日本の武器兵器

日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。

ブログ

すべて表示

海上保安庁と海自

日本の安全保障を語る時に避けて通れないのが海の連携、 海保と海自の話だ。 海保は海自より歴史は古い。 マッカーサーが米国コーストガードの例を出し、創立を指示した。 国土交通省の管轄で「海の警察」として重要な任を託されている。 人員14,000−、予算2,000億円、軍隊ではないが武器の使用権は ある。 国土の40倍近い、領海、接続水域、EEZが担当範囲だ。 大型艇(3,000トンまで)、中型艇、航空機、小型艇を使用し、救難、警戒、 そして海上交通が守備範囲。 しかし有事には国際法では軍の指揮下に入ると言われている。 各員は高度な専門教育を受け、練度の高い隊員として知られている。 故人だが、知人に通信畑を歩んだ人がいたが、その知識の深さ、 人格の高さすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事