じゃじゃ馬 日記

じゃじゃうマンの喜怒哀楽 「晴れ時々曇り ところにより一時にわか雨が降るでしょう」

全体表示

[ リスト ]

本日の最終節をもって2018年度G1リーグは、残念ながら9位という成績で終えました。

昨年度までのレギュレーションであれば、G1リーグ10チームの下位2チームがG2に自動降格でした。
またG2リーグの上位2チームが自動昇格。ただし、G1にAチームが所属しているG2所属のBチームは、上位2チームに入ったとしても昇格できず、その次の順位のチームが繰り上げで自動昇格できることになっていました。(←これは変わらない)
※同組織から複数チームを参加させている場合は、同じリーグにA.B(またはC)が所属できないルールがあるため。(勝敗操作を行えないようにするため)

文章にするとややこしいですね…。
でもここから先がもっとややこしくなるので、興味がない人は読まないほうが良いと思います。

本題に入ります。

今年からの変更点としては、G2リーグ5位以下のチームが繰り上げで昇格対象となった場合は、G1降格対象チームと入替戦が行われることになりました。
今年でいえば、岐阜高専がG2優勝ですので入替戦なしの自動昇格。
それと同時にG1最下位の大垣西が自動降格。
G2の2〜4位が、G1所属のBチームであったため5位の岐阜高校が繰り上げで昇格対象になる可能性があります。その場合は入替戦となります。
でも可能性であり確定ではありません。
というのは、G1優勝の中京がプリンス東海に昇格する可能性もあるからです。もし昇格した場合は、中京BがG2リーグ4位以内であるため自動昇格となります。
したがって岐阜高校も中京がプリンス東海に昇格するか否かで左右されることになります。

次はは上からの降格の話です。
プリンス東海は残り3節を残していますが、FC岐阜が現在降格圏内にいます。(帝京大可児は残留かと)
もしFC岐阜がプリンス東海から降格となると、G1から3チームがG2への降格対象となります。
しかしFC岐阜がプリンス東海の降格圏内にいたとしても、そのリーグ上位の静岡学園などがプレミアリーグに昇格となるとこれまた話が変わってきて、降格しない可能性も出てきます。
さらには、プレミアリーグでジュビロ磐田が現在微妙な順位にいます。
名古屋グランパスと清水エスパルスはプレミアリーグに残留するかと思われますが、ジュビロ磐田がプリンス東海に降格した場合、これまたそれに影響されることになります。
プレミアリーグへの挑戦権(参入戦)は、プリンスの上位2チームであるため、浜松開誠館・JFAアカデミー福島・清水桜が丘にも可能性があります。



まとめます。
とても複雑ですが、メジェールがG1に残留できる条件は、

1、FC岐阜がプリンス東海に残留する。
2、中京がプリンス東海に昇格できずG1にとどまる。

↓上記2つの条件が重なった場合

3、岐阜高校との入替戦となり、それに勝利する。


様々なパターンを考えましたが、これしかない気がします。他にあるのかなぁ?
もしあったら誰か教えてください。

この記事に


.


みんなの更新記事