函館・青柳町暮らし

2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいなどをお伝えするフォトエッセイです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今日は、函館ぶら探訪の会で西部地区の神社巡りに参加しました。
宮司さんの常駐する神社といえば函館八幡宮、護国神社、船魂神社などですが、
そのほかにも、地元の歴史に根づいた個性的な神社がたくさんあるんですね。
函館市役所近くの函館水天宮は、高田屋嘉兵衛が創建したものを、
現在地の住民が地域の氏神として迎えた神社。

イメージ 2

ホテルショコラ函館の近くにある海(かい)神社。
江戸時代の後期に漁業者一同によって創建されました。
漁業の繁栄と航海の安全を祈る気持ちがこもっています。

イメージ 3

明治館近くの豊川広路にある豊川稲荷神社は、
幕末のころに一帯の遊郭地の守り神として創建されました。

イメージ 4

そのほか、いくつかの神社を訪ねた後、最後にやってきたのは宝来町。
海岸近くに建つミントグリーンの老人保健施設「ゆとりろ」のところに、
明治12年から平成4年まで、約120年にわたって函館東照宮があったそうです。
昭和11年までは、なんと市電が途中からこの道に引き込まれ、
東照宮前という電停があったというから驚き。
まさに町に歴史あり、神社に人の思いありが実感できた街歩きでした。

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当
イメージ 4



いつも応援ありがとうございます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事