函館・青柳町暮らし

2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいなどをお伝えするフォトエッセイです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全591ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

全国的に、すでに猛暑の予感がするこの頃ですが、
函館は本当に美しい五月晴れ、すがすがしい風が吹き抜けていきます。
函館公園から見る函館山はすっかり新緑に覆われ、
公園の一角、すりばち山の展望所の下には、華やかな色合いが現れました。

イメージ 2

その色の正体は、ツツジ! 艶やかですね。
この前にあるベンチに座るのは、たまらない楽しみです。

イメージ 3

こんなに濃いピンク、濃い朱色、木陰の緑に映えます。

イメージ 4

旧博物館2号の近くにある、孤高のつつじ。

イメージ 5

公園正面口の坂道も、桜の季節から、燃えるようなツツジの季節へ
あ、ちょうど市電が通って、あわててシャッター。
この景色にもキュンとさせられます。

いつも応援ありがとうございます。

インスタグラム「函館おうちごはん」始めました! ぜひ覗いてみてください。

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当
イメージ 4

開く コメント(0)

イメージ 2

わが家の自生フキ畑(というか原っぱ)。若々しいふきがもりもり育ってます。

イメージ 3

今日は、これでピンチョス(おつまみ)を作ることに。
ゆでて皮をむいたフキのほか、同じく自生の山ウド、そして地元産のカブ。

イメージ 1

古民家を利用したコミュニティスペース・港の庵の「賛女会員」ということで、
月に一度のライブ・大町夜想のおもてなしに、料理を作らせていただきました。
リハーサルを聴きながら、カウンターの内側で準備。ぜいたくな時間です。

イメージ 4

フキとツナのエスニックサラダ、フキと鶏せせりのレモンソテー、
山ウドとじゃこのごまみそあえの3種盛り。
カブはバジル風味のマリネにして生ハムとサラダに。
楽しんでいただけたようで、嬉しいです。

イメージ 5

建物活用のために、会員がいろいろなイベントを企画して、
みんなで楽しもうという素敵な時間。
演奏、照明、料理、お酒……大人の遊び、いいですね。

いつも応援ありがとうございます。

インスタグラム「函館おうちごはん」始めました! ぜひ覗いてみてください。

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当
イメージ 4

開く コメント(2)[NEW]

イメージ 1

仕事や用事が立て込んでくると、好物を追い求める心の余裕もなくなりますが、
少し落ち着くと、たまには好物づくしといきたいものです。
これがあるから、やってられる〜〜くらいの気持ち。

イメージ 2

地物カワハギの刺し身と肝、三陸のモウカザメのハツの、強力コンビ。
サメハツは、自由市場の魚屋さん激推しで、
絶妙な食感とさっぱりした味わいのとりこに。塩とごま油でいただきます。

イメージ 3

カワハギの肝わさびじょうゆ💗 永遠の好物です。

イメージ 4

松前の海苔で、マスコの塩漬け(鮭の筋子のマスバージョン)入りおにぎらず。
これはやばい……。

イメージ 5

そして、別腹の地物ワタリガニ。みそとこっこ(卵)ばっちり、
魚屋さんがきれいにほぐしてくれたのを買ってくる、ささやかな幸せです。
考えてみれば肝やこっこ系オンパレード……たまには自分を許しますっ!
(いつもこんなのばかり食べてるわけではありませんよ)

いつも応援ありがとうございます。

インスタグラム「函館おうちごはん」始めました! ぜひ覗いてみてください。

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当
イメージ 4

開く コメント(0)

イメージ 1

今日も五稜郭祭を取材しに出かけました。
パレードの出発地点、中島廉売から見物したのは初めて。
今年は、「新選組!」で土方歳三を演じた山本耕史さんがゲストとあって、
力が入ります。キャッ、目が合いました〜!

イメージ 2

行啓通での箱館戦争パフォーマンス。
きちんと通して見たのは初めてでしたが、見ごたえ満点です。

イメージ 4

パレードには、昨日の土方歳三コンテストの優勝者・準優勝者も参加。
やはり、華がありますね。

イメージ 3

五稜郭では、ステージで開城セレモニーが行われます。
改めてゲストのご紹介。わっ、また目が合った!……と思わせるような、
一人一人にていねいに向き合う姿が印象的。

イメージ 5

「沿道のかたはいかがでしたか」との問いかけに、
出ました、不意討ちの決め台詞「待たせたな!」(≧∇≦)
会場は狂喜の悲鳴、司会のかたも、この喜びようでした。

イメージ 6

最後に餅まきがありましたが、餅投げでなく「餅渡し」という感じで、
こんなにていねいに餅まきをするかたを見たことがありません。
すっかり好感度アップ、なんだかミーハーレポートみたいになってしまいましたが、
大盛況の五稜郭祭でした。

いつも応援ありがとうございます。

インスタグラム「函館おうちごはん」始めました! ぜひ覗いてみてください。

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当
イメージ 4

開く コメント(0)

イメージ 2

この週末は、箱館五稜郭祭で幕末ファンそわそわといった函館です。
所用で出かけていた施設の敷地内に土方歳三最期の地碑があり、
ちょうど碑前祭に立ち会うことができました。
150年前のこの季節、この近くで凶弾に倒れた土方さんを偲んで。

イメージ 1

午後からは仕事かたがた、五稜郭タワーの土方歳三コンテストを観戦。
何年ぶりかな、2回目でしたが、なかなかの見ごたえです。
五稜郭の緑が目に飛び込んでくるアトリウムには、土方さんの立像もあって、
そこで演じられる土方最期のシーンには、タイムスリップしたような感覚に。

イメージ 3

15人の参加がありましたが、優勝者の演技にはまじで惚れた〜。
眼福なり! 土方さんも照れていらっしゃるのではないでしょうか。
(アップの写真はこちらをどうぞ)

イメージ 4

今回は、私の中のミスター土方・山本耕史さんがゲスト審査員で来場。
参加者のなかには、山本さんの土方を研究したという人も多かったし、
山本さん自身、優勝者について「自分と通じるものを感じる」とコメントされてました

イメージ 5

ところで、コンテストと別に「ちびっこ土方発表会」というのもあって、
市内の幼稚園児が「新政府軍の兵士から函館を守る」パフォーマンスを披露。
小さいころから旧幕府軍びいきが育てられているのは、函館らしいところかな。
めんこい剣士ぶりに、山本さんも身を乗り出して楽しんでいらっしゃいましたよ。

いつも応援ありがとうございます。

インスタグラム「函館おうちごはん」始めました! ぜひ覗いてみてください。

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当
イメージ 4

開く コメント(0)

全591ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事