日本の武器兵器

日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。

全体表示

[ リスト ]

米国銃資料

米国の銃犯罪、規制、などの資料はさまざまな種類に目を通さなけ
ればなかなか理解不能。

一昨日、ロスのH山氏が、「ミリシア」の資料と展示用の収容嚢を
送ってくれた。民間の軍事団体のことで、独立戦争依頼の伝統だ。
武装して訓練する。

昨日は、航空部の後輩で近くに住むH君がショッピングバッグに
一杯の様々な資料を持って来て呉れた。
一時間ばかり話をして昼食に出た。

この中に「州別旅行者用ガイド」があった。
50の各州で規制が異なるのでページごとにまずは全体的な
厳しさを数値で示してある。
ワシントンDCは10で一番厳しい。これはNYC(州ではなく市)も
同じと言われている。
南西部に行くと80−90くらい。ほとんど規制はない。

だから一概には言えないのだ。良い資料だ。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

私が持っている武装民兵組織「ミリシア」のイメージは、ウクライナの「コサック」に近い。

実際、ミリシアはネオナチなどの白人至上主義者グループとの強いコネクションを持ち。
北米39州に、224のミリシアが組織されているというが、それでいて決して全国組織しないと。

連邦と言うものに価値を置かぬ、「独立愚連隊」で。
排他的な彼らのテリトリーに近づいたら、私ら日本人など私刑の標的になりそうです。

2017/11/12(日) 午後 3:48 [ yakozen888 ] 返信する

高名な作家の落合信彦氏は、80年代初頭、米南部のサバイバリストのカート サクソン氏等を取材しました。そして、サバイバリズムを日本に紹介しています。

因みにカート サクソン氏はミリシアの走りの様なモノで、銃で完全武装しているだけでなく、その著書プアマンズ ジェームズボンドを取材時に落合氏にプレゼントしました。しかし、一読した落合氏が、その内容たるや、日用品で作れる破壊と殺しの道具の製法等と。

また、カート サクソン氏は反連邦主義や人種差別の感情、そして、正当防衛で殺しすら、行った事等を隠していませんでした。

しかし、同氏はキリスト教から、悪魔教迄、様々な宗教を研究の末、無神論を選択。また、文明崩壊を生き抜いた後の再建まで、考えていたと言う一面も。

そして、百戦錬磨の落合氏ですら、強烈ですねと!

2017/11/12(日) 午後 5:59 [ th3**3 ] 返信する

顔アイコン

> th3**3さん
Kurt Saxon の「プアマンズ・ジェームズボンド」は、インターネットアーカイブ (The Internet Archive) で制限なく公開されています。
物騒この上なし。

確かにパンジー・スティーク(逆茂木)の作り方から、マスタードガスの合成方法まで、あらゆる道具立てが延々と書いてあり。
眺めていると、米国人のある階層が、ヒトゴロシのために費やす熱意と労力に、感心を通り越してうんざりします。

異常な米白人の一類型ですね。

2017/11/12(日) 午後 8:03 [ yakozen888 ] 返信する

顔アイコン

先に挙げた落合氏の取材記では、カート サクソン氏の様なハードコア、かつ、強烈な考えを有している方だけではなく、グリーンベレー出身、ナム戦中に、現地で軍事顧問をされていた方々もおられました。

落合氏曰く、彼等の射撃の腕前は確かで有るだけでなく、自衛用に、財布にデリンジャーを仕込んだ隠し武器を開発する等…。

しかし、彼等は、淡々と言う。軍に居た者は、有事の際の事をペラペラ喋らぬ。また、いざと言う時には、力の行使も厭わぬが、それは最後の手段と。更に、一人で、出来る事等、たかが知れている。皆で協力し合うべき他と。

そして、落合氏が取材を終え、別れ際に、彼等から、「…昔、大恐慌が襲った時、人々はパニックを起こしたが、殺し合い等しなかったと聞く。それに比べて、今の我々は…」等と。

自らを振り返りながら、その地域で活動する彼等こそ、本来のミリシアの姿かも?

2017/11/14(火) 午後 8:11 [ th3**3 ] 返信する

顔アイコン

神聖な教会で発砲し、今度は小学校で児童を撃ち殺す。
犯罪組織の人間ではなく、市民隣人が突然起こす。

犯人はその場で射殺されるか、自殺。
これではいくら刑罰を重くしても、防ぎようがない。

米国人の自衛・自己武装文化の果てにある姿です。
ミリシアなる者が、よって立つ哲学・思想の大本において、郷土を守る存在であるとはとても思えませぬ。

2017/11/15(水) 午前 6:20 [ yakozen888 ] 返信する

顔アイコン

> yakozen888さん
日本も結構、八墓村のような大量殺人の歴史はありました。
最近も2か月で9人。しかもいたぶるとは。

2017/11/15(水) 午後 7:05 [ japaneseweapons ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事