全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

6/18に都立産業貿易センター台東館で行われましたAK−GARDEN【12】にディーラー[でっちUp]として参加いたしました。
イメージ 1

参加された皆様お疲れさまでした。

1/12 新聞 チラシ
新聞買ってよ新聞、1部でイイからさぁ。オマケも付けるよぉ」と、怪しい新聞セールスをしていたのはワタシです。
想定通りと言いますか、定以上と言いますか、「新聞」は随分好評いただいたようで、用意していた分が足りなくなってしまい、急遽会場内で切り出し作業を行いました。
中にはまとめて10部もお買い上げいただいたお客様も居られました。
その際「商用利用は大丈夫か」という質問をされておられましたので、もしかしたらどこかで見かけることがあるかもしれません。

次回以降も原材料である「新聞用紙」の手持ちが続く限り増産していきたいと思います。

因みに、1色刷りの「特売チラシ」ですが、コレはかつて炬燵を作った際に「炬燵の上に何があると楽しいか?」ということでチラシで作ったくず入れを作るために作ったチラシだったりします。
で、上記の「売り文句」のためにおまけで付ける洗剤の箱を作ろうかと本気で考えています。(遊園地のチケットとかビール券とか)

1/12 可動素体AGE-9(プロトタイプ)
可動素体AGE-9(プロトタイプ)ですが、3名様にご購入いただきました、ありがとうございます。
会場でもご説明いたしましたが、プロトタイプということで詰めが甘く、特に腹と腰をつなぐジョイントはホールドが甘いためすぐに外れるようになってしまいます。
逆に股関節はきつく、動かすのに不安がある状態かと思います。
現在この問題点を修正したパーツを設計中ですので、パーッケージにありますメールアドレスにご連絡いただけましたら、修正パーツが完成次第送らせていただこうと考えております。
また、遅くとも来年6月のAK−GARDENまでにはプロトタイプではない正式版をリリースするつもりですので、その際に交換も視野に入れております。

それから、AGE-9を見ていただいたお客様から「肌色が欲しい」という意見もいただきました。
えーと、やっぱりそうですよね。
自分でもそれは思ってたんですよ。
今回は時間もなかったんで「プロトタイプ」という言わば逃げを打ったわけですが、やっぱり完成品としては皆さん肌色の素体が欲しいですよね。
自分も欲しいです。
ただ、問題は素材です。
キャストならトナーで色付けもできますし、今は肌色のキャストもあります。
ベルグさんとかの業者に頼めば指定の色で抜いてもらうこともできるでしょうね。
ナイロンは難しい。
細いパーツや薄いパーツも多いので、どうしてもキャストでは強度が心配なんですよね。
かといって関節パーツだけ白いのは変ですし。
DYLONで染めたのを完成品とするのがやっぱり現実的なのかなぁ?

1/12 大型書架
こちらも3名の方にご購入いただきました。
ありがとうございました。
豆本でいっぱいにしてあげてください。

次回のAK−GARDEN【13】は11月28日12日に同じく都産貿の台東館で、フロアが際に1フロア増えた4〜6フロアでの開催とのことです。
今回は会場内での次回の参加受付がありませんでしたので、抽選次第となりそうですが、次回も可能であればディーラーとして参加したいと思います。

では最後に、大手がやらない隙間を探す家内制手工業ディーラーでっちupでは皆様のリクエストをお待ちしています。
こんな物「誰得?!俺得!!」でもやらねぇよというダメなアイディアをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このブログのコメントやツイッター宛にメッセージを頂けると、賛同したウチのバカ共がそのアイディアを実現するかもしれません。
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

またやっちまった?

AK−GARDEN【12】に「でっちUp」でディーラー参加いたします。
現在公式サイトでディーラーリストが公開されておりますが、当方でっちUpのリンク先が
になっております。
これは、いまやすっかり姿をひそめた模型用SNS「fg」のページです。
いまさらこんなところをリンク先として提出していたとは。
申し込み時点ではこちらのサイトは生きていたのですが、現在はサイト自体が稼働しておらず、エラーとなってしまいます。

公式に変更をお願いしましたが、もう開催直前なので、変更は利かないかもしれません。
でっちUpのサイトはここです。

ここで騒いでも無駄かもしれませんが、少しでも「でっちUp」に興味を持ってくれた皆さんのお目にとまればと思い書いておきます。(自戒の意味と次回用の備忘録もかねて)

開く コメント(0)

手首の出力が完了し、手元に届きました。
無事、今回の商品に付属できそうです。
いやー、小さい。
どうしてこんな小さい代物を流用でイけると思ってたんだろう。
いや、実際ミクロマンなら流用できるかもなんですケドね。
イメージ 1
お約束の一円玉比較。
上がMMS(武装神姫)のもの、下が今回作成したものです。
子供の手という想定なので若干指は短めにしてあります。
今回はプロトタイプなので手首はこの平手のみです。
正式版はせめて3種類くらい付けたいと思いますが、この手に表情を付けなきゃと思うと軽く鬱になります。

一応2軸関節のつもりで設計してるんですが、この大きさなので可動用のダボがあんまり意味がありません。
いっそ接着してしまったほうがいいかもしれませんね。
ミクロシスターだって手首は可動軸なしでしたから。

そうそう、ハンガーラックはやっぱり落ちそうです。
こちらに感けていたので時間が足りません。

開く コメント(0)

出力が完了したので、組んでみました。
イメージ 1

とりあえずトライアル1です。
設計ミスが発覚しているので、取り急ぎ修正して再出力です。
ちょっと大きいミクロシスターとして設計したつもりだったのですが、腕なんかミクロシスターより細いです。
やっぱり適度なアレンジが必要なのかなぁ。



開く コメント(0)

6月18日に東京都立産業貿易センター台東館で開催されますAK−GARDEN【12】で頒布予定の可動素体について、詳細情報の追加です。

【サイズ】
まず大きさですが、昨日の投稿の通り肩高で約9cm。
小学3年生、9歳児をイメージした体格です。
ただ、数字だけだとあまりイメージがわかないと思うので、画像を作りました。
イメージ 1
武装神姫の素体であるMMS1stとの比較です。
肩の高さがMMS1stのへそ辺りになります。
MMS3rdSmallより頭1つ分小さい感じです。
で、自分で比較画像を作って思ったのですが、やっぱりコレ、手首の流用はちょっと難しいですね。
MMSやfigmaの手首を流用してもらうことを前提としていたのですが、さすがに難しそうなので、急遽手首を作りました。
ただ、あと2週間で手首の出力まで間に合うかがわかりませんので、実際の商品に手首が付けられるかは時間との戦いになりそうです。

因みにその手首の画像がこちら。
イメージ 2
上のほうにある壺みたいなのは首の軸に刺せるボールジョイントです。
首の根本もボールジョイントなので、不要かとも思ったのですが、軸を2mmにしたので、市販のボールジョイントに2mmの穴をあけるのも大変だろうと思い、付けることにしました。

心配していた服は1/12がちょっと大きめですが使えそうです。

【素材】
商品は組立済み・未塗装のものを予定しています。
素材は、100均あたりで売られているような籠とかに使われている硬質のナイロン樹脂です。
色はナチュラルカラーと呼ばれるもので、要するに何の色付けもしていない白です。
出力しただけのものだとザラザラとした触感で、マットな感じになるのですが、磨いて艶あり状態にしたいと思います。
粘りがあるのでヤスリ掛けなどには向きませんが、下地処理さえすれば普通の模型用塗料で塗装が可能です。
強い塗膜が必要であれば、染めQが推奨ですが、あまり良い色合いのものがありません。
DYLONという染色剤で染めるのが一番お手軽かもしれません。
カッターやニッパーは普通に使えます。
また、組立済みですが接着している部分は無いので、ユーザー様が簡単に分解できるようになっています。(膝は無理かもしれません。)
接着が必要な場合は、セメダインスーパーXで接着可能です。
また、食いつきはよくありませんが、パテなども使えます。

【可動】
可動箇所は全部で24。
追加の手首と頭部ボールジョイントを含めると29箇所の可動となります。
イメージ 3








開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事