じゃじゃ馬 日記

じゃじゃうマンの喜怒哀楽 「晴れ時々曇り ところにより一時にわか雨が降るでしょう」

全体表示

[ リスト ]

ワールドカップ真っ盛りですね。

日本代表が予選リーグを通過して、決勝トーナメント進出を決めました。
日本国民としては嬉しいですよね。

でも、その「決め方」について、いろいろと騒がれているみたいですけど…。
それについて、個人的意見を述べたいと思います。
当初は黙っていようと思っていましたが、あまりにも雑音が聞こえてくるので…。



確かに、観ている側からしたら、「面白いか?」「面白くないか?」は各々の価値観があるので、それについて物申すつもりはありません。
とくにお金を払って現地で応援観戦している人からしてみたら、ご機嫌斜めの気持ちも理解できないわけではありません。

しかし。
しかしですよ。
彼らは、そして日本代表というチームは、上を目指して戦っているわけで、そのためにはまずグループリーグを突破しなければならなく、そのための選択をしたわけです。

育成年代ではなく、彼らはプロであり、結果が全ての世界で常に生きています。
結果として、とりあえず決勝トーナメントに進出できたのであれば、『何を咎める必要があるのでしょうか???』と自分は思います。

ワールドカップというのは、「美しく勝つ」ことよりも、『勝つことが美しい』世界だと自分は思っています。

「正々堂々と」は、日本特有の言葉であり、日本特有の美徳です。
その全てを否定するつもりはありませんが、場面によっては良し悪しがあります。
昔からサッカーの世界では、『日本人はズル賢さが足りない』と言われ続けてきました。
いわゆるブラジルの「マリーシア」の部分です。
「ズル賢い」という言葉は、日本ではあまり良いイメージがなく、=「卑怯」と捉えられがちですが、国の文化によっては『知性』と称賛されることもあります。
逆に日本文化に深く根付いた「正々堂々と」は、国の文化によっては『馬鹿』との悪評を受けることもあります。

日本の歴史的観点でみれば、お侍さんの時代に、海外から攻めてきた外国人に対して、
「やーやー我こそは、○○の国、△△なるぞ!」
と、言葉も分からない敵を相手に、わざわざご丁寧に自己紹介をした上で刀を抜くわけですよ…。
そんな自己紹介の間に、何を言っているのか分からない敵は、銃で「バババババーン!」。
日本人→「卑怯なり…」バタン…。

アホか!っちゅう話ですよね。

もちろん、戦争にはルールがなく、サッカーにはルールがある。
という違いはありますが、今回の日本代表は決してルールを破ったわけではありません。
「美徳」ではなく、『結果』を求めて戦っているわけです。

それを批判する人は、本当の意味での「勝負の世界」を知らない人か、
または「魅力がないのなら勝ち上がるべきではない」という価値観の人なのだと思います。
でもそれを決めるのは、JFAや西野さんです。

今後の戦い方(決勝トーナメント)でも、必ずメディアのノイズが発生しそうなので、前以て言いたいのですが…。

格上相手に真っ向勝負を挑めば、負ける可能性が絶対的に高くなります。
↑これを言うと、『なんで始めから格上相手とか言うんやて!その時点で負けとるんやて!』みたいな精神論を唱える人が必ず出てくるとは思うんですけど…、いやいや、そういうことじゃなくて…と自分は思います。

でも勝つためにはどうするのか?を当然考えるわけです。
西野さんがどうするのかは、自分ごときには分かりません。

だけど少なからず自分が思うのは、サッカーというスポーツで格上相手に勝つためには、「いかに相手の良さを消し、そのためにどう守り、我慢しながら、耐えながら、その中でいかに自分達のストロングポイントを出すのか?」
これに尽きると思っています。
そして精神論が必要なのは、この部分だと思います。
そして勝つためには、ポリシーを捨てなければならないこともあります。
あくまでも持論ですが。

それが観ている側には、もしかしたら退屈かもしれません。
局面だけ切り取って、「攻撃」にしかサッカーの魅力を感じられない人にとってはそうかもしれません。

でもサッカーって、そういうスポーツではないというか…、結果を求めるのであれば…。

もちろんチームの監督さん、それぞれの理想はあるし、美徳はあるでしょう。
美徳を遵守しながら勝てるのが一番の理想ではあります。
しかし相手あってのサッカーですから、格上相手にそんな上手いこといかないですよ。
攻守両面、表裏一体ですから。
格下相手なら、理想だけで押し通すことが可能ですけどね。

相手の力を認めたうえで、でも勝つためにどう戦うのか?
それを決めるのは西野さん。
正しいとか、間違っているとか、そういう話じゃない。
監督は西野さん。

ガンバレニッポン!

この記事に


.


みんなの更新記事