函館・青柳町暮らし

2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいなどをお伝えするフォトエッセイです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2

昨日はいろいろなイベントが重なって、どれも参加したくて迷いましたが、
日本酒大好き仲間と「のんべえバル」を極めることに。
本命のバル街に繰り出す前に、駅前のはこだてみらい館で開催されていた
日本酒ワークショップに参加して、広島の龍勢4種の冷・燗を飲み比べ。
18年ねかせたオールド龍勢、深い香りとこくにうならされます。

イメージ 3

さて、すっかり準備OK!という感じで、バル街へ。
まずは市電でどつく前までひとっとびして、弁天の隠れ蔵からスタートしました。
昔、質屋さんだったという蔵を改修したスペースで、なかなかいい雰囲気。
ただ今、入居店舗募集中だそうです。

イメージ 1

バルで特別出店していたのは、新函館北斗駅前の畑のレストランHuis(ゆい)。
なんと驚愕の10個入り卵ケースに、小さなハンバーガーや茶わん蒸し、
ライスコロッケ、ポテトサラダの生ハム包み、ピクルスなどがびっしり。
楽しくて美味しいピンチョスに、スパークリングワインで、乾杯〜♪

イメージ 4

2軒目に移動する途中、ロマロマのお隣に、アンティークな雰囲気の民家を発見。
なんと、カフェを開店準備中だそう。
弁天あたりも、ちょっと面白くなってきそうですね。

イメージ 5

2軒目は、会員制コミュニティスペース港の庵。
こちらも古い商店を再生させたもので、相変わらず素敵な雰囲気です。

イメージ 6

今回は、越後長岡の十代目吉蔵が特別出店。
久保田の純米大吟醸に、茶豆の冷スープ、トマトの包み煮、酒粕クリームチーズ。
口あたりよし、香りよし、ですいすい進んじゃいます。
ここで、「あれー、写真撮らないで食べちゃったー」とひと騒ぎしましたが、
次の日見たら、ちゃんと撮ってたという(笑)。いよいよ怪しくなってきてます。

イメージ 7

3軒目、大三坂まで歩いてきて久留葉。
いい具合に日暮れてきて、ナナカマドの赤い実がぽっと浮かんでいるようです。

イメージ 8

さらに日本酒でぐいぐい(笑)。
450年の歴史を持つ長野の蔵元さんの純米吟醸無濾過生原酒、川中島「幻舞」。
ゆで鶏ネギしょうがソース、小エビの赤ピーマンソース、茗荷の甘酢漬けで。

イメージ 9

4軒目、青柳町まで歩いて桜路。こちらも古民家再生の雰囲気あるお店です。

イメージ 10

とことん日本酒で(笑)。山形の栄光富士、純米吟醸ひやおろし。
まぐろのお寿司、焼き枝豆、いつも食べてる佐々木豆腐店の焼き揚げ。

イメージ 11

5軒目に選んだのが、シェアーズヒシイ。すっかり夜のムード、でも8時前ですが。

イメージ 12

ラ・フランス&ベリーのフルーティーなカクテル、口あたりよし。
ニンジンのムースとコンソメジュレにズワイガニが添えられたピンチョスも絶品。
好みとペースがぴったりの仲間と巡った、充実のバル街でした。

イメージ 13

友人と別れて、最後は恒例のご近所、想苑で〆。
ポークとチキンのスモーク、チーズとセロリの包み揚げ、ピクルスと白ワイン。
ジャズのライブを聴きながら、快い疲労が……。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事