函館・青柳町暮らし

2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいなどをお伝えするフォトエッセイです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2

裏の荒地では、いつの間にかふきのとうの季節は終わっていて、
今はつくしがニョキニョキと顔を出しています。
函館の人はあまり食べないみたいだけど、母がよく作ってくれた思い出の味。
成長して頭が開いてカサカサになってしまったのより、
キュッとしまったもののほうが美味しいので、選り分けて摘みます。

イメージ 3

はかまを取って、さっと塩ゆでして、水に一晩さらしてアク抜き。
こうして見ると、けっこう美しいんです。

イメージ 1

いちばん好きなのは卵とじ。
めんつゆで味がしみるまで煮て、油揚げを加えて、溶き卵でとじます。
かすかにほろ苦く、茎のシャキシャキと頭のほろほろがいいアクセント。
これが食べたくて、時間があればせっせと摘んでる感じです。

イメージ 4

もちろん、天ぷらもいけます。
忙しくしてるうちに、春の恵みもそろそろ終わりかな。今年もごちそうさまでした〜。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

子供の頃、よく採りました。
おばあちゃんが佃煮みたいにしてくれましたが、
なんでこんな苦いものが美味しいのか理解できませんでした。
今は、苦味も美味しいと感じますけど。

2016/4/12(火) 午前 9:43 [ - ]

顔アイコン

> gok*****さん
うちは、摘むのはおばあちゃんの仕事でした。
もうこんな料理作る人も少なくなってるんでしょうね。年取ったかなあ。

2016/4/13(水) 午前 2:05 [ jandmstation ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事