目は散々!
イメージ 1
新年早々、鎮痛剤で抑えた腰痛の顔色をうかがいながらの暴投だった
だから今回公表のスコアブックは2ゲーム目から…
修正が上手くいって何とか200前後で初投げは終了
この癖の悪いパターンは2月いっぱい続く
やっとパターンを征服したころに、また次のパターン
いつまでも挑戦の連続だァ
 
ロボリスト(手に嵌める金属の手袋)を新しく買った
14,000円のこれも、貧民には道楽が過ぎる。
そのうえ、20,000円の新しいボールも欲しくなっている。
もう8個を超えている、無茶な話だ。
俺の生活に、そんな散財が赦されるのだろうか?
腕の粗末を棚に上げて、ロボリストに因縁を付けたり
ボウルが悪いと因縁をつける。
幸い、唯一の運動と大目に見てくれるあいつが買ってくれるから
好き放題の我儘を展開している。
幸せな新年なのかな?
おめでとうございます?

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

今日は大切な用事で…と言うときは
3時間前を照準に鎮痛薬を飲む
特にボウリング大会の日の午前中は大騒ぎだ。
さすがに、今から温泉行脚という日は
湯に入ったら腰痛は消えるので飲まない
イメージ 1
讃岐の行きつけのうどん屋に、数軒にしかない「わかめ練り込みうどん」が在る、
さいわい、確実に効く市販薬を見つけてるので
二日置きくらいには愛用している。
その劇薬は「コ……ス」というが、
信じると効くモンだ。
イメージ 2
まず、風味がいい。出汁もイリコ出汁でノリは中級だがオール海産風味だ。
整形科から処方されている常備薬ロキソニンは
効いてるのかスカなのかどうもはっきりしない。
念のため、コ…と併用はしない。
最近は、薬スーパー薬棚で
新しい鎮痛薬を探すのが密かな趣味になっている。
成分表を診ただけで、おおよその正体は解る。
鎮痛関連は薬剤師より詳しいかも…
ヤダやだ、そんな歳になっちもうた。
イメージ 3
育ちのいいお上品なお坊ちゃんはいつも小だけ、これで満腹なのだァ〜
さいわい、この冬は未だ風邪に見舞われていない。
昨年の高齢者予防注射が今年も効いてるらしい。
暮れに、ちと喉がかりかりして咳に襲われた。
やばいッ!
この歳で肺炎にでもなったら終わりじゃ…
二年前のちと古い咳常備薬を含んで猫と横になる
二日間怪しかったが、なんとか追い払った。
イメージ 4
この一口のために、高速片道80分を奔るのだ、喰い意地のプロじゃ〜
中途半端な風邪症状で
風邪薬を飲んだ途端、症状が重くなったという
変な経験を何度かしてるので
風邪薬だけはやたら頼れない。
一度玉子酒というのをブランデーでやって
悪酔いをした経験があるので
もう大昔の庶民処方は忘れたことにしている。
あれは、呑み助の口実だったのかも…
どうか、今年も風邪を近寄らせないで済むように。
イメージ 5
あいつは、相変わらず釜揚げ一辺倒、
普通のうどん屋ではカマアゲは時間がかかる、
短気なお坊ちゃんはいつも待たされ巻き沿え被害者だ

いや、結婚詐欺にかかって以来、40数年間の生活すべてで被害者じゃ。

テレビのインタビューで、夫婦円満の秘訣は…?
なんて場面があるが、そんな時は、口には出せないけど
偏に旦那の方のひたすら耐えてきた結果です…と絶叫している。

この記事に

開く コメント(4)

コヒー専門店出現

大通りに「コメダ」珈琲店というのが昨年夏に出現した。
気にはなっていたが、横目でにらんで通過するだけだった。
やっと、飛び込んでみた。
看板に珈琲…と謳ってるんだから
きっと美味いコーヒーを出してくれる。
イメージ 1
メニューを探ったら、ブレンドコーヒーしかない。
店員に問い質すと、これだけです…と涼しい顔
嫌な予感がしたが、今さら逃げ出せない。
イメージ 2
コヒー嫌いのあいつはわれ関せず…でさっさとマイメニュー
この店で一番高いコーヒーを出せと要求するつもりだった。
内心、ブルーマウンテンでも3000円くらいだろうと覚悟してたのに
ブレンド一種だけって、どういう店だい。
イメージ 3
しかたなく、サンドイッチを注文
なんと、出てきたサンドイッチのぶ厚いこと、
どうやって喰うんじゃい!
顎を外さにゃ喰い付けないがね。
不機嫌になった。
イメージ 4
ドキドキしながら出てきたコーヒーにミルク
口に持ってきても安っぽいコーヒーの匂いだけ
400円ならこんなモンか。
イメージ 5
サラダをフォークで喰えという。
こんなのを、どうやって口に入れるんじゃ。
箸は無いのかいッ!
俺は、マックなどのあの、
おおよそ喰える大きさじゃないハンバーガーに腹が立つ。
どうやって齧り付けというんじゃい。
人間工学的に余りに無茶な形状
 
専門店だと想ったのに、ブレンドだけなんて
本物のブルーマウンテンを飲ませる店は無いのかい。
スーパーのブルーマウンテンはどうも怪しいし、
高松まで豆を仕入れに行っても怪しい。
なかなか遭遇できない憧れのブルマンなのだ。

この記事に

開く コメント(6)

今年3回目の温泉

今年は、温泉三昧の新年だった。
3回目は、今のところこれまでで一番と信じる
讃岐の環温泉に決めた。
ここの湯は、これまでで最もぬるぬるの濃い湯質である。
この湯の中に割り箸を立てたら倒れない…濃さである。
この湯に浸かって腰痛を癒す。
片道2時間の価値はある
帰路は、定番の讃岐うどんである。
うどんを探してるうちにふと、延命院の蝋梅を想いだした。
もう咲いてるだろう…と足を延ばした。
イメージ 1
 延命院、延命寺等 似たような名前の寺院は四国のいたる所に散在する。
イメージ 2
この鐘楼を背景にするのも、ここでは定番だった。
イメージ 3
190mmマクロを差し替えて、標準ズームで手抜き徘徊だった
イメージ 4
順光に近い光で、なんとか透ける花弁を…
イメージ 5
山門を背景に…
イメージ 6
蝋梅は、逆光では透け過ぎるから絞り加減が難しい。
イメージ 7
春の遣い、綿毛を逆光で…、定番すぎたかなァ
イメージ 8
神頼みで、賽銭を投げて神と幸運の取引をしたのだろう、そんなので一喜一憂かい
イメージ 9
未だ早かった、数十本の蝋梅の中、咲いてるのはここだけだった。
イメージ 10
初詣の混雑が終わった境内はひっそりとしていた。
帰路は定番の「わかめ練り込みうどん」と洒落た。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事