紙飛行機と花 のち グライダーと読書

紙飛行機って、ハンドランチもカタパルトも奥深いです。 花作りもちょこちょこ楽しんでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全132ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

訃報

過日 入院中の義母が死去致しました。
もうすでに家族葬を執り行いました。
一人暮らしが続く義父ですが、義弟家族とともに支えていく予定です。

とりあえずご連絡まで


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

少しずつ

自転車おやじさん、S田さん、お気遣いありがとうございます。
私は元気です。

今まではウチの母親の支援が主だったのですが、カミさんのお母さんが倒れてから義母の病院と、一人暮らしとなった義父の家と、足を運ぶ場所と回数が一気に増えました。
今は気丈に振る舞っているカミさんのことも気がかりです。

ま、そんなこんなで、しばらくの間は広場には行けそうにありません。

ですが、Facebook や twitter 掲示板で同志の動向はいつもチェックしておりま〜す。(笑い)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年度

去年のミニ国際大会から更新していませんでした。
ウチの母親の様子見はずっとしていましたが、カミさんのお母さんが入院したこともあり、日曜日の自由がほとんど取れなくなりました。

twitter や facebook を通じて、飛行機への熱だけは保ちたいと思っています。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

明け方の冷え込みはあったものの大中の会場は晴天微風の格好のフライト日和に恵まれました。
イメージ 1

昨年は4名だった参加者も今年は8名となりました。
ラウンド制なので10投中の5投のベストタイムで競う大会とは違った緊張感が漂いますが、豪快かつ安定したフライトのオンパレードです。 
イメージ 2
そんな中、私はダントツのビリだったのでございます。
イメージ 3

2Rでランチの瞬間にビシっという音がして機体は弱いスパイラルとなり落下.
このラウンドを落とし、微風用の一番機を破損し、使えなくなりました。
3Rから松茸大会で投げたスタイロ翼機を投げるのですが、機体は降下するばかり。
このラウンドからBクラスでもスパイラル降下でタイムを落としてしまいます。
垂直尾翼をチェックしても歪みは見られず、自分の調整力に自信を無くし、タイムを出せない自分にモチベーションはだだ下がりとなりました。
4Rの後半になってAもBも主翼の後縁が上に反っているのに気づいたのですが時すでに遅し。
やまめさん曰く「熱なんかで微妙に変形するよ。」

フライオフは5名で行われましたが、HLGだけでは計測メンバーが足りずに応援をお願いしました。
イメージ 4
まーべさん やまめさん A☆彡くん この写真には写っていませんがK山さんとぱぱやんの5名です
最初にランチしたのはまーべさん 84秒でしたがその後はサーマルが現れず、まーべさんの先行逃げ切りかと思われましたが・・・1位はK山さんがゲットされました。

今大会は不本意な結果となりましたが、次の課題を発見できたことを良しとしましょう。

今回も大会関係者と地元の方々の尽力によって楽しい1日を過ごすことができました。
大会を行うことは年々難しくなっているとのことですが、今後も会場を使わせていただけるよう礼節を忘れないようにします。 ありがとうございました。

速報! ぱぱやんがついにF1Nに参戦か? 
イメージ 5
というのはフェイクで、依頼されて機体の写真撮影を行っていたとのことでした。

さっきドライヤーでスタイロ翼の後縁のカンバーの修正をしようとしたのですが失敗。
せっかく綺麗に作っていただいた主翼を歪ませてしまいました。
歪ませたついでに見かけは悪くなってもアンダーカンバーの加工をがっつりしようと思います。
マボさんごめんなさい。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

可児カップ遠征記

朝5:40にS田さんN田さんU松さんと合流 6:00にN科さんと合流 
会場に着いたのは8:20 すでに多くの参加者が集合しています。

N潟くんに昨夜仕上げたHLG-Bを進呈し念を送ります。
「ハンドランチからと遠ざかったらアカンで。」と
イメージ 1

そしてFacebookで知り合ったM田さんにご挨拶し、サイズアップした機体を見せていただきました。
イメージ 2
                                 M田さんのFacebookより引用させていただきました。

開会式でユーモアたっぷりの挨拶を聞いた後、くじ引きをして競技開始です。
1投目でいきなりヒュー・ストンの4秒をしでかします。
2投3投しても機体は頂点で思うようにカエりません。
よ〜く機体を見ると水平尾翼が波打っています。
尾翼の歪みを直した4投目でも13秒。
ここで朝から調整をしてきた機体を諦め機体を交換し1Rを終えましたが、合計タイムは112秒で23名中18位という悔いの残るスタートとなりました。

2Rになると腕が振れるようになり、機体が上がるようになりました。
1Rのタイムの倍の229秒を出すことができ、順位は11位まで上がりました。 

昼休憩をはさんで3Rが始まりましたが、困ったことに背筋痛がひどくなり立つのもつらい状態に。
ランチをして機体を回収した後は地面に座って体力を温存します。
3Rのタイムは180秒どまり。
ふだんの練習不足のツケがまわってきたんだと観念しました。

競技の結果は
1位は3Rで逆点したぱぱやん、そのランチ高度と滑空の良さに一同唖然とするばかりでした。
2位は8秒差でN田さん、 昨年1位のY崎さんが3位です。
4位はとてもよく浮く大型機が注目の的だったM田さん。
5位は肩と膝を痛め本調子でないにもかかわらず612秒という結果を残したチャンプカズさん。
6位は二宮大会自由機1位のY久さんでした。

表彰式の後は恒例のイチ・ニー・サンでの一斉ランチが始まりました。
イメージ 3
ここでのチャンプはM田さん 滑空性能の良さをいかんなく発揮しはりました。

多くの有志が集まって本気になってあーだこーだ言いながら飛行機を投げ合う。
なかなかできないことです。
この大会を企画運営していただいた皆さんに改めてお礼申し上げます。
普段お会いできない関東や中部のハンドランチャーの方とお会いできる数少ない大会でもあります。
次にお会いできるのを楽しみにしています。
(それまではFacebookやTwitterでの交流をお願いします。)

この大会の様子はぱぱやんが You Tube にアップしてくれてはります。
(いつもありがとうございます、感謝!)

競技結果が公式に発表されました。 Kazuさんありがとうございます。
Sandblast ときどき PaperAirplane

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全132ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事