喰い意地親父の放浪記だ〜

伊予のタヌキ・野太鼓・うらなりに囲まれての筋論はムジナの耳に念仏だにゃ〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全362ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

このブログはアドレスが変更になりました。
申し訳ありませんが下記アドレスを開いて
再ブックマークをお願いします。
 
 
選挙結果は判り切っていたけど、
速報を伝えるテレビで、どこかが自民不振と報告していないかと探し回ったがね。
また始まる利権べったりの自己中議員の闊歩する唯物政治。
大型補正で公共事業を展開し、景気回復…だって。
無い袖は振れない筈だけど、福祉を削るのか、借金を増やすのか…。
公共事業と言えば、利権議員の蜜壷じゃがね。
これだけ予算を分捕ったから、20%キックバックよろしく…なんて図がまた復活するんじゃねェ。
職権だからいいけど。
そのくらいの旨味がないと議員なんてやってられないがねェ。
当選議員は、これで懐が温まるとほくそ笑んでるでしょう。
ま、そのくらいの悪代官振りは赦す!
早く景気を何とかせいッ!
あの理想論ばかりブッていた青二才たちにはもう沢山じゃ。
イメージ 1
在庫放出じゃ〜。
名古屋観光に行った時の名残。
養老の滝…とか言うのを訪問した。
この水源が養老の滝じゃがね。
ここから、この上流の谷あいだから
おおかた地球半周くらい歩かされたがね。
半分は諦めて引き返したという。
私も何度も躊躇してゼーゼー、途中の売店の標識を診たらここから滝壺まで1.2kmとあった。
がっくり、ほんと止めようかと想った。
ガイドの説明に騙されたと、帰路のバスで大ブーイングじゃったがね。
イメージ 2
死ぬ気でやっと辿り着いた滝だった。
酒の匂いぷんぷんで、(疑義却下!)
もう足が震えて、手持ちじゃとてもスローシャッターが切れず、
展望柵に載せてやっと撮ったがね。
 
ほうほうの体でバスまで帰りついて、後悔したがね。
滝の水をペットボトルに詰め込んで、帰路はバスの中で乾杯じゃと目論んでいたのに、
空に近いペットボトルをじさんして上の滝壺まで入ったのに
養老の滝の水を汲みとって帰るのを忘れていた。
 
夢物語の公約はもういいから、とにかく景気回復を本気でやってくれ。

この記事に

開く コメント(12)

終わったワぃ!

やっと今年のメインイベントは全部終わった。
今日は障がい者やボランティアが参加するわがサークルの36年目のクリスマス会で、多くのボランティアの協力で無事終了できた。ありがとう。
イメージ 1
手話での総合司会とビデオ撮り係で、
昨日の会場クリスマス飾り付けなど老体にはこたえたワぃ。
終わるころには立っていられなくて、とうとう鎮痛剤の世話になった。
イメージ 2
このクリスマス会が36年間も続いた魅力は、
午前午後二回開くビンゴゲームのその豪華な景品にある。
参加費は2500円、1000円がクリスマスバージョン弁当代
500円が菓子や飲み物、1000円がビンゴゲーム代なのだ。
電化製品が主役だが、チラシで特売があったら夏ころから買いこむ。
主宰者の宿命だ。
イメージ 3
小学3年生から福祉を勉強してきた中学生や介護福祉士が楽しみながらボランティアをする。
40年近く続いてる学生ボランティアサークルだから、その昔の教え子は、今は40過ぎのおばちゃんになっている。
昨年も緊急入院した時のカテーテル手術室の担当、病棟の看護婦の二人はかっての看護課高校の教え子だった。
イメージ 4
手話コーラスの発表は定番である。会場と一体になって楽しんでるところがいい。
イメージ 5
ゲームの参加賞や勝利賞も結構なものが貰える。真剣だ。
記録撮影しているカメラマンがいたずら者で、息をつめる場面で床を鳴らしたり、大きなくしゃみをしたりでブーイングの嵐であった。
イメージ 6
最後はかわいいサンタクロースが出現し、72歳以上の老人に豪華なプレゼントであった。
なぜ、72歳以上か、それは
総合司会者が自分の歳にあわせて獲得を狙ったものであった。
おしまいの挨拶で、また来年も元気に会いましょう…と、手話で挨拶しながら、おれ、来年生きておれるだろうかと、マジで考えていた。
惜しまれる人は早く死ぬというから…。(疑義却下!)

この記事に

開く コメント(2)

かみさんの親せき筋の法事で高松まで奔らされた。
単なるアッシー君で、届けたら後は
高松でお小遣いつき3時間の無罪放免。
キタムラで一脚を買い、PCデポでSSDの値下がり具合をチェック。
そして「わら屋」に入る。
ここはメジャーなうどん屋なので、土日は短気は近寄れないが、平日とてがらがら、懐は暖かいし、テンザルを注文したら、ザルと天婦羅は別注文という。
ザルは小、天婦羅は大とした。占めて1500円以上だが、値段もはっきり覚えていない。
イメージ 1
この土産物店の横から階段を下りる。
イメージ 2
ここは屋島の裾。
その斜面には四国村というわら屋根家屋を集めた伝統伝承村がある。
写真撮影のために昔数回歩いたが、けっこうな高低差があり、時間も無かったので今日はやめた。
イメージ 3
階段を降りると水車小屋、ゴトンごとんと効果音まで演出されている。
まさか、ホントにうどん粉をひいているんじゃなかろうが。
イメージ 4
メインのメニューは玄関横に展示してある。
イメージ 5
例によって、出汁椀にはネギてんこ盛りだ。
イメージ 6
ネギに埋もれたうどんが美味い。
イメージ 7
ちと喰い過ぎた。
いや、ネギじゃなくて、天婦羅の量が多すぎた。
ここの出汁は最高!イリコが良く効いている。
少し塩分の多い夏場はもっと旨い。
久しぶりに解放されて3時間を楽しんだ。

この記事に

開く コメント(8)

遅れに遅れてやっと…

今日は、やっと時間が取れたので、ホームセンターでコンパネを二枚、設計図通りに切ってもらって、発泡スチロールの箱、ペットヒーターも二枚買って明後日、野良猫用のマンション作りです。
明日はあいつが役所の代休を取ったので、高松の親戚に連れて行けとアッシー君の厳命。
野良猫を救うためなら断れない。
すでに玄関外に2部屋あるのですが、もう二部屋造ってやる。
外猫が3匹居着いて朝晩、餌をねだりに来るのだ。
猫の世界で噂になって大量に押し寄せないことを祈る毎日ですらい。
あの粉雪の中、さ迷ってると想ったら心が痛んで寝れんがね。
あの自己中で傲慢な男が、弱くなったなもんじゃ、
鬼の冷たい視線を背中に感じながら、そんな自分が情けない。
ペットヒーターなど都合14,000円、飛んだがね。
恐る恐る領収証を出して補完して貰わねばお小遣いが亡くなる。
あなたが勝手にやったんでしょ、知らん…て突っぱねられたら今年は年が越せない。
それだけあったら、マリンちゃんに10万円くらいにはして貰えたかも。
そうじゃ、鰻重3杯は喰える。
逆に言ったら、しばらくは鰻重を言い出すのがはばかれる。
怖いんだから…。
あ〜ァ、弱い男の典型じゃがね。
阿讃の風さん、こんな男になったらおしまいですよォ〜。
 
 
毎年、年賀状は12月頭には完成していたのに、パソコンがパンクしたうえに Win8での予想外の苦闘もあって、
今年はなぜか忙しくて今日、やっと年賀状が完成しました。
常識の枠からしか診れない人には抵抗があるかもしれませんが、ご容赦ください、常識を知らぬ我が家の年賀状はこれが定番。
常識の枠内で、形だけの年賀状は名前だけ読んで左から右へ素通りじゃがね、
私の年賀状だけは、うっかり眼が止まって読んで後悔しまくり…って考えただけで悪戯小僧の心が躍るわぃ。
ご主人様のお気に召すように気を使ってこんな形に定着しました。
これを福祉関係や親せき筋に250枚配るんだから、迷惑をばら撒いてるのかも。年1回の冷笑、承知の上です。
 
イメージ 1
 
すっかり刷り終わってから、しもた…と反省した個所が。
年号のところ、2013年はいいのですが、その上の空白に
紀元2672年と入れればよかったと気付いたのです。
早速、来年用の台紙に紀元年数を入れておきました。
紀元年数は、私はなぜかすぐに判るのです。
それは、ヒミツ。
来年があるかどうか、1月21日は地球の裏側の先人たちが予言した地球大異変の日とか、あっさり大隕石衝突とか有ればいいのに…。
みんなで死ねば怖くないがね。
これ以上、老醜を晒すのはいかがなものかと、反省しきりです。
 
さっき作ったハイボール、ちとブランデーが多すぎたかなと想った通り見事に地球が回ってるがね、自転してるんじゃねェ。
まだ半分しか飲んでいないのに、
全部飲んだら気分がでかくなって、今日はあいつにグダ撒くかも、
やめよう、後は怖いから、.これ以上キーを打ったら、何を言い出すか、皆様の安泰のためにボードを倒します。
ウぃ…。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
忘れてませんかァ〜、
「私の秋色」募集中ですよ〜!
締切は12月31日大晦日ッ!
もう在庫フォルダーは真っ赤っかでしょ、
なるべく絵葉書にならないような、主張の在る赤を応募してください。
一人2点まで、応募多数の場合は独断と偏見で1点だけアップします。
北国の紅葉と雪なんて南国では享けますよ。
 
発表は正月2日の予定です。
お屠蘇気分でやんのやんの言ってください。
初感動もいい、発悪口もいい、笑ってこらえてェ〜。
 
イメージ 2
噛ませ犬で〜す。
これほど甘いピンでブラせる勇気は皆さんには無いでしょう。

この記事に

開く コメント(10)

全362ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事