函館・青柳町暮らし

2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいなどをお伝えするフォトエッセイです。

全体表示

[ リスト ]

春のバル街、昼&夜

イメージ 2

函館の春秋のお楽しみ、西部地区バル街。
昨日はちょっと寒かったけど、がっつりまかなって(着込んで)出かけました。
まずは昼の部。午前中の取材仕事を終えて、昼ごはんがわりに14時からスタート。
①祐鮨の握り。とろけるようなネタににっこり。体調を考えて、なんとウーロン茶で。

イメージ 3

②ホテル、ラ・ジョリー元町のローストビーフ。これもとろけるわー。白ワインと。
いつも早々に完売してしまうので、今回初めて食べられました。
ここは、旅行で来てた頃に泊まったことのある旧「ホテルシエナ」、思い出の場所。

イメージ 4

一度家に帰って、パソコンに向かって仕事をしたあと、夕方から第2部に出発。
まずは、ご近所青柳町の新店を覗いてみました。
③旬鮮酒家 桜路の握り、から揚げ、チーズ。3種の日本酒から紀土の純米を。
古民家に靴を脱いで上がるのに、人がぎっしり。期待の高さを感じます。

イメージ 1

ベイエリアまで頑張って歩いて、こちらも新店。
④pippin0138の野菜が主役のプレート&ホットサングリア。
ギョウジャニンニクの豚レバーペーストや、ふきのとうのポテトサラダなど、
好みのメニューぞろい。野菜の美味しさを引き出したお料理が絶品です。

イメージ 5

十字街に戻って、19時近く。そろそろ夜のにぎわいの雰囲気。
⑤十字屋+備後屋+橋谷のおつまみボックスと、ベルギービール。
修道院黒ビールの炊き込みご飯、スモークドナッツ、オリーブと、絶妙トリオ。
ここで、友人知人にどっと出会い、楽しいおしゃべりを。
ここから日本酒講座仲間7人と合流して、わいわいと出かけることに。

イメージ 6

⑥坂の上まで一気に上がって、結婚式会場のセンティール・ラ・セゾン函館山へ。
スパイシーな牛ひき肉とチーズ入りトルティーヤと、赤ワイン。美味しくってペロリと。

イメージ 7

⑦五島軒で、ワインショップ和田さんのヴーヴクリコをなみなみとついでいただき、
改めて乾杯!

イメージ 8

おしるこで〆るという一行と別れて、友人と一緒に⑧想苑へ。
スモークおつまみプレートと赤ワイン。ジャズライブを聞きながら。
今回もいいバルでした。

イメージ 9

風邪のやみあがり&膝打撲のケガあがり(?)で、あまり遠くまで行けず、
今回はちょっとおとなしいバルだったかな。
松前のあそこも、友人がライブをやっていたビュッフェのあそこも、
夜景がロマンチックなホテルのあそこも、坂の上の旧領事館も……、
まだまだ行きたいところがいっぱいあったけど、また次回に。」
(写真はにぎわう十字屋、バル街らしい光景です

イメージ 10

ただ飲んで食べるだけなら、あっという間にまわり終わっちゃうけど、
街の雰囲気を感じ、パフォーマンスを楽しみ、人と出会いながら時間をすごす、
それがバル街の醍醐味かなと思います。(写真はセンティールで巴太鼓ライブ)
ということで、今回も参加できてよかった! ただ、これでも歩きすぎで、
なまっていた脚が夜中にけいれんを起こしたのにはびっくり。徐々に復帰します。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事