全体表示

[ リスト ]

   活性酸素 
   〜〜〜〜〜
イメージ 1


Q: 活性酸素って体にどんな影響を及ぼすのですか?


老化や病気の原因に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

A: 私たちは呼吸して生きています。ところが吸った酸素の2%は、体内で毒性の強い活性酸素になります。これが私たちの細胞や組織を傷つけ、老化という現象を生じさせます。


心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞は、活性酸素によりコレステロールが酸化され、酸化悪玉コレステロールに変化して、動脈硬化を引き起こすことが原因です。また、がんの発生も、活性酸素の多い状態が体内で続き、DNAが傷つけられるためと考えられます。さらに活性酸素は口内炎、胃潰瘍(かいよう)、大腸炎、糖尿病、アレルギー、認知症(痴呆(ちほう))などあらゆる病気の原因となります。


過剰な活性酸素は呼吸ばかりではなく、薬、たばこ、心身のストレス、過度の運動、過剰な紫外線、放射線、大気汚染などによって増えます。また食品に含まれる添加物や農薬なども、活性酸素を増やす要因になります。


 ――活性酸素対策をどのようにとればよいのでしょうか。


まず第1に発生源を減らすことです。例えば、食においては、食品添加物や農薬を使ってない食品、すなわち自然・天然のものをできるだけ選ぶことです。さらにストレスをためない。必要のない薬は使わない。規則正しい生活を心がけることです。


第2に、体に入った酸化物質を早く排出する、すなわち便通を整えることです。これには水溶性食物繊維(海藻など)と腸内細菌叢(そう)を整える食品(納豆、麹(こうじ)、酢など日本古来の醗酵(はっこう)食品)の摂取が有効です。


第3に、抗酸化食品をとって抗酸化力を高めることです。人間には活性酸素を消去する能力(抗酸化力)がありますが、40歳代をピークとして年齢とともに弱まっていきます。

さらにストレスでも弱まります。

抗酸化食品は、βカロチン(トマト、ニンジンなどの緑黄色野菜、ミカン、ヒジキなど)、ビタミンC、ビタミンE(ゴマなど)、硫黄化合物(ニンニク、タマネギ、キャベツなど)、ポリフェノール類(大豆、ゴマ、緑茶、赤ワインなど)、タウリン(カキ)、グルカン類(ササ、キノコなど)などがあります。


老化やがんを予防するため、
自分の体内状態を知ることが大切です。
いつまでも若々しく、健康な人生を歩みたいものです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事