じゃじゃ馬 日記

じゃじゃうマンの喜怒哀楽 「晴れ時々曇り ところにより一時にわか雨が降るでしょう」

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全246ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ボールを扱う技術 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

選手:今日はなんか調子悪いわ〜

↑これ、たまに聞こえてきますが、結構真面目にイラっとします。
イライラバロメーターの針が振りきれるところまではいかないですが、軽くアクセル空ぶかし。
ギアはニュートラルで我慢。
ここ数年でいろいろな我慢を覚え始めました。

こんにちは。
我慢が遅咲きデビューのじゃじゃうマンです。
大器晩成型のため、ゆっくり成長中です。
長い目で温かく見守って頂けたらと思います。



さて…。

「調子」という言葉は、様々な場面や意味合いで使われますが…。

基本的には『技術に調子はない』と自分は思っています。

自転車に乗って運転をするのも、箸を使って食事をするのも技術です。

「今日は調子が悪いから、自転車に乗れない…」とはなりませんよね?
「今日は調子が悪いから箸が使えない…」とはなりませんよね?

だから『技術に調子はない』と思っています。
※「クラムジー」が起きたときは別の話になりますが、ここでは置いておきます。


ちなみに…。
自転車に乗るとき緊張しますか?
箸を使うとき緊張しますか?

しませんよね?

それはなぜですか?

自転車に乗るときに緊張したのは、幼い頃に後輪の補助輪を外したばかりの頃ではないでしょうか?
緊張するってことは、技術的にまだその状態にあるってことだと思います。
習得できているわけではなく、習得し始めている状態。

習得していない→下手くそ
習得した→普通
洗練された→上手

自分が選手に言う「下手くそ」は、形容詞としてその状態を表しているものであり、決してその選手を否定しているわけではありません。

『自分では出来ていると思っている』と思い込んでいる選手が意外にも多いと感じています。
それを「ポジティブ思考」とは捉えられません。それはただのおタワケさんです。
だから誰かが言ってあげないとアカン。
自己評価と客観的監督評価のズレを埋め、「もっと磨く!」となるのがポジティブ思考だと思います。



話が少し逸れました。

『技術に調子はない』としたうえで、唯一関係があるとするなら、それは『脳』だと思います。
技術は判断の一部だと自分は考えています。

ボールを扱う技術の動作や力加減、そしてそのタイミングは全て、『脳』から指令が出されているからです。

どのような角度で?
どれくらいの力加減(または脱力感)で?
どのタイミングで?

このように考えると技術は判断力に大きく影響していると考えられます。

そして極論ですが。
例えば自然な目覚めではなく、深い眠りから目覚まし時計で強制的に起こされたとき、その瞬間から何か繊細さを伴う技術を発揮するのは難しいと思います。
それは脳が活性化されていない状態にあり、判断力が低下しているからだと思います。
(自分は脳神経外科医ではないので、正確なことは分かりませんが…)



技術が洗練されていて、脳が活性化している状態であれば、緊張することなくボールを扱えると思います。



今日はここまで。

本音 ケータイ投稿記事

イメージ 1

U-13の遠征で飛騨古川に来ています。

滋賀のFC湖東。
やっぱり巧かった。

初めて対戦したのは、ジュニアユース1期生が長野のフェスティバルに参加したとき。
巧い!って思った。

普段から交流のあるチームではないので、今日久しぶりに対戦したわけなんだけど、やっぱり巧かった。
U-15の完成形であの巧さだと思ってたら、U-13の時点ですでに巧かった。

何か一つのことに特化して、その何か一つのことだけは巧いチームはよく見かけるんだけど、FC湖東の選手はいろいろ巧い。

足元の技術はもちろん、ドリブルで相手の逆を取ることも巧いし、パスで相手の逆を取るのも巧い。
ポジショニングも巧いし、そのタイミングも巧い。
相手の嫌がることを、U-13のまだ5月初旬というこの時期に、すでに分かってる。
とにかく、時間の操作が巧い。
ドリブルも、パスも、アクションのタイミングも。

すごい!って純粋に思う。

守備でもプレスが速いし、球際でもタイトに来るし、うちの選手が何を考えて何をしようとしているのか、全てを見透かされているようだった。

サッカーの本質みたいなものを、理論で意識付けしているのではなく、すでに感覚として身に付けているように感じた。
仮に身体能力の差があったとしても、勝利に導ける夢のあるサッカーだと思う。

そういったことをジュニア年代ですでに身に付けていることは尊敬に値し、自分自身ももっと勉強しなければならないと感じると共に、岐阜のジュニア年代のレベルの低さを痛感させられる。

それが今日の本音です。

今回の遠征は大会である以上、勝利にこだわり、勝負事に対する執着心を選手達に植え付けたい想いもあって、ストロングポイントを生かして勝利させていますが…、100%湖東の選手のほうが巧かった。

それが今日の本音です。

。敗戦 ケータイ投稿記事

イメージ 1

トイレの便座に座ったら急にオナラがしたくなって、瞬時に思い付いたのが「ウォッシュレットを当てながらオナラをしたらどうなるのか?」という実験。

いや、これは勝負だ。



こんばんは。
じゃじゃうマンです。


空砲の風圧vs水圧

水圧を弾き返す意気込みで挑んだが…。


結果は負け。
悔しい敗戦となった。


ウォッシュレットの水圧はMAX設定で勝負した。

でもそれを言い訳にしたくない。

戦い方を失敗しただけだ。
次回は戦い方を工夫する。
水圧を受ける角度を変えることで、大きな力も受け流すことができるはずだ。

しかし相手の圧を受け流すだけでは勝利とは言えない。
問題は水の発射口にこちらの風をどのようにして送り込むのか?

勝利する方法は必ずあるはずだ。

答えは分からないけど答えを探す。

だって、次は負けたくねぇもん。



今日はここまで。

。初 ケータイ投稿記事

イメージ 1

自動車学校で初めて車を運転するとき、「半クラ」と教官に指示されたので、「プッ」と軽くクラクションを鳴らしました。

『ちょっと大きかったかなぁ…?』と思いつつ、「半分ってこれくらいですか?」と教官の顔を覗きこんだら…。

互いに無言のまま見つめ合った、あのほんの少しの時間が今でも忘れられません。


こんばんは。
じゃじゃうマンです。

知識や経験が浅いことで、失敗したり間違えてしまうことは誰にでもあると思います。

今日から新U-16と新U-13の新入団選手が、正式にチームに合流しました。
期待と不安が交錯する中での緊張した面持ちが印象的でした。
まだチームの細かいルールなど、分からないことはたくさんあると思います。
少しずつ覚えていってくれたらと思います。

もし分からないことがあれば気軽に聞いてください。
「自分で考えろ」と答えます。
「なんで聞かなかったんや?」と言うときもあります。

決してふざけているわけではなくて、そういったやりとりの先に、「自身で考えるべきこと」と「聞くべきこと」の分別が付くようになっていくと考えています。

人生は「チャレンジ&エラー」の繰り返しです。

時には矛盾や理不尽に感じることがあるかもしれませんが、それをソフト?に与えながら所属選手を成長させていきたいと考えています。

慣れない頃は、何かを間違えたりするもの。
そういうものです。



今日はここまで。

。鬼 ケータイ投稿記事

イメージ 1

中学生のときに「あなたのためを思って!先生は心を鬼にして言ってるの!!」と言われ、
「じゃあ自分は桃太郎ですね」と言ったらブチギレられたことがあります。


こんにちは。
じゃじゃうマンです。

きっと桃太郎から連想される「鬼退治」というスタンスが気に入らなかったのでしょうね…。
先生の比喩に対して比喩表現で返そうとした結果、事故が起きてしまいました。

若い女の先生だったので、とても感情的になっていました。
正しく「鬼の形相」。
『先生…心だけでなくなってますよ…。』
ちなみに豆は投げていません。

女性は感情的になって怒るとき、なぜ涙を流しながら怒るのでしょうか?
とても不思議です。
笑いすぎで涙が出ることもありますので、そう考えると「喜怒哀楽」の全てに「涙」が当てはまることになります。
感情が高ぶっている証拠だと捉えることもできますが…。

そんな「なんで?」「どうして?」が頭の中で始まると、相手の話が入ってこなくなり、真剣に話を聞いていないとして余計に怒られた経験がたくさんあります。


随分と話が逸れてしまいました。
戻しますね。



そもそも「鬼」って、現実の世界に存在する(した)生き物なのでしょうか?
イメージするのは、「桃太郎」「節分」「男鹿のなまはげ」くらいでしょうか…。
あー!あと「鬼ごっこ」。

日本のことわざには、「鬼」を用いたものが意外にも多くあります。
・鬼の目にも涙
・鬼に金棒
・疑心暗鬼を生ず
・渡る世間に鬼はなし
・鬼嫁(これは違うか…)

他にもたくさんあると思いますが、それほど多く用いられるということは、古来より「鬼」の存在が認知されていたと考えられます。
しかしその在り方は、実在するものではなく『架空の生き物として心に存在している』という考え方のほうが正しい気がします。
諸説あるみたいですので、正確なことは分かりませんが…。

とはいえ、見たことも会ったこともない生き物を例えに出されても、いまいちピンと来ないのが正直なところです。

自分も選手達に、物事の例えとして何かを話すことがありますが、聞き手がピンと来る表現をしなければ意味がありません。
必ずしも例え話である必要はありませんが、心に響く言葉をより吟味しなければならないと最近つくづく感じています。
しかもそれは選手によっても異なってきます。

これが難しい…。
選手それぞれに伝えるって、本当に難しいですね…。

自分は指導者として話術が足りないと感じています。
選手の性格や思考力も踏まえた上で、上手な言葉選びができるようになりたいです。



今日はここまで。

全246ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事