全体表示

[ リスト ]

ある人に「お金がなくなったら農家が一番偉くなるのかね?」と聞かれました。
 
私達は学校に通うことにより、誰が頭が良くて、誰が運動が得意で、誰が歌が上手で、誰が絵が上手でと比べることを知らず知らずのうちに覚えてしまいました。
 
比べる必要などないのに。
 
学校で、絵や歌や運動などみんなで学ぶ必要などないのではないでしょうか?
絵が好きなら絵を描けばいいし、歌が上手なら好きなときに歌えばいい、体を動かすのが好きなら勝手に体を動かせばいいと私は思うのです。
 
学校は必要かもしれません。だけどひらがなや漢字の読み書き、簡単な計算だけ教えればいいのではないでしょうか?
 
理科の知識、生きていくのに必要でしょうか?
歴史を知らないと生きていけないのでしょうか?
 
もしもお金社会がなくなったら。
 
この方の「農家が偉い」の発想は生きて行くのに食べることが一番大事だからということですよね。
 
私はお金社会がなくなったら。みんな平等になると考えています。
 
みんな得意なことを活かせばいい。得意なことがないのならば農家の手伝いをすればいい。と単純に思うわけです。
 
農家の方がお野菜を作って分けてくれたお礼にその食材を調理しおすそ分けをする。
 
裁縫が得意ならばほしいものを作ってあげればいい。
 
木工が得意ならば、家を修理してあげればいい。
 
なんだっていい、自分ができることをしてお礼をすればいいのではないでしょうか?
 
得意なことに価値をつけ、誰かの得意なことと比べる必要なんかないと私は思うのです。
 
要らない物をもらっても、いつかそれを欲しいという人が現れるかもしれない。ありがたく受け取ってしまっておけばいい。
 
今のお金社会を経験してしまったのでそんな原始的なことは無理。と思いますか?やったこともないのに。
 
不満とは自分と比べるから起こるものなのです。
 
自分と他人を比べない。
 
だって、自分がいいと思うことがみんないいと思うなんて不自然じゃないですか。
 
みんなが同じ物が良いと思うのならば、個性などなくなってしまう。
 
自分の個性がなくなるの嫌じゃないですか?
 
今の若い人、みんな同じ洋服を着ているように思うのですが、楽しいのでしょうか?
 
誰かが提案したファッションを真似て楽しいのでしょうか?
 
誰かが作ったブームにのって、毎年毎年洋服をコロコロ変えて、私にはその感覚がわからないのですが、それが今までの学校教育から来ているのではないかと感じています。
 
家の娘は負けず嫌いで、壱亀君に負けると悔しくて「ばかやろぅ」と涙をこらえています。
そんな娘に私は「勝つことよりも負けることができる子が優しくて素敵だと思うけどな。。。」と言います。
「一番になることも良いことかもしれないけど、一番になったと周りの人の気持ちも考えずに喜ぶ子はみんなからどんな風に思われるかな?」と話しています。
 
競い合い、比べ合い、自分の位置を確かめるように学校で教わりました。
先生に勝手に評価され続けてきました。
 
そんな必要まったくなかったのではないでしょうか?
 
何でこんな住みづらい世の中になってしまったのか?
 
思い出して欲しい。子供の頃の周りの気持ちなど気にせずにいた頃の感覚を。
 
大人ってなんなのでしょうか?みんな偽善者?
 
まったく訳のわからない、何を伝えたいのかわからない記事になってしまいましたが、このまま投稿します。
 
本日もありがとうございました!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事