全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

ようやく「装動 仮面ライダーエグゼイド Stage4」を全種購入できました。
近所にある地域密着型のスーパーマーケットにて無事BOX購入です。

イメージ 2


ついでにレーザーLv1も売れ残りがあったので確保。

というわけで、バグスターも3体となりちょっとした乱闘シーン位にはできるようになりました。
ザらスに売ってるトゥルーヒーローズ辺りを買ってきて首を挿げ替えたら楽しいかも。

今回のアクションボディはゴーストゲーマーということで、さっそく組んでみましたが、胸アーマーは今までのLV2と同じ形状なんですね。
てっきりレジェンドゲーマー用に胸にモールドが入らないものになるかと思ってたんですが。

んで、つい2週間前くらいに「シールは使用しない」とか書いていましたが、これはどうしようもないので貼ってみました。
ゴーストそろい踏み。
イメージ 1
シールを貼ったのは本当に数年ぶりなのですが、どうやら食玩のシールも随分と進化しているようですね。
昔のシールはモールドと全然あってなかったりして使い物にならないイメージがあったのですが、侮っていました。
今度全部貼ってみようかな。

開く コメント(2)

装動エグゼイド Stage4

懲りずにまた「装動 仮面ライダーエグゼイド」のお話です。
装動エグゼイド Stage4が明日2月28日発売予定となっておりまして、自分も買おうと思っております。

食玩の発売日があんまりあてになるもんじゃないのは知ってるんですけど、ツイッターなどを見ておりますと、たくさんの方がすでに購入済み。

で、近所のイオンに行ってみたところ、すでにもぬけの殻となっているセット箱。
唯一残っていたバグスターを1体だけ購入いたしました。
イメージ 1


追加の入荷はあるだろうし、発売日である明日以降はほかのお店にも入ってくるんだろうけど。

スーパーミニプラのウォーカーギャリアとか、その前のイデオンなんかは入荷してても発売日まで売ってくれなかったのにな。
メインターゲットが子供向けのものとそうでないものでは発売日に対する制限が違うのかな?
と、買えなかったことに対して愚痴ってみる。

イメージ 2









雑魚敵であるバグスターはいっぱい欲しいよね。
これだけでも買えたし良しとするかな。



開く コメント(0)

透明フィルムを使って、炎のエフェクトを作ってみました。
グラフィックツールで適当に炎を描いて、OHP用フィルムに印刷。
帯状に切り取ってフィギュアにまとわりつかせます。

で、できたのがこんな感じ。
イメージ 1
 
イメージ 2

イメージ 3

結構簡単にそれぽい感じになるのでわりと楽しい。
元データも置いておくので、使ってくださる奇特な方がいらっしゃいましたらどうぞ。
イメージ 4


開く コメント(0)

2月19日はワンフェス当日
まずはこの日の宿であるアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>へ移動。
ホテルの駐車場に車を停めて、いざメッセ会場へ。
待機列の最後尾に着いたのが大よそ9時過ぎ。
今回はどうしてもっていう物も無いし、こんなもんかな。
10時開場で、実際に入れたのは10時40分頃。
とりあえずネイキッドメンに向かうが、武装神姫のバイク組は予想通り完売。
ならばと重戦車工房に向かったが、こちらはお目当てのマテリアル・マシン・スプライトの展示すらなし。
あとはひたすら会場内を練り歩きました。
戦利品はこちら。

  DOUJIN HOOPS & T-Square Lab.さんのRaf.001 (女の子可動フィギュア用素体)
  タカラトミーのヘッドマスターセット
  財団Xさんの十面鬼ユム・キミル
  A−1さんのプラズマウイングフェアリー
  SOLID&ラブチョップさんの煉獄2
  8センチディフォルメ素体(ディーラー名忘れましたスミマセン)
  ハクメイとミコチのジャダさん(ディーラー名忘れましたスミマセン)
イメージ 1

ヘッドマスターセットは終了間際だったのにまだ結構在庫がありました。
17時、終了のアナウンスを聞きホテルへ。
スマホについている万歩計を見ると、19786歩。
歩いたなー。
ちなみに、このブログを書いている本日の歩数は1079歩。
普段いかに歩いていないかがよくわかる。

夕食はプレナの牛タン屋「とろんしゃん」へ。
牛タン屋はイオンの中にも「利休」があるけど、テナント料が高いのか、さほどコスパを感じられない。
そういや「利休」は元々仙台にあるお店だけど、「とろんしゃん」て宮城で見かけたことないな。
ともかく、自分は塩の6枚、奥様は味噌の6枚をとろろ付きで頼み3枚ずつシェア。
牛タンそのものも好きなんだけど、付いてる南蛮味噌が大好き。
去年の10月に仙台に行ってきたときにも買ってきた。
ただ、「好き」と「得意」は違うらしく、買ってきた南蛮味噌があまり減らない。
閑話休題...。

今回は新しくできたイーストウイングの10階に宿泊です。
案外お風呂が遠い。
でもちゃんと大浴場です。

翌日、2月20日は新潟へ帰ります。
予定では9時頃チェックアウトして、船橋のIKEAで朝食&お買い物。
ららぽーとのボークスによってあとはひたすら新潟へ行軍...のつもりでした。
起きたら9時10分、あらあら。
チェックアウトの時間は11時までですから、特段問題があるわけでもないですが、ちょっと寝坊しましたね。
心地よく寝ていたことに文句を言っても仕方がありませんので、身支度をしてチェックアウトいたします。
しかし、ここで定宿にしていたからこその罠がありました。

いや、きちんと確認しなかった自分が悪いんです。
昨年2016年の11月に駐車場のシステムもリニューアルされており、今まではチェックイン日の朝からチェックアウト日の夜まで1泊として使えていた駐車場が、チェックイン日の正午からチェックアウト日の正午までが1泊となり、それを外れた時間帯は別途請求となりました

アパをワンフェスの定宿にしていたのはこの前倒しで利用できる駐車場サービスがあるからといっても過言ではありません。
ところがこのリニューアルによって、前倒し分の3時間分は別請求となりました。
メッセ来場などで午前中から利用する人が多いので、チェックイン前から駐車場が利用できますというのが前倒利用サービスの根底だったと思うんですけどね。
結局アパ利用者で、午前中にメッセ入りするような人は前泊しているという前提なんですかね。

しかも精算がまた煩雑。
まずホテル内に精算機があり、処理すると駐車カードが定期券として利用できるようになり、宿泊中は車の出し入れが自由になるとのこと。
これだけだと確かに便利そうに聞こえるのですが、自分の場合は前述のとおりチェックイン日の正午より前に前倒しで駐車場を利用しています。
この前倒し分の利用料金はホテル内の精算機では清算できないのです。
ですからホテル内で精算し、更に出口精算機で再度精算という二度手間になっています。

この二度手間精算に戸惑ったのは自分だけではないと思います。
自分が出庫しようとした際に、2台の車が出庫に手間取ってもう一度駐車場内に引き返すという光景が繰り返されました。

精算機で事前算機が完了しているはずという認識ですから、「何故駐車料金が再請求されるのか」が理解できない。
処理のエラーだと思うわけです。
一度精算処理をキャンセルし、ホテルに説明を求めました。
上記のような説明を受けてシステムが変更になったことは理解しましたし、ホテルのサイト上にはその旨の説明が掲載されているとのことですので、それは自分の確認が甘かったということで納得しました。
しかし、これで終わりませんでした。

再度出庫しようと駐車カードを出口精算機に読み込ませると、今度はカードがエラーになって精算ができません。
これはホテルに言っても仕方のないことなので、今度は駐車場の管理会社に連絡を入れます。
なんだかんだでゲートを開けてもらい何とか出庫できたのが10時40分。
駐車場から出るだけで70分かかってしまいました。

今回の駐車場代は一泊1000円+土曜9時から正午までの駐車料金が1500円と合計で2500円かかってしまっています。
前泊で利用しているグランパークホテルパネックス千葉の場合、駐車場が無料です。
厳密に言うと、駐車場を利用しないプランの場合は少し安くなるので、完全無料というわけではないのでしょうが、まあ無料を謳っております。
幕張メッセ駐車場を使ったとしても、1日利用は1000円です。

駐車場のメリットがなくなった以上、今後アパは使わなくなりそうですね。
次回からはグランパークホテルに連泊し、幕張メッセ平面駐車場を利用するというプランに変更になりそうです。

せっかく中国人がいなくなって静かになったのに。

開く コメント(0)

自分と奥様の二人で2月18日から20日にかけて新潟から千葉へドライブ、19日にはワンフェスに参加いたしました。
備忘録代わりにざっと旅程のログを残したいと思います。

せっかく3日間もかけて新潟・千葉間を往復するわけですから、ワンフェスだけ参加というのはもったいないです。
トクサツガガガの第9巻にもある通り、オタクというのは一度のお出かけにとにかくいろいろ詰め込むのです。

まず18日の朝は道路状況のチェック。
新潟から関東方面に行くルートは大まかに関越道ルートと東北道ルートがあります。
東北道ルートの方が遠いのですが、冬の移動では雪が最大の敵。
関越道の雪道区間は約150Km。
それに対し東北道ルートの場合は、磐越道を抜ける際の約100Km。
余程のことがない限りは東北道ルートの方が安全です。

ただ、この「余程のこと」が問題で、3年前の2014冬はワンフェス前日に大寒波が直撃、実に45年ぶりの積雪を記録した翌日に開催となりました。
(当時の記録参考→Gigazine)
自分の場合この年は、オープンして間もない羽生SAの鬼平江戸処を見ようと張り切って出かけたところ、その羽生で高速を下ろされ、延々8時間かけて千葉まで雪の下道を走る羽目になりました。
雪国の人間ですから、自分の車は雪道装備はきちんとされています。
でも雪国じゃない関東は冬でも雪道装備になっていない車が多いし、そもそも除雪設備がないから、積もったら積もりっぱなしで何の対策も取られない。
この時の記憶が強烈すぎて、東北道ルートという選択を躊躇してしまうのです。
とはいえ2014年規模の大雪だとしたら関越道だって止まるでしょうから、それならやっぱり東北道の方が少しはマシなんですけどね。

ともかく朝の段階では警報もなく、Webカメラなどを確認しても路上に積もっている感じはありません。
というわけで、今年は東北道経由で行くことに決定いたしました。
着替えなどの荷物を車に詰め込み、7時過ぎには出発と相成りました。

自宅から一番近い高速の入り口は東北道を経由するルートとしては微妙に遠回り。
なので、新津インターチェンジから磐越道に乗り、東北道を目指します。
途中トイレ休憩などを挟みつつ、那須高原SAで朝ごはん。
とはいえ、ここでは特に名物らしき物は食べず、家から持参した稲荷寿司とサラダで腹ふさぎ的に済ませてさっさと進みます。

そして到着しました、羽生SA「鬼平江戸処
イメージ 1
この写真だと単なる田舎の古屋ですね。
ここに来るのは件の大寒波襲来以来となります。
なので、両国広小路の見世物は初体験となります。
今回は南京玉すだれのの実演ということで、楽しく観覧させていただきました。

さて、自身がオタクなので、こういうところでは現在放映中のアニメ「鬼平」はどんな感じの扱いなんだろうというのが少々気にかかりました。
やっぱり大々的には扱っていないですね。
特に時代劇を好む年代の人たちにとっては「アニメ=気持ちの悪い人たちがみるもの」なのかもしれません。

朝ごはんが少なかったので、少々小腹がすきました。
とはいえお昼にはまだ早く、なおかつお昼ご飯に行きたい場所はすでにカーナビにルート設定済みです。
というわけでここでも小腹ふさぎということで屋台連で長いものコロッケを購入。
コロッケは好物ですし、長芋や里芋といった粘りのあるイモ類も好物です。
好物と好物の組み合わせやいかに?
美味しかったですよ〜。
ねっとりとした口当たりが実にマイルドで美味しいコロッケでした。

お昼過ぎに外環三郷西インターから高速を下りまして、いよいよ最初の目的地にやってきました。
最初の目的地それは、「ホワイト餃子三郷店」です。
イメージ 2
餃子屋さんというとビールのお供が定番なせいか、17時開店というお店が多いようですが、こちらのお店は11時半からのライチタイムも営業しておられます。
以前ケンミンショーで金沢の「第7ギョーザの店」というお店が紹介され、それ以来気になっていたホワイト餃子。
実は11月にも別の店舗に行く機会があったんですが、そちらのお店はランチ営業をしておらず、あきらめたのでした。
そんなこんなでようやく食べることのできるホワイト餃子。
ランチセットがあるということで、焼き餃子とゆで餃子のランチセットを自分と奥様がそれぞれ頼み、シェアすることにしました。
焼き餃子10個とおまけのゆで餃子2個、更にゆで餃子8個におまけ2個という大ボリューム。
更にご飯は100円増しで「油ごはん」というアヤシゲなものを注文。
所謂普通の餃子とは見た目からして随分と違う。
俵型に成形された小さな肉まんを焼いたような雰囲気です。
皮はパリパリ、具もザクザクとした野菜の食感が心地よく、さっぱりとしてなおかつボリューミー。
確かにほかに類を見ない餃子です。
焼きたてのパンのような餃子」というのが想像できなかったのですが、食べてみれば納得。
確かに「焼きたてのパンのような餃子」でとても美味しかったです。
で、油ごはん。
ご飯の上にキャベツを乗せ、フライドオニオンを揚げ油ごとかけたもの...なのかな?
醤油を一回しかけてお召し上がりくださいとのことで、やってみたが...うーん、不味くはない。
不味くはないんだけど、餃子に合わせてわざわざ食べたいかって言うと、そうでもない。
ご飯を美味しく炊くことのできない地域だと、こういった工夫も必要なのかもしれませんが、普通にご飯が炊ける日本ではわざわざ要らないかな。
あ、わかめスープはちょっと辛みが効いてて美味しかったです。

お次は津田沼まで行ってユザワヤでお買い物。
この日の宿泊地であるグランパークホテルパネックス千葉に着いたのは、18時を少し回った頃でした。
1時間ほどホテルでゴロゴロと過ごし、夕食はレッドロブスターみつわ台店へ。
ここは奥様のお気に入り。
年に一度ここに来てライブロブスターを食べるのが至上の幸せなのだそうである。

お風呂に入って寝ましょうかと大浴場の案内を見ると、定員6人でフロントに申請が必要。
しかも女性は15時から18時までしか使えない。
このホテル、お風呂に期待しちゃいけなかったんですね。
来月にはお風呂がリニューアルするらしいですが、どうなるやら。
仕方なく部屋風呂で済ませました。

ちなみに、前回このホテルに泊まった時は朝食付きプランを予約していたにもかかわらず、レストランがリニューアル中なので、朝食なしのプランに変更というがっかりポイントがありました。
今回はお風呂ががっかりポイントで、ついでに言うと寝具類がだっさいガーリー系に統一されていて、それもがっかりポイントの一つです。

というわけで、毎回何かしらのがっかりポイントのあるホテルですが、わりとお気に入りなので、たぶんまた泊まると思います。

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事