さぁ続きです。 

まず最初に知っておいてもらいたいのは、日本という国は今のところ資源にとぼしい国です。

エネルギー自給率はわずか6%しかありません。 これは化石燃料(石油)を輸入に頼って

いるからです。 それに製造業の材料等も小麦等の食料もかなり輸入にたよっています。

もはや日本が独立して成り立つことはなく、海外と色々なものを輸出入しているのです。

ですから、円という通貨の価値がそのまま経済に直結しています。

そこで下の図を見てください。 ↓       イメージ 1
これは大和総研の調査報告書にある世界の通貨のマネタリーベース推移表であります。

これはネットでPDFでダウンロードできます。 マネタリーベースとは一番簡単に言うと

市場にでている通貨の総量です。 これが多いと流通して価値が下がり円安になり、

少ないと価値が高まって円高になるんですよ。

2008年9月15日、悪魔の世界恐慌リーマンショックが起こり世界の通貨が自国高になり

ました。 私達の生活も変わってしまいましたが、超急激に円高が進みました。

こういうときは国の経済政策として自国通貨をどんどん新規印刷して発行します。

上記の図を見ると日本以外の他国は軒並み、お金を印刷して発行して分量を増やして

いますよね。 そのおかげで日本以外の他国はそこから2年もかからず景気がV字回復

しました。 わずか2009年の民主党政権交代から3年半が終結し、再び自民党に政権

がもどった時、アメリカをはじめとした他国の通貨量は約6倍近くまで膨れ上がっていた

のですが、日本の円は1.2倍ほどでした。 ねっ? 円高になるのは当然です。

そういうとき経済の世界では、自国の通貨を新規発行して市場に流します。これを金融緩和

とよんでいます。 そしてそのお金を民間に流すために政府が公的仕事を出します。

これを財政投資と呼んでいます。 いわゆる金融緩和と財政投資はセットで出さなければ

意味がないというのが通説です。 民主党政権下では、そういう政策を行える政治家は

いなかったために日本だけがどうしようもない不景気の状況を続けたのでした。

安倍政権のとった政策のアベノミクスとは三本の矢で完了するという事でした。

そのうちの二本がこの金融緩和と財政投資であり、もう一本の矢は規制改革等でした。

その文字通り規制改革をしなければ、いつまでも紙幣を新規発行し続けるのは限界があ

るので今安倍政権が財務省はじめとする官僚機構と戦っておりますが今現在三本目

の明らかな一撃は撃てていないのが実際です。

この安倍総理と黒田日銀総裁と自民党政権の放ったアベノミクスとは一般的な経済政策

のことを呼んでいるのです。 今のところはただの正統な経済政策の段階ですが、

バカ野党もキチガイメディアは声高く、アベノミクス失敗といって嘘をついていますが、

他国は今のところ同じやり方でデフレを抜け出し、経済は立ち直っております。

日本もしっかり円の理想値といわれる一ドル110〜113円をしっかり行ったり来たり

しており失業率も有効求人倍率も奇跡的に回復しております。

アベノミクスは失敗しておりません。 そもそもまだ発動していないのだから・・・。

長文すみませんでした。 読んでいただいた方は少しはわかっていただけたでしょうか?

そんな感じ!



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

衆議院議員選挙が始まり街の風景も慌ただしくなってきました。

今回はアベノミクスとは何なのか? ということについて書きたいと思います。

まずアベノミクスとはメディアが名付けた名称で安倍内閣のとった経済政策の

事を指します。 この経済政策について書きたいと思います。 長文になるかもです。

現在の安倍政権になってアベノミクスがなされるまでは民主党政権でありまして、

当時の円相場は1ドル78円ぐらいだったかと思います。 超円高でしたね。

通常、経済の世界では円高の時にはデフレになります。

正式にはデフレーションと呼び、その逆がインフレ(インフレーション)になります。

円高になると物価は下がりモノの値段は安くなりますが、同じように給料(所得)も

減ってしまいます。 通常、円高でも円安にもメリットデメリットはあるんです。

例えば輸出事業は打撃を受けます。 なぜなら100ドルでアメリカに売れる輸出車が

円高(78円)なら7800円、円安(112円)なら11200円で売れることになるから儲からない。

それどころか利益も圧迫することは当然です。

ですが逆に海外からモノを買うには有利です。 100ドルの土地や原材料を仕入れるのに

円高なら7800円、円安なら11200で仕入れることになり、買い入れコストが安いからです。

当時の民主党は経済政策に優れていなかったのでデフレ脱却といいながら逆行する

ような政策を同時に行っていましたので円高のデメリットばかりを享受していたといえます。

まぁ東日本大震災という未曽有の災害による損失もあったので一方的に非難するのは

フェアではないのですが・・・・。

そこで民主党政権時はずっとデフレから抜け出せず、日本は本当に経済が低迷してしま

ったわけであります。

それともう一つ円高の原因が存在します。 それは日銀の金融政策にあります。

当時の日銀白川総裁は財務省出身のバンカーでした。 財務省の口癖はいつも

我が国の通貨は円高がいい。 円の価値が高いのがいいのである。というのが

当然の論理であったので、国の銀行である通貨コントロールをせずにやった振りを

決め込んだわけです。 そこでアベノミクスとなってどうなったのか?

それは次のその2でお話したいと思います。 そんな感じ!


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


本日もマスコミのド偏向が露呈した。 上の動画は私の敬愛するDHCテレビ本日分である。

まず、この動画の1時間40分23秒から見てほしい。 共同通信の記事に関する真実を語っている。

問題の共同通信記事のURLはこちら ↓


共同通信というのはどこの国の通信社なのか?  俺の勘違いで中国出資の法人だったらごめんなさい。

僕がおもうところ、もし中国の新聞社がシューチンピンの記事を載せて、そこに

1. 日本は中国の方が経済大国であることをいい加減に認めて頭を下げるべきだ。

2. 歴史問題をもう一度検証し考えを改めて頭を下げよ。

3. 台湾問題に対し、日本は考えを改めて中国を支持せよ。

4. 尖閣諸島問題は日本は認識を改めて、中国の領土であることを認めるべきである、

これらをしっかり考えれば関係が改善できるだろうと書いているのだ。

これに対してどうして政府も官邸も外務省も新聞各社も声を上げて怒らないでしょうか!!

こんなの印象操作じゃねぇかよ。 いい加減にしろよ、大馬鹿新聞会社!

全く逆の報道は、いわゆる犯罪だよね。 もう新聞なんて危なくて読めないよ。

ばかやろーーーおじさんは怒ってるぞーーーー!!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


上のURLは弁護士ドットコムからの引用です。

今、政府は外国人の実習生や留学生の受け入れを推奨しています。

しかし、我々の税金を使って高額な資金を注入し技術や文化を教えるはずが

残念なことに失踪してしまう人が後を絶ちません。

延べでいうと失踪者の数は2万人とも3万人ともいわれています。

いやいやいやちょっと待ってよ! この狭い日本の中に3万人ともいえる人間が

行方不明ですっておかしいじゃんか。

なのに政府も効果的な防止方法も取れず、官僚も何も決定的な手を打てず、

マスコミなんて報道しもしないよね。 

北朝鮮のミサイルが・・・なんて言ってるうちに国内で地下に潜ったそいつらが

テロでも起こしたらどうすんのよ! 一応、公安委員会はこれに反応し経過や消息を

全力で追っているとのこと。 中には見つかった人たちもいるにはいるが、

本国の家族に送金する為にノービザで給料の高い職場で働いていて逮捕されているし、

もっと悲惨なのは窃盗団や強盗団として地下にもぐっていて逮捕されているのもいる。

あとは各種偽造グループに入っていて逮捕されている。 不思議とこれも留置場にはたくさんいた

のにニュースには一切ならないのだよね。 

これはお花畑の日本人がぼーっとしている間に日本のシステムもお花畑になったからであるよね。

だからたった一票といえども僕たちは選挙に行き、政権選択をしなきゃならないんだと思う。

ミサイル気にして上見ているあいだにバッグひったくられないようにしなきゃね。


この記事に

開く コメント(0)

少々長話です。

上の動画はDHCテレビの動画です。

ぜひこの動画の1時間49分54秒から見てほしい。 テレビでは全く報道されない。

今こうしている間にも中国による領海侵犯は行われている。

まぁ領海といっても排他的経済水域での事だから領海ではない。

排他的経済水域については別のページをつくって説明したいが

他国が侵してはならない領域なのだ。

今、東アジアで起こっていることはこんな感じ。

ここ数年、ベトナムやフィリピンの領海である南シナ海での事。

いわゆるお隣の敷地であるが、中国がある日突然、

中国共産党の所持する人民解放軍を使って強引に他国の

領海に入り込み警告する近海のベトナム海軍の船を

体当たりして沈ませて、その隙に埋め立てをして

バカでかい島を作って我々の領土だと叫びはじめた。

アメリカやベトナムやフィリピンは必死で抗議したが、聞く耳

もたずとうとう滑走路を造りミサイルポッドを配置してしまった。

今はもう実力行使でしか除去できなくなってしまって

ベトナムの漁師たちは自国の領海に厚顔無恥にもでて

いる中国漁船や中国公船に追いかけられて生活の危機に

見舞われている。 日米安保のある日本には今のところ

そこまでの侵略はないが領海や領空の侵犯は毎日数回に

およんでいる。 しかも、中国は自国の防衛白書で尖閣諸島

および沖縄本島は古来中国の支配下にあり将来的に必ず

とりもどすと言っているのだよ。        

これは例えば私の家の隣のフィリピンさん、その隣のベトナムさん

宅の庭に近所の中国さんがドカドカ入るのと一緒である。

ある日ベトナムさんの庭に入り込んで大声で中国さん

が、ここは私の家あるよ〜〜! と怒鳴っているのと一緒なのだ。

そのうち中国さんはベトナムさんの庭に勝手に小屋を建て始めて

あれよあれよという間に作った小屋に籠って中から機関銃を

ベトナムさんに向かって24時間構えているのだ。 ギョッとするよね。

そうしていると我が家の庭にも勝手に出たり入ったりしてハンドマイク

で 「ここは私の家です。 出ていってください! 」

って言い始めたんだよ。 あなたが私の立場だったらどうします?

俺なら家族が怖がって出入りするのもままならないので

金属バット振り回して怒鳴ります。 今の憲法下では庭に

鉄条網のフェンスすら作れないんですよ。 もしそうなったら

余計に相手を怒らせるからそっとしておこうなんて思うわけない。

紛争は相手にその気があれば、こちらにその気がなくても起こり

得るんです。 頭のおかしいやつは理由もなく殴りかかってくる。

私なら家にカギをかけて、全力で侵入を拒否します。 それが

今の憲法下ではできないから変える。それだけの話なんだけど・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事