じゃじゃ馬 日記

じゃじゃうマンの喜怒哀楽 「晴れ時々曇り ところにより一時にわか雨が降るでしょう」

全体表示

[ リスト ]

矛盾の重要性 ケータイ投稿記事

『矛盾』。
受け止め方がとても難しい言葉だと思います。

多くの場面で「言ってることと、やってることが『矛盾』してるんだよ!バカヤロー!」って遣われますよね?
もちろんそれは正当な使い方だと。


侵入角度を変えますね。

『俺達にボールを持たせたら最強だぜ。なぜなら相手にボールを触られることなく、相手ゴールに運び入れることができるからさ。』
という、AとBの2チーム。

逆に、『俺達が守備をしたら最強だぜ。なぜなら相手に絶対にゴールさせないことができるからさ。』
という、CとDの2チーム。

ここでは、考え方でいう2チームではなく、4チームが必要です。

この4チームでリーグ戦を行ったらどのような結果になるでしょう?
さて、検証してみましょう。


【A vs B】
キックオフにアドバンテージがあって、得点後に相手キックオフがある。
終了ホイッスルのタイミングで勝敗が着くかもしれないけど、同点引き分けの可能性も高い。

【C vs D】
互いに失点しないから「0-0」で同点引き分け。

【A vs C】【B vs D】
(【A vs D】【B vs C】も同じこと)
これはもう『矛盾』ってやつ。

このように考えるとリーグ戦では、勝ち点の重要性の意味では、終了ホイッスルのタイミングによっては、オフェンス重視のABが有利な気もする。



では次はリーグ戦ではなく、トーナメントで検証してみましょう。

矛盾が発生する時点で検証しようもありませんが、CDが無失点に抑えられたならPK戦に持ち込める可能性があります。
しかしABがCD相手にも得点できたなら、ABが勝利します。

このように考えるとトーナメント戦でも、オフェンス重視のABの方が有利な気もします。



でもこれは完全なる極論で、ここで自分が言いたいのは、どっちを目指すとか、そういう話ではないです。

目指すのは『矛盾』です。

ABとCDの両方を持てば、勝てる確率は上がり、負けることもない。



『そんなことは分かってる。だけど育成年代では!』という指導者の方もたくさんみえると思いますが…。

年齢を重ねる毎に、習慣が癖になり(曲になりかな?)ユース年代になった頃には…それはなかなか抜けないです。
頭が器用な選手は良いんですけどね…。

20代後半〜30代の人に、『ここまで来たら、あの人の性格はもう変わらんよね…』ってことと同じです。
何かしら強制的な力が働いた時は別ですけど…。
世代設定は違いますけど、プレーの癖で言うならそういう年代です。

思考力や判断力を司る前頭葉が、一般的に最も発育すると言われる5才が本当だとするなら尚更のこと。

攻守両面において初めから教えていくべきだと考えます。
サッカーというスポーツの本質を考えた時に、『「攻」と「守」のどちらが大事?』とか、その議論をすることさえバカ馬鹿しいと…。
自分はそう考えます。

『俺はこっちの方が好きだ』とか、もちろんそういうのはあると思うけど、だからと言って「俺にはあっちは必要ない」とはならない。
指導者が、そうさせてはいけない。

と、個人的にそう思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事