ここから本文です
Oherense

書庫全体表示

ボランティア

この週末、特に用事もなかったので、福島県いわき市に行ってきました。
 
いわき。
1度だけ行ったことがあります。
いつだったか。
中学校3年生か、いや、高2…、思い出した!高1だぁ。
 
いわきこういち
 
本当は大学4年の時にスズキの名車「刀1100←×750でした」に乗って仙台から海岸線南下の旅に出た時に寄っただけです。
 
 
 
ボランティアに行こうと決めて、ネットで情報を集めて、だんだんアプローチの仕方が分かってきました。
 
まず、区市町村の福祉協議会に行って、ボランティア保険に入ります。
私の市では最寄り駅近くにありました。
年間(4月〜3月)で490円か720円。差は補償金額の違いです。
自分で怪我をした時だけではなく、誰かを傷つけた時とか、被災者の物を壊しちゃったとか。
 
この福祉協議会にボランティアセンターがあり、基地となっているようです。
私の市では何もしていませんが、被災地向けにバスを出したりしている市町村もあります。旅行社が主催してバスを出していたり、NPOが主催したり。
自分一人で行くより安いし、楽だし。
 
 
それから、いわきの福祉協議会内のボランティアセンターに問い合わせました。
いわきは、スコップも軍手も、ヘルメットも何でもありました。水も飴もくれました。
全部用意して行きましたが、昼の弁当と水だけで大丈夫でした。
 
ボランティアセンターで、仕事の割り当てを決めます。
瓦礫の撤去に男何名、女何名、現地までの車を提供出来る人何名。家の中の泥掃除に何名とか。
この時は立候補制でした。
 
一番最初のやつに手を上げました。選んでいるうちに失業してもなんなんで、
海岸の、個人宅の、家具などを移動して、室内外の清掃作業でした。
 
実家がいわきのしげちゃんに、なんていう所って訊かれたんですが、そういえば、なんていう所か聞いてなかったし、なんていうお宅かも気にしてなかった
何処の誰んちにいったんだろう?
 
一緒に作業したのは、石川から600km走ってきた20代後半の男性、山梨の60代の夫婦、横浜の20代と30代の男性コンビ、いわきのライブハウスに行く前に作業しにきた川崎の20代の女子。みんな何回も参加してるそうです。
彼らにいろいろ教わりながら、作業をしました。
 
 
行き帰りの高速道路がタダになります。
行きは知りませんでしたが、帰りはいわきの合同庁舎内で手続きをし、申請用紙をもらい、三郷の料金所で提出しました。料金所では名前と電話番号を記入しました。
用紙は、いわき市役所に返送しました。
 
ゲートで「お疲れ様、ありがとう」と云われた時は、疲れが飛んだな〜。
思わず料金を3倍払いそうになりました。うそですけど。
申請の時は車検証が要ります。バイクだったので、それに準じた書類を出しました。
 
 
 
来週は、母親が来て、家の近くで映画の岳を観せて、その足で檜枝岐にいって、オサバ草を見に、帝釈山〜花の百名山田代山を歩く予定です

この記事に

  • 顔アイコン

    ボランティア活動,お疲れさまです。

    週末はまたまた仕事が入っていて,なかなか釣りにもいけないでいます。
    こちらの分も楽しんできてくだされ。 削除

    [ zoshigaya888 ]

    2011/6/22(水) 午後 6:16

    返信する
  • 顔アイコン

    この前の講演、面白かったよ。
    今週末は天気が悪そうだけど、花は“旬”ど真ん中っぽいです。
    しげちゃんとてっちゃんも参加です。いってきます。

    jajamen888

    2011/6/23(木) 午前 9:54

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事